すり傷&ヤケドを1円&1秒でも早く安く綺麗に治す正しい方法まとめ(擦り傷/火傷/湿潤療法/浸出液)

すり傷&ヤケドを1円&1秒でも早く安く綺麗に治す正しい方法まとめ

はじめに

滅多にケガやヤケドをする機会は少ないとは思うのですが、

いざ怪我や火傷をしてしまったら、あたふたと慌ててしまいますね。

そんな時には、どのような治療をしていますでしょうか?

良くない治療方法とは?

よくありがちなのは、

1.消毒をする

2.ガーゼに軟膏(なんこう)やクリームを塗る

3.バンドエイド(絆創膏/ばんそうこう)を貼る

このような治療をしていらっしゃらないでしょうか?

実は、これ大きな間違いなのです。

自分も、まったく気づかなかったです。

ケガをしたら軟膏やクリームをガーゼして塗ったり、

そのままバンソウコウを貼ったりしただけでした。

どんな症状になるの?

これらの治療方法は治療の

・回復を遅らせてしまう

だけではなく

・嫌な傷跡も残ってしまう

という最悪な治療方法になってしまうという事なのです。

もう今日から

・病院へ行って塗り薬をもらい行く

・薬局へ軟膏やクリームの傷口塗り薬を買いに行く(オロナイン)

・消毒薬を買いに行く(マキロン/オキシドール/イソジン/赤チン/ヨーチン)

といった事をしなくて済むのです。

どんな物が必要になるの?

1.家にある物だけで

2.誰でも簡単・キレイに1秒でも早く

3.見事なまでに回復してしまう方法

があるのです!

まずは何を準備すれば良いの?

・サランラップ

・ワセリン

このように誰の家にでもある物になります。

もしかしたら、ワセリンはないお家もあるかもしれないですね。

ワセリンはなくても大丈夫です。

ワセリンを塗ることで痛みを和らげる効果があります。

どんな治療方法がベストなの?

1.ケガをしてしまったら、すぐに水で洗い流して下さい。
間違っても消毒してはいけません。そして、汚れが残っているとバイ菌が侵入して余計な感染症になりまして治りが遅くなりますので、丁寧に洗い流すのが重要なポイントになります。

2.サランラップを傷口一杯までハサミでカットします。

3.サランラップにワセリンを塗ります。
ワセリンは傷口の状態により初日~2日目だけ塗る or 塗らなくてもOKです。

4.そのまま傷口に貼り付けます。

5.後はテープ&バンドエイド(絆創膏/ばんそうこう)で止めればOKです。

 この治療方法がもっとも最強で絶対に間違いありません。

これを「湿潤療法(しつじゅんりょうほう)」と言います。

別名「うるおい療法」「モイストヒーリング」とも言います。

傷口を潤わせて治しちゃおう作戦であります!

消毒をしてしまった場合、どうしたら良いの?

消毒と言えば、オロナイン/マキロン/オキシドール/イソジン/赤チン/ヨーチンですね。

傷口に対して、これらの消毒液をかけたり塗ってしまっても大丈夫です。

基本的に消毒と言いますのは1時間前後しか効果がありません。

再び水で消毒液を洗い流した後、綺麗に拭き取った上で貼れば、まったく問題ございません。

人間がミスや失敗をするのと同じで何も悪い事ではありません。

すぐに綺麗さっぱり水で洗い流すだけで全てが解決してくれます!

上手なワセリンの塗り方とコツ(上手く貼れずに剥がれやすい方へ)

<重要なコツとポイント>

ワセリンを塗る際には本当に薄っすら塗るのが最大のコツとポイントになります。

判断目安としましては、

肌がテカるくらいで0.1mmでも盛り上がらない程度が本当にベストになります。

塗りすぎて盛り上がってしまう事でテープで止めても剥がれやすくなるからですね。

そして、テープや絆創膏でサランラップを止める時には周りにワセリンがはみ出ていないか要チェックです。

ワセリンを塗った後には手もよく洗い流す事が何よりも大切になります。

もし、ワセリンがはみ出ていたり、ワセリンを触った手でテープの粘着力&絆創膏を触ったりしてしまったら粘着力が急激に弱まってしまうからなのです。

この場合にはティッシュを水で濡らして周りを拭けば完璧ですね。

ワセリンを塗られる方の注意点

ワセリンを塗られる方は洋服にはご注意下さいませ。

液がワセリンと一緒にはみ出しますと服が染みてしまうからです。

ワセリンは油となりますので洗濯でなかなか染みが取れないからですね。

当方では傷口の状態によるのですが、痛みを和らげるために初日~2日目までワセリンを使用しています。

2日目から3日目以降は、そのままサランラップを巻くだけで、まったく問題ないですね。

なんで、この治療方法が良いのさ?

