横断歩道に歩行者がいたら止まらないと捕まるの?(歩行者妨害違反/罰金/点数/譲られた場合も捕まる!?)

道路交通法 第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)

横断歩道に歩行者(人)がいたら止まらないと捕まるの?

歩行者妨害違反(自動車 / バイク / 原付 / 自転車)

日本の法律では「横断歩道は歩行者が優先」と決まっております。

道路交通法第38条には

横断歩道を通過する車両は、横断歩行者がいる場合には横断歩道の直前で一時停止し、その通行を妨げてはいけない

という内容が定められています。

一言で簡単に言いますと

横断歩道に「人がいたら止まれ!」

ですね。

つまり、横断歩道で歩行者(人)が見えている状況で車やバイクで通過してしまった場合、

「歩行者妨害違反」となりまして、捕まってしまうのです。

当然、違反点数 & 反則金(罰金)が課せられます。

車両の種類には

・自動車

・バイク / 原付

・自転車

が対象になります。

自動車&バイク(原付)は多くの方が理解していらっしゃると思います。

軽車両である「自転車」も含まれるというのが最大のポイントですね。

最近では自転車にも罰金・罰則を設けようとする動きで法律が動いています。

他にも

横断歩道がある手前30m以内では「車両の追い抜き・追い越しも禁止」されております。

意外と知らないと言いますか、忘れている方も多いですね!?

Youtube動画の危険運転でも見かけますが、

横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいて止まっているのにも関わらず、後ろからきた車やバイクが真横から追い越そうとして、危うく事故になりそうな酷いパターンを見かけます。

上記のような行動をする方は車やバイクに乗る資格はないと言いますか論外であります。

歩行者妨害の違反点数とは?

横断歩道に歩行者(人)がいる状況で渡ってしまった場合、

・違反点数: 2点

となります。

それだけではなく罰金のお金も掛かってしまいます。

歩行者妨害の違反金(反則金)とは?

・6,000円(原付&小型特殊自動車)

・7,000円(二輪車)

・9,000円(普通車/自動車)

・12,000円(大型車)

これらは信号がある歩行者の横断歩道でも同様の違反になります。

つまり、青信号でも必ず歩行者を優先して停まらなければいけませんので、十分お気をつけ下さいませ。

ここで多くの方が気になってくるのが横断歩道あるあるですね。

横断歩道で歩行者に道を譲られたら捕まるの?

歩行者に譲られた場合も捕まる!?

これもよくあるパターンですよね。

車やバイクを運転中に横断歩道に歩行者がいるので、普通に止まったとします。

すると…?

歩行者の方から「どうぞ、どうぞ!」と遠慮されて譲られてしまうパターンです。

これを真に受けて車やバイクで通過してしまった場合、

これまた歩行者妨害違反となってしまい「捕まってしまう」のです。

恐ろしいですね…

くれぐれも皆様お気をつけ下さいませ。

そもそも

黄色信号の意味も間違って理解されている事が多い!?(信号無視)

道路交通法上では黄色信号の意味は以下の通りに定められています。

<第二条 黄色の灯火>

二 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。

ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

そのため、多くの方が信号を見た時に以下の通り理解している事が多いですね。

・青色:進め

・黄色:注意して進め

・赤色:止まれ

な、なんと!?

これは間違い(誤り)になるのです。

よく皆様が理解されている「注意して進め」は、黄色い点滅信号の勘違いから噂が伝わっているのだと思います。

正しい信号の意味は、

・青色:進め

・黄色:止まれ

・赤色:動くな

という意味になります。

黄色になった時点で「停止線を超えてはならない」のです。

黄色信号でも安全に停止できない場合を除きまして、必ず停止線で止まらなければいけないという意味になります。

黄色信号でも進んで許されるケースは

・急ブレーキをかけなきゃ停止する事ができない危険な状況

・停止をする事で追突されてしまいかねない状況

で、すぐに停止することが危険に繋がる場合の建前論という事なので要注意ですね。

原則として「黄色信号は進んではいけません」という事を理解しておけばOKです。

信号無視違反まとめ(罰金/点数/現行犯/過失割合/事故/消える/リセット)

恐ろしい事に横断歩道で歩行者が一人でもいた場合には「渡る」「渡らない」の区別がつかなくても信号の赤色と同じ”動くな”という意味になるというのです。

横断歩道に歩行者が一人でもいたら「動くな!」という意味と同じと覚えておけばOKです。

他にも、このようなケースはないでしょうか?

