マイナンバーカードが健康保険証代わりに使える病院&薬局 たったの1.5%(2021年10月開始)

マイナンバーカードを健康保険証代わりに利用できる病院&薬局について

2021年10月中に本格的に運用が開始してサービスが始まります。

事前に健康保険証をマイナンバーカードへ連動して一体型手続きをしておく事で、今後は病院で健康保険証の提示が不要になるという物になります。

マイナンバーカードを健康保険証として使えて対応している病院&薬局が9月の段階で「3,502施設」という事が分かりました。

全国にある病院・診療所・薬局は合計22万9,000施設あります。

その内の3,502施設となりますので、わずか「1.5%」という事でした。

本格的に開始する直前で「1.5%」というのは、かなり致命的であります。

政府は2022年度末には全ての医療機関&薬局での導入を目指しているだけに難しい課題となりそうですね。

薬局では事前に病院で提示して確認しているため、健康保険証の提示義務はないようです。

そのため、薬局よりも病院での導入普及率が重要になってくるという事でありました。

皆様が健康保険で支払っている病院代の3割(30%)は実費となっていますね。

残りの7割 = 病院の売上7割(70%)は政府からの公費(税金)となっています。

そのため、政府側から病院へ強く言ってくれれば良いのにという声が見受けられました。

但し、病院側ではマイナンバーカードを読み取る専用機器を導入するための値段(コスト)は補助金で賄(まかな)われるので問題ないのですが、大きな病院では院内ネットワークの増設、新しい事を覚えたり、それに伴う労働コストが大変な事になります。

さらにマイナンバーカードの普及率(37.6%)を考えても導入したからといって病院側には、特にメリットがないという点が最大の問題となっています。

特に個人病院だったり、昔ながらの病院ですね。

本気でマイナンバーカードを普及させたければ、健康保険証を完全になくす方向でなければ難しいとも言われています。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

マイナンバーカードの更新方法と手順まとめ(電子証明書の更新含む)

カードリーダーの選び方&使い方まとめ(おすすめ/マイナンバーカード/確定申告)


マイナンバーカードを健康保険証に一体化とは?(メリット/デメリット)

マイナンバーカードを健康保険証に一体化する登録&利用申込み手順まとめ


マイナンバーカードを運転免許証に一体化とは?(メリット/デメリット)


マイナンバーカードの作り方&申請方法まとめ(お申し込み手順/PC/スマホ)

マイナンバーカード申込後、何日で通知書類/カードが届くの?(申請後/カード受取手続き後)

マイナンバーカードの受け取り手続きまとめ(当日の手順/場所/時間/代理/土日)

マイナンバーカード受取時の混雑状況&待ち時間まとめ(市役所/区役所/町村役場)

マイナンバーカードの紛失と再発行まとめ(再交付/電子証明書/健康保険証/運転免許証)


市役所/区役所/町村役場の混雑状況まとめ(空いている曜日&時間帯)

限度額適用認定証/高額療養費制度を分かりやすく解説


マイナポイントとは何か?(もらえる期間と条件/必要な物)【延長で2021年9月30日〆切】

マイナポイントの簡単な申請手順と方法まとめ(初めての方&予約済みの方)

PC版のマイキーID作成・登録準備ソフトでインストールエラーの解決策(マイナポイント)

突然のSMS「PayPayよりマイナポイントが当選しました」とは?


よく見られる人気の関連記事