バイク&原付のすりぬけ違反まとめ(通行区分違反/追い越し禁止違反/割り込み等違反)

バイクのすり抜け

バイクのすりぬけ違反&正しいすり抜けの走り方まとめ

バイク&原付のすりぬけ行為とは?

車が信号待ちをしていたり、渋滞している時に左横や隙間から

バイク&原付で、スルスルとすりぬけて進む行為を言います。

市街地の一般道では車の左横からのすり抜けが多いですね。

国道や県道といった2車線以上ある大きな道路では真ん中からすり抜けが多いです。

厳密には車が信号待ちや渋滞により完全に停車している(止まっている)状況なら

すりぬけ行為自体は違反にはならないのですが、グレーに近い行為になっています。

そして、すり抜けの方法によっては取り締まりを行っている事が多くあります。

これにより交通違反で捕まる事がありますので、要注意であります。

交通違反で捕まりますと反則金(違反金)と違反点数が引かれてしまいます。

すり抜けを「する」「しない」は別にしまして大事故にならないためにも

正しいすり抜けのやり方と方法を理解する事が何よりも大切になります。

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

なんで多くの方は、すり抜けをしているの?(気をつけるポイント)

渋滞時の時間短縮が何よりのメリットだからだと思います。

但し、実際には危険がいっぱい潜む道路でのすりぬけ行為はメリットよりもデメリットの方が多かったりします。

車の運転で急いでいる時に速度を出したり、無理な運転をしたとしても、結局は一歩先の信号待ちで引っかかってしまい全然時間短縮になっておらず、リスクだけが増すといったようにですね。

実は危険が一杯の道路での運転で急ぐことには何1つメリットはなかったりします。

バイクの場合は車のミラーに当たってしまったり、一歩間違えれば事故に遭うリスクが大幅に上がってしまうためですね。

特に大きめの幹線道路、国道、県道の2車線以上ある道路の中央をすり抜けしている時に少しでも車が動いている状況の時などは急な車線変更等もありますので、大変危険になります。

自動車やトラックからすると予想も出来なかった急なすり抜けや割り込みだったり(ウインカーなし)、死角が増える事により確認に間に合わなかったりして余計な大事故に巻き込まれてしまうからですね。

完全に車が停止している状態で、本当にゆっくり慎重に徐行して進むくらいでないと、いつ事故に遭ってもおかしくない危険な行為になります。

何よりもバイクの加速力 = スピード(速度)はゴキブリ並に素早いので、

車しか運転しない方にとってはミラーや目視で見えていても、まだ行けるだろうと思い込みで油断する事により事故に繋がっているのだと思います。

ここで重要なポイントと教訓は、

「車しか運転しない方の気持ちを十分に理解して、バイクの運転を心掛ける事が何よりも大切」

だと思っております。

当方も免許を取り立ての若かりし頃は何も考えていなかったので、すりぬけを沢山してきた経験がありますが、常に危険が一杯でした。

今となっては完全に、すりぬけをしなくなってしまったくらいまでになってしまいました。

すり抜けをしなくたって信号待ちでトラックに追突事故でやれちゃうくらいでありました。

このように沢山の事故を経験してきますと、すり抜け自体がいかに危険だという事が思い知らされます。

一歩道路を出るだけで危ないのは当然ではありますが、

それ以上までにリスクと危険が沢山あるのが「すり抜け」であります。

それでも、すり抜けの正しい知識は身につけておく必要があります。

バイク&原付きのすり抜けの理解を深めるためには、

まずは道路の左スペースに設けられている

・路側帯(ろそくたい)

・路肩(ろかた)

を理解することが大切ですね。

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

路肩とは?(ろかた)

路肩

路肩 = 一番左に段差がある歩道(歩行者のみ渡れる道路)があります。

さらに歩道のすぐ右横には狭いスペースがある道路のことを言います(歩道と車道の間)

一言で簡単に言いますと「歩道がある道路(段差あり)にあるのが路肩」になります。

路肩

緑枠の所を「路肩」といいます。

左から歩道 → 路肩 → 車道の順番になっており、歩道と車道間には白線が引かれています。

路肩

上記の場合、左から車道 → 路肩 → 歩道になっていますね!

