BtoBサイト企業向けのサイトの集客は難しいです

皆様のWebサイトは

一般のお客様を相手に商売(情報提供)をするサイトでしょうか?

それとも

法人のお客様を相手に商売(情報提供)をするサイトでしょうか?

Webサイト(ホームページ)のマーケティングには大きくわけて3つのジャンルが存在します。

BtoBサイト

企業同士の取引 = 法人顧客相手のビジネス

BtoCサイト

企業と一般消費者の取引 = 個人顧客相手のビジネス

・CtoCサイト

一般消費者同士の取引 = オークション・クチコミサイト

個人事業主・小規模~中小企業の多くのサイトは、

・B to C

・B to B

どちらかのWebサイトに該当するわけなのですが、BtoCの集客は基礎となる基盤をコツコツと作り上げてしまえば一定の成果(集客数)を集めることは実験・検証して判明しております。

確かな手応えを感じておりますので、これから新規にお店やサイトを立ち上げる方がいましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談下さいませ

一人でも多くの訪問者を呼ぶためには、

Web制作者のパートナーが集客に関する知識 = 情報をどの程度もっているのか?

まさにこれに限ると思います。

Webサイトの集客はサイトを立ち上げる前の段階から慎重に構成を練っていかないと後々後悔することになります。

この選択を一歩でも誤れば、どんな良いサイトを作っても誰にも見てもらうことができず、作った意味が問われると思います。

詳しく知りたい方は以前書いた

ホームページを有効に活用できていますでしょうか?(Webサイト)

を一緒にご覧いただければ幸いです。

さて、お話は戻りまして、

BtoBサイトは、そう簡単にいかないと熟々感じております。

現在までに判明して分かった事は、

1.サービス紹介は専門用語ばかり並べてあるので構成が分かりにくい印象があります。
お客様が本当に求めている情報を提供できていないサイトが多いです。

2.価格表示がなく(相場が分からず)長期契約がなることが多いので、訪問者の行動がBtoC以上に慎重で、意思決定が長いです。必ずしも自分のために選定しているわけはないです。

3.BtoCに比べて、そもそも検索数自体の需要が少ない点。BtoBはSNSが有効活用出来ない点です。

だからこそ「見やすく・分かりやすく・思いの伝わる不満がないサイト」にしてアクセス解析を導入して日々検証することが大切なのです。

このブログを見て下さった方は、アクセス解析を有効に活用できていますでしょうか?

当サービスではアクセス解析の見方・有効な活用方法も伝授いたしますので、ついついアクセス解析を見たくなり、分析が楽しくなると思います。