血を出るまでにケガをしてしまった場合には

1.正義な菌がバイ菌を倒してくれるのです!

人間が持っている菌には良い菌と悪い菌がいます。

ケガをした瞬間からアンパンマンのように正義な良い菌が悪い菌と一生懸命戦ってくれています。

しかし、消毒をしてしまう事で良い菌まで殺してしまうという事なのです。

だから消毒をする事は絶対に良くないのです。

素直に水で洗い流すのがもっともベストになります。

2.ケガをした傷口を乾燥させない事が何よりも大切になるのです!

ケガをした傷口は血が出た後に、しばらくするとカサブタが出来たりしますね?

これは傷口を乾燥させてしまっているからなのです。

このカサブタが出来る症状は、一番やってはいけない行為なのです。

次で解説しておりますが、透明な液が乾いてカサブタが出来ています。

奥で治っていない傷に対してカサブタでフタをして閉じてしまっているだけなのです。

カサブタが出来る事で乾いただけで治った気がしてしまいますね。

これは回復を遅らせてしまうだけではなく、傷跡として残ってしまうので絶対にNGになります。

3.人間が本来、生まれ持った能力だけで回復してくれるのです!

傷口から黄色いシミや透明な液を見たことはありませんか?

これを浸出液(しんしゅつえき)と言います。

浸出液には傷を治してくれるための物質(栄養剤)がたくさん含まれているのです。

実は、これ人間が本来生まれ持った自然の力で傷を修復してくれる

効果絶大の回復薬であり治療薬だったのなのです!

どんな塗り薬よりも「すんばらしい」のです。

この無料で優秀な回復薬を使わない手はないです。

そこで出てくるのが「サランラップ」という訳なのです。

傷口にワセリンとサランラップを塗ることにより、

・常に傷口を潤いを保ったままにしてます

これにより乾燥を防いでくれちゃうのです。

それだけにはとどまらず、

本題・本命の

傷口から黄色いシミや透明な回復液が出た時にも保ってくれちゃうのです!

傷を自然に修復してくれる回復薬を消えずに傷口に潤わせておく事が出来るという事なのです。

これにより傷の修復に必要な細胞がスムーズに移動出来る事ができまして、

あっさり傷口を回復しちゃうという訳であります。

これがバンドエイド(絆創膏/ばんそうこう)やガーゼで傷口を、そのまま塞いじゃう事で、透明の浸出液(回復薬)が保っていられずに乾燥して消滅してしまうという事なのです。

既にカサブタが出来てしまった場合は、どうしたら良いの?

傷口が乾燥してカサブタが出来てしまったという事ですね。

まず絶対にやってはいけない事は「カサブタを剥がす行為」ですね。

絶対にカサブタを剥がさずに、そのままラップを上から被せるだけでOKです。

そのまま放置しておきますと…?

傷を自然に治してくれる透明な液(浸出液/しんしゅつえき)が溢れ出てきまして、そのままカサブタを濡らしてくれまして、ふやけて溶かしてくれます。

そうなりましたら再び新たにラップを張り替えればOKでございます。

いつまで湿潤療法を続ければ良いの?(止めるタイミング/やめどき)

誰もが気になるのが湿潤療法によるモイスチャーパッドを止めるタイミングですね。

いつまで貼り続ければ良いのか?

ベストなやめどきですね。

とても簡単です。

完全に透明な液の浸出液がでなくなったらやめればOKです。

浸出液が出なくなりますと自然に乾燥して上皮化と言いまして新しい皮膚が徐々に復活してきます。

ここからも大切な内容になります。

上皮化したばかりの皮膚は、赤く腫れた状態みたいになっていて薄くなっています。

とても敏感になっている状態ですので、しっかりと皮膚を保護する必要があります。

そんな時には白色ワセリンを塗って保湿&保護するのが正しい上皮化による治療になります。

これによりシミ(色素沈着)防止対策にもなりますね。

そして、透明な液がの浸出液が出ない状態で貼り続けたら、どうなるのか?

そのままモイスチャーパッドを貼り続けてしまいます肌がカブれたり、汗疹(アセモ)、皮膚炎を起こす可能性がありますので、ご注意下さいませ。

どのくらいの頻度で交換すれば良いの?