路肩の走行については道路交通法でなく、

車両制限令より

「自動車(二輪のものは除く)は歩道や路側帯のない道路の路肩を通行してはいけない」

となっています。

つまり、二輪 = バイクは路肩を走行しても問題ない事になっています。

最近では、この路肩道路自体が「自転車専用道路」になっている所が多いと思います。

ここでの最大のポイントは

追い抜き・追い越しの原則は右からとなります

ので、

左からの「すりぬける行為はグレーに近い行為」

となる事がありますので要注意です。

但し、これにも特例がありまして、

1.路肩のまま走行して車線変更しない場合

2.信号待ちや渋滞で車が停止している状況

上記2点の状況においては、左側の路肩から追い抜く方法は違法にはならないようです。

路肩を車線変更しながら「すりぬけ = 追い抜き」しますと追い越し禁止違反になります。

路肩 = バイクの通行OK

・路肩 = 歩道がある道路 = バイク&自転車通行はグレーだけれどOK

になります。

覚え方は、簡単です。

・路肩(ろかた) = 人間の”肩(かた)”がある方が人が通れるために歩道がある道路(段差あり)

と覚えておけばOKです。

ここでのポイントは特に路肩の歩道には「段差が設けられています」ので、段差がある歩道と一緒に覚えておくのも何かと便利ですね。

路側帯とは?(ろそくたい)

路側帯

路側帯 = 歩道がない狭いスペースがある道路のことを言います。

簡単に言いますと「路肩の歩道なしバージョン」になります。

路側帯

緑枠の所を「路側帯」といいます。

路側帯1

上記の場合、歩道がないので左から路側帯 → 車道 になっていますね!

路側帯は、歩道代わりに歩行者&自転車が通行出来るように左側へ車道と区別するために1本の白線が引かれています(緑枠)

白線が2本ある場合には「歩行者専用路側帯」となりまして、自転車(軽車両)の走行も禁止されています。

・路側帯 = 歩道がない道路 = 歩行者専用道路に代わるのでバイクの通行はNG

になります。

覚え方は、簡単です。

・路側帯 = ろそくたい → ローソク1本だけなので人が通れる歩道はなし(段差なし)

と覚えておけばOKです。

路側帯は歩道がなく段差もないと一緒に覚えて置くのも何かと便利ですね!

どんな事をしたら違反になるの?

バイク&原付による「すりぬけ行為」グレーとされているケースが多いのですが、

意外にも交通違反として捕まっているケースも多くあります。

どんな交通違反内容で捕まるのか?

すり抜け方法によって下記3パターンで捕まるケースが多いですね。

・通行区分違反

・追い越し禁止違反

・割り込み等違反

これだけでは、どんな「すりぬけ行為」なのか良く分からないですよね。

すりぬけ禁止の具体的な行為とは?

1.車両の左側から追い抜く行為

完全に車が信号待ちや渋滞により停車している場合に限り、左からすり抜けをする行為は違反にはなりません。

停車とは?