信号が青の状況で歩行者が遠くにいる場合、渡ってしまったら捕まるの?

比較的、大きな道路にある横断歩道で、よくありがちですね。

歩行者が遠くにいて渡ろうとしている場合、自動車やバイクで人が渡りきる前に通過してしまったら、捕まるのかどうか?

残念ながら、この場合でも歩行者妨害違反として捕まってしまいますので、お気をつけ下さいませ。

歩行者妨害違反にならない条件として、

・横断歩道には完全に人がいなくなった状態でなければいけない

もしくは、

・完全に歩行者用の信号が赤でなければいけないようです。

これらの条件をクリアしなければ捕まってしまいます。

理由は、人が横断しようとしているのか?していないのか?を証明することが出来ないからだそうです。

証明できない以上は、横断しようとしている証拠とみなしてしまうようなのです。

そして、「人がいるか気づかなかった」では済まないようなのです。

歩行者妨害違反の不服申立てについて

横断歩道による歩行者妨害違反は「不服申し立て」をされている方も多いようですね。

不服申立てとは?

交通違反内容に納得できない場合、その場で青切符にサインしなければ、反則金を払わなくて済む方法になります。

青切符の不起訴率は99.93%ではありますが、仮に不起訴を勝ち取っても違反点数は絶対に課せられます。

最悪、悪質な場合には起訴されて前科がつくリスクがあります。

それよりも恐ろしいというよりも不理屈、極まりないですよね。

なぜなら日本の道路交通法は世界でも1位や2位を争うくらいの不理屈な法律と言われています。

当方でも数年前に調べるまでは、

・横断歩道に歩行者がいた場合に「止まらなければいけない」

という事も知らず、

ついでに信号の意味も調べた事があったのですが、

それまでは

・信号の黄色でも「止まれ」ではなく「注意して進め」と理解してしまっておりました…

重要な事なので繰り返し申し上げました。

ふと思った事なのですが、信号の黄色が「止まれ」という意味を理解している方は横断歩道の歩行者妨害以上(人がいたら止まる)にいないかもしれないですね。

それほど認知度が非常に低いのだと思います。

どのくらいの車&バイク/原付の人が止まってくれるの?

日本全国にある信号機がない横断歩道で実験を行った結果、驚いた事に…

一時停止率は「21.3%(2割)」となりました。

2割の方しか横断歩道で、きちんと止まって譲ってくれる結果になります。

8割の方は止まってくれないという事が分かっております。

大阪府・名古屋では9割の方が一時停止してくれないというのですが、全国どこも一緒のようですね。

JAF(日本自動車連盟)が2020年に行った調査になります。

2016年から調査は行われているようなのですが、当時から8割~9割は止まってくれない事が続いているそうです。

横断歩道で止まってくれる割合は、どのくらいなの?(実体験)

実際に歩行者の立場になって横断歩道を渡ってみると分かるのですが、ほとんどの車やバイクは止まってくれない事が多いですね。

初めて同じ立場に立って分かる気持ちとは?まさに、この事ですね。

あまりにも止まってくれないので困ってしまう事が多々ありますね。

横断歩道ばかり渡って実験してみたのですが、

割合で例えるならば、止まってくれない車やバイクの方が圧倒的に多く上回りますね。

・8:2くらいの割合でしょうか?