最低でも「1日1回」は交換して下さいませ。

傷口が痛くなければ入浴は問題ないのですが、シャワーの方が安定ですね。

傷口がある間は、直射日光は出来る限り避けて下さいませ(シミになります)

特に最初の内(初期)は頻繁に水で洗浄&張替えをした方がより効果的になります。

この理由は常に出る新しい透明な液(浸出液)が上書きして再生を促進しています。

これにより一番治療中になってはいけない感染症を予防してくれます。

さらに医学用語ではドレナージ(余分な液の排出)と言われるくらいでして張りっぱなしにする事で時間の経過と共に古くなった浸出液が劣化して内部からの病原性の細菌によって感染症を引き起こしてしまう恐れがあるためなのです。

そのため、ケガの状態によって上手く使い分ける事が何よりも大切ですね。

本当に軽い傷口でしたら問題ないのですが、深い傷口になってしまう場合には、とにかく頻繁に張替えが理想的と言えます。

この作業が面倒という方へ

サランラップを巻くのが面倒といった方には!

まったく同じ手法で傷口を早く・キレイに治してくれるのが、あの有名な「キズパワーパッド」であります。

キズパワーパッドよりも安くてお得な類似商品の違いを含めて解説しておりますので、ぜひ下記をご覧になって頂ければ幸いです。

キズパワーパッド/キズクイック/クイックパッド/ケアリーヴ治る力は、どれが良いの?

最後に簡単にまとめますと、

・ケガをしたら消毒&塗り薬は絶対にだめです。

・サランラップをしてワセリンを塗っておけばOKです。

・人が生まれ持った力で1日も早く・誰でも簡単に・お金をかけずに傷やヤケドが治っちゃいます!

・面倒な方は「キズパワーパッド/キズクイック/クイックパッド/ケアリーヴ治す力」を使用すればOKでございます。

結局、どれを購入したら良いの?

安心・安定を求めている正統派の方は「キズパワーパッド」を購入しておけば間違いありません。

傷の深さが酷い状態でない方で、キズパワーパッドのサイズ感が好み&数量もそこまで多く必要ない方で少しでも安く購入したいという方には「キズクイック」がピッタリだと思います。

通常の絆創膏タイプが好きな方は「ケアリーヴ 治す力」がおすすめだと思います。

キズパワーパッドと同じ透明な液の吸収性能を求めたい方で深い傷でもOK・サイズ感がベストに感じた方で1円でも安く、余裕を持った枚数が大量に欲しいという方には「クイックパッド」が本当にぴったりであります。

クイックパッドは、ふつう(Mサイズ)の32枚セットと大きめ(Lサイズ)の20枚セットがAmazon限定で大量に入ったセットが売っているのが本当に嬉しく助かります。

軽度すぎるケガ&従来型の形が好きな方は「ケアリーヴ(通常の絆創膏)」ですね。

いずれも、キズパワーパッド VS キズクイック&クイックパッドの迷いになるとは思うのですが、こういった時には上手く使い分けする方法がベストであると思っています。

参考までに当方では色々と検証した結果、

1.キズパワーパッド
ふつうサイズ 10枚入り [縦2cmx横6cm] / お得な2箱セット
大きめサイズ 12枚入り [縦4.4cmx横7cm] / お得な2箱セット

2.クイックパッド
ふつうサイズ 36枚入り [縦2.1cmx横4.2cm]
大きめサイズ 24枚入り [縦2.9cmx横5.9cm]

3.ケリーヴ(通常のバンソウコウ)
S・M・Lサイズセット(Sサイズ×10枚/Mサイズ×20枚/Lサイズ×6枚)
通常の絆創膏タイプは軽いケガの時のために上記セットのみを購入しておくと何かと重宝します。

上記3点で最終的には落ち着いていますね。

傷口の大きさに合わせて「キズパワーパッド&クイックパッド」を上手く使い分けるといった使い方をしています。

大した事がない小さな薄い傷にはケアリーヴ(治す力ではない通常タイプの保護するバンソウコウ)だけを使用しています。

たまたまなのかもしれないのですが、なぜか?

ケガをした時の傷口がクイックパッドのふつう(Mサイズ)&大きめ(Lサイズ)にベストマッチで、ぴったりな事が多いので使用頻度も多くなっています。

そして、Amazon限定で大量のお買い得セット(ふつう32枚/大きめ20枚)を売っているのが助かると同時に、かなり重宝しております。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

キズパワーパッドの正しい使い方まとめ(いつまで/やめどき/白く膨らむ/張り替え/効果)

キズーパワーパッドと安い類似商品の比較&違いまとめ(キズクイック/クイックパッド)

キズパワーパッドと類似商品 全サイズの大きさ&最安値価格の早見表まとめ


キズパワーパッド&類似品は、どこが一番安く購入できるの?(結局どれを購入すれば良いの?)