完全に車が止まっている状態になります。

注意点としましては、車が走行中に左側から追い抜く行為は違反となります。

ここでのポイントは追い抜き・追い越しのの原則は右からとなりますので、左からの「すりぬける行為はグレーに近い行為」となる事がありますので要注意です。

但し、これにも特例がありまして、

1.路肩(歩道がある道路)のまま走行して車線変更しない場合

2.信号待ちや渋滞で車が停止している状況

上記2点の状況においては、左側の路肩から追い抜く方法は違法にはならないようです。

路肩を車線変更しながら「すりぬけ = 追い抜き」しますと追い越し禁止違反になります。

2.右折待ちの車両を追い抜く行為

右折待ちをしている車両の先頭にでたり右側から追い抜く行為は違反となります。

滅多に見かける事はないのですが、稀に右折待ち車線で先頭まで、すり抜けをしているバイク(原付き)を見かけますね。

3.黄色い車線がある場合のすり抜け&追い越し行為

黄色い車線がある場合は、左からのすり抜けも禁止されています。

当然、車線変更やはみ出しの追い越し行為は禁止されています。

4.割り込み行為

2車線以上ある幹線道路/国道/県道のすりぬけ行為ですね。

左車線からすり抜けてたり、2車線ある中央をすり抜けたり、最後に左車線 or 右車線に戻る行為は「割り込み行為」とみなされて違法になります。

5.路側帯(歩道がない道路)を通行する行為

一番最初に解説した内容がここで関係してきます。

・路肩(歩道ありの道路)のバイク通行は問題ありません。

・路側帯(歩道なしの道路)は歩行者道路になりますので、バイクで通行する事は違反となります。

この交通違反を「通行区分違反」となってしまいます。

高速道路の路側帯も緊急車両用となりますので、原則通行を禁止されております。

高速道路の路側帯

しかし、何らかの理由に(車両トラブル等の事情)により通行しなければいけない状況の時は交通違反として捕まらないケースが多いですね。

バイク/原付乗りの方は要注意です。

特にバイク&原付にお乗りの方を対象に「通行区分違反」の取り締まりが多く行われています。

例えば、赤信号により通行区分(黄色車線)がある所で、すり抜けをして先頭に出ている方を多く見かけます。

当然、停止線からはみ出ていた場合は「信号無視違反」となります。

停止線からはみ出なかった場合には通行区分(黄色車線)での追い越しとなりまして、

「通行区分違反」の「右側通行(逆走)」として捕まってしまいますので、ご注意下さいませ。

これは黄色い区切られた線により「はみ出しての追い越し禁止」の違反に該当してしまうからなのです。

当方でもバイクに乗り始めた若かりし頃に捕まった経験がございました…

何十年の時を過ぎても未だに同じ場所で定期的に取り締まりをやっております。

不思議なのですが、左車線からすり抜けしていく分には違反とならないようです。

この場合、追い越しに該当しないため、合法になるという事です。

そして、信号待ちで停車している車両を抜く場合には「追い越し・追い抜き」に該当しないためです。

但し、2車線以上ある道路で中央を、すり抜けていく行為も厳密には違法ですね。

左車線 or 右車線へ戻る時に「合図不履行 減点1点(反則金6,000円)」「割り込み等禁止 1点 6,000円」となります。

なぜ右側通行(逆走)となってしまうのか?

まずは少しややこしい「追い越し」と「追い抜き」の意味理解する必要があります。

・追い越しとは?

同じ車線で前に走っている車両を”抜かす時に車線変更”をしてから抜かして再び同じ車線に戻って前へ出る事を言います。

前にいる「車を抜く直前に”車線変更をする事”を追い越し」と覚えておけばOKです。

・追い抜きとは?

前 or 違う車線の左斜め/右斜のいずれか前にいる車を”抜かす時に進路を変更せず”に進行中の前方へ出る事を言います。

前にいる「車を抜く直前に”車線変更をしない方”が追い抜き」と覚えておけばOKです。

追い抜いた後に車線変更して前に出ても、”車を抜く直前に車線変更をしていない”ので追い抜き扱いとなります。

簡単に理解するためには、

前 or 違う車線の左斜/右斜にいる車を

”抜かす直前(瞬間)”に

・車線変更をする場合 = 追い越し(再び同じ車線に戻って前の車に出る事を追い越し扱い)と言います

・車線変更をしない場合 = 追い抜き(追い抜いた後に車線変更しても追い抜き扱い)と言います

と覚えておけばOKですね。

右側通行の逆走扱いとは?

例えば、片側1車線道路があったとします。

車両の右側からすり抜けをした場合、中央車線をはみ出して反対の片側1車線を通る事から「右側通行(逆走扱い)」となってしまうようです。

当然、「通行区分違反」の「右側通行(逆走)」で持っていかれなくとも、

黄色い車線がある場合には追い越し禁止で、さらに交差点とその手前30mは追い越し禁止だからですね。

・追い越しのための道路交通法第2条21号とは?

車両が他の車両等に追い付いた場合において、

その進路を変えその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう。

・追い越しの方法

原則として、追い越す車は、追い越される車の右側を通行しなければならない(道路交通法28
条1項)

但し、右折や道路外へ出るために右側へ寄っている自動車を追い越す場合は、その左側を通らなければならない(同条2項)

・追い越しが禁止されている場所

・標識などにより追い越しが禁止されている場所

・道路の曲がり角付近

・上り坂の頂上付近

・勾配の急な下り坂

・トンネル(車両通行帯の設けられた道路は除く)

・交差点とその手前から30m以内の場所(優先道路を通行している場合を除く)

・踏切とその手前から30m以内の場所

・横断歩道とその手前から30m以内の場所

・自転車横断帯とその手前から30m以内の場所

すりぬけ行為の違反点数とは?

・通行区分違反: 2点

・追い越し禁止違反: 2点

・割り込み等違反: 1点

となります。

それだけではなく罰金のお金も掛かってしまいます。

すりぬけ行為の違反金(反則金)とは?