80%の方が止まってくれず、20%の方が止まってくれます。

最近では、

・7:3くらいにはなってきています

70%の方が止まってくれず、30%の方が止まってくれます。

その一方で信号がある交差点の横断歩道では止まってくれる事が多いですね。

以前は少なかった記憶がありますが、最近ではほとんどの車が青信号で渡っている時に止まってくれますね。

それだけ多くの方が横断歩道による歩行者が優先という認知度が低いのだと思います。

JAFの調査によりますと横断歩道での一時停止の理解度は全体の「8.6%」と非常に低い調査結果となっております。

運転手の1割未満しか認識していないので当然と言えば当然ですね。

他にも車やバイクを乗っている時に横断歩道に人がいて止まっているのにも関わらず、対向車が止まってくれないパターンも非常に多い印象を受けますね。

最近では積極的に警察・白バイによる横断歩道による歩行者妨害違反の取り締まりも強化されております。

これを見た一人でも多くの方に「横断歩道に人がいたら必ず止まるように心掛ける」という事が伝われば嬉しく思います。

もちろん、基本的には横断歩道以外で渡ろうとしている歩行者(人)がいたら止まらなくてOKですね。

かといってムヤミと言いますか?

威圧的に大きくホーンを「プーーーーーッ!」っと鳴らす必要はないですね。

明らかに危険な場合はOKだと思います。

基本的には「プッ」といった軽く押す程度の警告で十分なくらいですね。

後は、いくら日本の法律で決まっているにせよ、時と場合の状況判断にもよりますが、

ハンディーキャップがある方や身体が不自由な方がいたら横断歩道に関わらず

止まってあげる心遣いも大切である = 人として絶対に忘れてはいけない事

と個人的には思っております。

法律で決まっているから100%正しいという事は存在せず

何事においても、その場x2の状況に応じて臨機応変に対応がベストという事ですね!

結局どれが正解とか間違ったなんていう事は、どうでも良くて、常に時代の流れと共に変化していく柔軟な考えと行動が大切であります。

最近では積極的に歩行者妨害違反の取り締まりをやっている姿を見かけます。

年間検挙率No1の「一時停止違反」が一番多く見かけますので、皆様も十分お気をつけ下さいませ。

ぜひ1つの参考にして頂ければと思います。

運転免許証&交通違反制度の基礎知識 簡単まとめ(違反点数はいつ消える/リセット)

交通違反の青切符にサインしなければ、反則金を払わなくて済むの?(青色キップ)

ゴールド免許の条件&メリットまとめ – 軽微な違反1回でどうなるの?(点数消滅)


自転車の簡単な走行ルール&防犯登録まとめ(チャリンコ/ママチャリ/クロスバイク)


最新の交通違反&取り締まりランキングTOP5(罰金/点数/反則金/罰則/白バイ/警察)

何曜日の運転&道路が危険なの?(危険運転をする車両の特長/サンデードライバー)

バイクとの接触事故で歩行者を重過失障害容疑で書類送検(信号無視で責任が問われる時代)


運転が上手くなる方法 = 安全を心掛ける運転方法まとめ(注意すべき事/車/バイク/自転車)

直進車(バイク)・右折車(車)の事故で車が気をつける大切なポイント

右折時の白いゼブラゾーンって踏んで走行してよいの?(導流帯)


バイク&原付のすりぬけ違反まとめ(通行区分違反/追い越し禁止違反/割り込み等違反)

原付&自転車の二段階右折違反まとめ(標識/条件/合図/ウインカー/罰金/点数)


あおり運転の違反点数と処分内容まとめ(煽り運転の罰則と行政処分)

あおり運転の最強対策とノウハウ集まとめ(車/バイク/自転車)


一時停止違反まとめ(罰金/点数/何秒/標識/マーク/ゴールド/反則金)

信号無視違反まとめ(罰金/点数/現行犯/過失割合/事故/消える/リセット)

横断歩道に歩行者がいたら止まらないと捕まるの?(歩行者妨害違反/罰金/点数/譲られた)

通行禁止違反まとめ(進入禁止/罰金/点数/標識/時間指定/時間帯/右折/ゴールド/反則金)

