トヨタ 車に搭載する電池に1兆5千億円の費用をかけて集中する

トヨタ自動車は2030年までに電気自動車(EV)に搭載する

電池の量産&研究開発費に「1兆5千億円」を投じると発表しました。

電気自動車(EV)を作るために1台あたりの生産コストは「3割を占める」のが電池のコストだといいます。

これを半分に半減させるために力を入れるようであります。

今後、EV車が主流になった時のために外部に頼らない自社生産を目指す考えであります。

トヨタは現在、パナソニックと共同で出資している車載電池の子会社があります。

中国&日本に工場がありまして世界で増産に向けた体制を整えています。

他でも解説しておりますが、

電気自動車のバッテリー技術を制する物が

電気自動車(EV)の全てを制する

というくらいバッテリーの存在は重要だからですね。

バイクメーカーは国内の4大メーカーが協力したいくらいであります。
(ホンダ/ヤマハ/スズキ/カワサキ)

電気自動車に関してはバッテリー技術を制する事が出来れば、EVの全てを制したと言っても過言ではないくらいであります。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

EV軽自動車200万から2022年頭に発売

日本初 軽EV(電気自動車)200万以下で2022年前半に発売(日産+三菱の共同作)

アメリカ 自動運転のテスラを月額2.2万円で乗り放題だった(サブスク)

米自動車フォードと韓国バッテリーメーカーがEVバッテリー工場を建設 1.3兆円投資へ


小泉進次郎さん「軽EV(電気自動車)をガソリン車と同じ価格にして普及拡大させる」

2035年にガソリン新車販売停止(2030年までにEV車60%普及条件)

トヨタ 車に搭載する電池に1兆5千億円の費用をかけて集中する

ガソリンスタンド 政府が経営支援策を強化


国士交通省 自動運転を来年度から本格的な検討へ


自動運転レベルまとめ(レベル4では運転免許が不要に!?)

電動バイクの免許区分まとめ(EVバイク)


48万!?格安電気自動車EVがスゴイと話題!(宏光ミニEV/120km~170km走行可能)

佐川急便で中国の格安電気自動車EV導入まとめ(7,200台)


バイクメーカーのヤマハ 2050年までに90% 電動バイク化(EVバイク)

電動バイク/EVバイクのまとめ記事一覧


よく見られる人気の関連記事