すり傷/きり傷/やけどの治療に効果的なシンプルで簡単な湿潤療法のスゴさまとめ

すり傷&ヤケドを1円&1秒でも早く安く綺麗に治す正しい方法まとめ(湿潤療法/浸出液)

すり傷/切り傷の経過&治るまでに掛かる時間まとめ(湿潤療法/モイスチャーパッド)

手の擦り傷&切り傷はキズパワーパッドで何日くらいで治るの?(いつまで貼れば良いの?)


国民健康保険料の減免&免除制度まとめ(簡単に分かる!/新型コロナウイルス感染症)

お医者さんはジェネリック薬を飲まないと話題(病院でもらえる処方薬)

ジェネリック医薬品/先発医薬品との違いまとめ(メリット/デメリット/病院/処方薬)

解熱鎮痛剤って、どんな時に飲むお薬なの?(頭痛/腰痛/筋肉痛/関節痛/発熱/虫歯)


すり傷&ヤケドを1円&1秒でも早く安く綺麗に治す正しい方法まとめ(湿潤療法/浸出液)

すり傷/切り傷の経過&治るまでに掛かる時間まとめ(湿潤療法/モイスチャーパッド)

手の擦り傷&切り傷はキズパワーパッドで何日くらいで治るの?(いつまで貼れば良いの?)

キズパワーパッドの正しい使い方まとめ(いつまで/やめどき/白く膨らむ/張り替え/効果)

キズーパワーパッドと安い類似商品の比較&違いまとめ(キズクイック/クイックパッド/治す力)

キズパワーパッドと類似商品 - 全サイズの大きさ&最安値価格の早見表まとめ


腰を痛めたら、どうすればいいの?(腰痛/ぎっくり腰/骨折/治し方/対処方法/ベストなサポーター)

肋骨が痛い場合、どうすればいいの?(ヒビ/骨折/下/治し方/対処方法/ベストなサポーター)


病院の混雑状況(空いている曜日 & 時間帯)のまとめ

高血圧対策の簡単まとめ(正常値の早見表)

ベストな睡眠対策まとめ(メリット/デメリット/健康/長生き/Q&A)


虫歯の最強対策まとめ(一生虫歯にならない方法と手順)

虫歯対策のベストな歯磨き粉まとめ(歯がしみる方も必見/最強)

マウスウォッシュは何が良いの?(最強/おすすめ/効果/使い方/リステリン)

リステリンの蓋の開け方&開けにくい時の最強対策まとめ(フタ/キャップ/コツ)


花粉症の最強対策まとめ(時期/季節/植物/市販薬/処方薬/点鼻薬/鼻スプレー/目薬)

歯医者の料金&治療期間まとめ(銀歯/被せ物/取れた時/寿命/初診料/値段/費用/保険)

皮膚科医院の料金まとめ(ニキビ/病院/初診料/再診料/治療費/値段/費用/処方薬/保険)

耳鼻科/耳鼻咽喉科医院の料金まとめ(花粉症/病院/初診料/再診料/治療費/処方薬)

整形外科の料金まとめ(病院/初診料/再診料/治療費/値段/費用/処方薬/保険)


水の期限/ミネラルウォーター/精製水/水道水の期限まとめ(未開封/開封後)

白米/ご飯の炊飯量まとめ(1合は何g?/1人前の適正量)

食パンは何枚入りを食べるのがベストなの?(食パンのカロリー)


ニキビ/吹出物を自己流で治した最強対策まとめ(治し方/原因/食べ物/肌荒れ対策)

ニキビ・吹出物 - 食べ物が原因の治し方と最強対策(糖質/脂質が原因)

大人ニキビ対策の食品検証結果 & まとめ対策(吹き出物/肌荒れ)


尿管結石の症状 & 最強予防対策まとめ(尿路結石)

腹膜炎(小腸穿孔/重症)になった前兆~症状まとめ

膀胱がん → 肺がん転移 ステージ4の簡単まとめ


iPS治療薬 体全体の筋肉が弱くなるALSの”進行を止める効果がある”と判明(京大研究チーム)


限度額適用認定証/高額療養費制度を分かりやすく解説

病院の入院時に必要になる「物」と「手続き」とは?

病院 & 処方薬からもらえる明細書(合計点数)料金の計算方法とは?【計算例あり】

家族が亡くなった後に必要になる死亡手続き & 葬儀費用まとめ

 


よく見られる人気の関連記事