通行区分違反&追い越し禁止違反は共通して下記の通りになります。

・6,000円(原付)

・7,000円(二輪車)

割り込み等違反は下記の通りになります。

・5,000円(原付)

・6,000円(二輪車)

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

原付&自転車の二段階右折違反まとめ(標識/条件/合図/ウインカー/罰金/点数)

通行区分違反まとめ(罰金/点数/反則金/右側通行/逆走/バイク/原付)

追い越し&追い抜き禁止の違いまとめ(違反/車線/30m/標識/バイク/原付)

運転免許証&交通違反制度の簡単な基礎知識まとめ(違反点数はいつ消える/リセット/3ヶ月)

交通違反の青切符にサインしなければ、反則金を払わなくて済むの?(青色キップ)

ゴールド免許の条件&メリットまとめ – 軽微な違反1回でどうなるの?(点数消滅)

自転車の簡単な走行ルール&防犯登録まとめ(チャリンコ/ママチャリ/クロスバイク)


最新の交通違反&取り締まりランキングTOP5(罰金/点数/反則金/罰則/白バイ/警察)

何曜日の運転&道路が危険なの?(危険運転をする車両の特長/サンデードライバー)

バイクとの接触事故で歩行者を重過失障害容疑で書類送検(信号無視で責任が問われる時代)


運転が上手くなる方法 = 安全を心掛ける運転方法まとめ(注意すべき事/車/バイク/自転車)

直進車(バイク)・右折車(車)の事故で車が気をつける大切なポイント

物凄く大げさな悲鳴であおり運転を訴える女性が話題


バイク&原付のすりぬけ違反まとめ(通行区分違反/追い越し禁止違反/割り込み等違反)

原付&自転車の二段階右折違反まとめ(標識/条件/合図/ウインカー/罰金/点数)


あおり運転の違反点数と処分内容まとめ(煽り運転の罰則と行政処分)

あおり運転の最強対策とノウハウ集まとめ(車/バイク/自転車)


一時停止違反まとめ(罰金/点数/何秒/標識/マーク/ゴールド/反則金)

信号無視違反まとめ(罰金/点数/現行犯/過失割合/事故/消える/リセット)

横断歩道に歩行者がいたら止まらないと捕まるの?(歩行者妨害違反/罰金/点数/譲られた)

通行禁止違反まとめ(進入禁止/罰金/点数/標識/時間指定/時間帯/右折/ゴールド/反則金)

通行区分違反まとめ(罰金/点数/反則金/右側通行/逆走/バイク/原付)

追い越し&追い抜き禁止の違いまとめ(違反/車線/30m/標識/バイク/原付)

スピード違反(速度違反)まとめ(罰金/点数/何キロ/免停/オービス)

携帯電話違反まとめ(罰金/点数/反則金/金額/信号待ち/免停/厳罰化/ゴールド)

免許不携帯の罰則まとめ(違反/罰金/点数/減点/反則金/金額/ゴールド)


ハイビーム/ロービームの使い方&違反まとめ(罰金/点数/法律/義務化/やり方/まぶしい)

パッシングのやり方まとめ(意味/昼/ハイビーム/違反/煽り/お礼/ネズミ捕り/警察)

ハザードランプの使い方まとめ(駐車/お礼/バッテリー/停車)


車の駐車禁止の違反点数と処分 & 内容まとめ(反則金/罰金/張り紙/時間/出頭)

バイク駐車禁止の違反点数と処分 & 内容まとめ(反則金/罰金/張り紙/時間/出頭)

駐車違反で取り締まりが行われた後の対応(裏技があるの?/不服申立て)

バイクの駐車場 & 駐輪所のまとめ(バイク置場/時間貸し)


車のシートベルト装着義務違反の罰則・違反点数まとめ(運転席/後部座席の道路交通法)

飲酒運転の違反点数と処分 & 内容まとめ(酒気帯び運転違反/刑事罰)

ひき逃げ運転の違反点数と処分 & 内容まとめ(救護義務違反/刑事罰)


国道246号線の渋滞と混雑状況まとめ(空いている曜日/時間帯)【神奈川~東京】

藤沢町田街道/467号線の渋滞と混雑状況まとめ(空いている時間帯/取締情報)


ナンバープレート角度規制の簡単まとめ(車/新基準2021年10月~)

バイクの気になる整備不良による反則切符/違反切符&罰金まとめ

ハーレーの取り締まりQ&A疑問まとめ(マフラー規制/サイドナンバーの角度&向き)

新基準2021年10月/ナンバープレート角度規制まとめ(バイク/違反/保安基準/車検/ハーレー)

サイドナンバーの基本解説まとめ【ハーレー/ボバー/チョッパー】

サイドナンバー規制の完全版まとめ(車検/違反/罰金/バイク/ハーレー)

最新のサイドナンバー規制まとめ(車検/違反/縦向き/横向き/角度)


よく見られる人気の関連記事