通行区分違反まとめ(罰金/点数/反則金/右側通行/逆走/バイク/原付)

追い越し&追い抜き禁止の違いまとめ(違反/車線/30m/標識/バイク/原付)

スピード違反(速度違反)まとめ(罰金/点数/何キロ/免停/オービス)

携帯電話違反まとめ(罰金/点数/反則金/金額/信号待ち/免停/厳罰化/ゴールド)

免許不携帯の罰則まとめ(違反/罰金/点数/減点/反則金/金額/ゴールド)


ハイビーム/ロービームの使い方&違反まとめ(罰金/点数/法律/義務化/やり方/まぶしい)

パッシングのやり方まとめ(意味/昼/ハイビーム/違反/煽り/お礼/ネズミ捕り/警察)

ハザードランプの使い方まとめ(駐車/お礼/バッテリー/停車)


車の駐車禁止の違反点数と処分 & 内容まとめ(反則金/罰金/張り紙/時間/出頭)

バイク駐車禁止の違反点数と処分 & 内容まとめ(反則金/罰金/張り紙/時間/出頭)

駐車違反で取り締まりが行われた後の対応(裏技があるの?/不服申立て)

バイクの駐車場 & 駐輪所のまとめ(バイク置場/時間貸し)


車のシートベルト装着義務違反の罰則・違反点数まとめ(運転席/後部座席の道路交通法)

飲酒運転の違反点数と処分 & 内容まとめ(酒気帯び運転違反/刑事罰)

ひき逃げ運転の違反点数と処分 & 内容まとめ(救護義務違反/刑事罰)


国道246号線の渋滞と混雑状況まとめ(空いている曜日/時間帯)【神奈川~東京】

藤沢町田街道/467号線の渋滞と混雑状況まとめ(空いている時間帯/取締情報)


ナンバープレート角度規制の簡単まとめ(車/新基準2021年10月~)

バイクの気になる整備不良による反則切符/違反切符&罰金まとめ

ハーレーの取り締まりQ&A疑問まとめ(マフラー規制/サイドナンバーの角度&向き)

新基準2021年10月/ナンバープレート角度規制まとめ(バイク/違反/保安基準/車検/ハーレー)

サイドナンバーの基本解説まとめ【ハーレー/ボバー/チョッパー】

サイドナンバー規制の完全版まとめ(車検/違反/罰金/バイク/ハーレー)

最新のサイドナンバー規制まとめ(車検/違反/縦向き/横向き/角度)


運転免許証&交通違反制度の基礎知識 簡単まとめ(違反点数はいつ消える/リセット)

交通違反の青切符にサインしなければ、反則金を払わなくて済むの?(青キップ/拒否)

信号無視で不起訴にも関わらず → 免許更新時にブルーで「ゴールド」を求めて提訴

運転免許証の取得/更新&車庫証明の支払いが電子マネーに対応


運転免許証の更新は警察運転免許センター or 警察署どちらが良いの?

免許更新の混雑状況&待ち時間の簡単まとめ(警察署/運転免許センター)

警察署で免許更新手続き方法の簡単まとめ(当日編)

大和警察署で免許更新の手続き方法まとめ(当日編)


ゴールド免許の条件&メリットの簡単まとめ 軽微な違反1回でどうなるの?(点数消滅)

ゴールド免許の更新は自宅のオンラインによるビデオ講習が実現するようです!

免許不携帯の罰則まとめ(違反/罰金/点数/減点/反則金/金額/ゴールド)


75歳以上の高齢ドライバー 免許更新時に実車試験導入の簡単まとめ(高齢者講習の改正)


マイナンバーカードを運転免許証に一体化とは?(メリット/デメリット)

自宅で簡単に証明写真をつくろう!の基本解説まとめ

自宅で簡単に証明写真をつくろう!の使い方まとめ


伝説の神奈川県警「どうやら事件性はないようだ」(変質者編)


よく見られる人気の関連記事