こち亀の名作「浅草物語」(感動の人情物語/こちら葛飾区亀有公園前派出所)

浅草物語

こち亀の名作「浅草物語」

はじめに

「浅草」「下町」「人情溢れる物語」

何か魅力を感じる不思議な言葉ですね!?

こちら葛飾区亀有公園前派出所こと「こち亀」

その中でも人情溢れる素敵な感動物語があります。

それが「浅草物語」になります。

こち亀の中で、一番好きなお話であります。

とても心に残るストーリーだと思っています。

まだ見た事がない方は、ぜひ一緒にご覧下さいませ。

どこで見れるの?

テレビアニメ版では1998年12月27日のスペシャル「第118話」で放送されました。

漫画版では「単行本57巻」に収録されています。

J:COMやスカパーに加入している方はアニマックスで再放送をやっている事がありますので、要チェックですね。

他にネットでは有料のドコモの動画サービスであるdTV(31日間おためし無料)で見れるみたいです。

続編もあるの?

浅草物語の後日談は、浅草物語「望郷編」が単行本の125巻に収録されています。

残念ながらアニメでは放送されていません。

どんなストーリーなの?

同窓会(クラス会)に参加した両津勘吉(主人公/カンちゃん)は、

昔の幼馴染で親友だった村瀬賢治ことケンちゃんがヤクザの幹部だった事を知らされます。

急いで交番に戻って夕刊を調べにいきます。

そこには署内で集英会(ヤクザ)の村瀬の記事が出ていました。

抗争事件を担当している署に移される事を聞きつけた両津は、足早に村瀬のもとへ急ぎます。

そこには手錠を掛けられて数人の警察に連行される村瀬の変わり果てた姿がありました。

両津「ケンちゃん」と声をかけるも無視されて、再び「ケンちゃん、なぜだ!」と言った所で…

村瀬「てめぇ、なんて知らねぇよっ!」と言われ蹴飛ばされます。

署内に戻り、中川や麗子、部長に励まされます。

両津「昔は、あんなやつじゃなかった。お金持ちのボンボンで、クラスイチ頭が良かったが、妙にワシと気が合ってな」

「いつだったかなぁ~、あいつ。エリート官僚で厳格の親父に怒られて、うちに家でしてきた事があってな。」

─昔の回想シーン

ケンちゃんは両津家の家族のやり取りを見て羨ましいと嘆きます。

ケンちゃん「家族で、こんな楽しい夕ご飯食べたことが一度もないもん…」

両津「なんでだよ?」

両津の親父さん(銀次)「いいじゃねぇか、そんなこと。それより、ケン房、寂しくなったら、いつでもうちへ飯を食いにこい!」

両津のお母さん「ご馳走はないけど、ケンちゃんなら大歓迎だよ!」

───

両津「あいつはぁ、下町の人情も分かる。いいヤツだった…」

そんな中、パトカーで移動中だった村瀬が脱走をしてしまいます。

署の内線「村瀬は自分を裏切った集英会(ヤクザ)に復讐するために逃走した可能性が強い。集英会のある浅草周辺を固めろ」

逃走中の村瀬(心の声)「浅草なら裏の路地まで知っているからな。見つかるもんか。集英会めぇ、待ってろ」

両津は浅草の細い路地に目をつけます。

両津「あそこだっ」

すると…目の前から村瀬が歩いている姿を発見します。

村瀬「…両津」

両津「やっぱり、ワシの事を覚えてくれたんだな、ケンちゃん」

村瀬「うるせぇ、近づくな(胸から隠し持っていた鉄砲を向けます)」

両津が少しずつ歩き出します。

村瀬「聞こえねぇのかっ!それ以上、近づくと撃つぞぉ!」

両津「ピストルごっこか。懐かしぃな。さぁ、こい」

ここで両津がタックルをして発砲音が天井に向かって鳴り響きます。

中川「はっ、拳銃の音が。向こうです」

部長「急げ、中川。村瀬に違いない」

両津と村瀬の喧嘩が始まります。

両津が背負投したり、村瀬がパンチを繰り出したり、

村瀬「どぉ~しても、邪魔する気かぁ!」

両津「当たり前だー!」

両津が優位に立っている状況の所で、

村瀬の胸から隠し持っていたナイフを取り出して両津に向けて刺しだします。

両津が、そのナイフを持った手を受け止めて

「自主しろ、ケンちゃん。何があったか知らないが人生を投げた時点でお前の負けだ。この大馬鹿野郎~!」

といって最後の背負投でKOさせます。

しゃがみこんだ村瀬は、自らの手でナイフを投げて捨てます。

村瀬「ハァッ、ハァッ、ハァッ…、相変わらず喧嘩強いなぁ…」

ここで、中川と部長が影から村瀬と両津の姿を発見します。

中川「部長、逮捕しましょう!」

部長「待て。あいつに任せよう(両津に)」

両津とケンちゃんがしゃがこんで話をします。

両津「ケンちゃん、なんでヤクザになんてなったんだ?」

村瀬がタバコに火をつけようとするが雨のせいで、なかなか火がつかない所を両津が手で火がつきやすいように気遣う

村瀬「すまねぇ…中学の時、親父とお袋が離婚したのがケチのつきはじめさ。

俺はお袋の方に行きたかったが親父が離さなくってな。その親父も中3の時、汚職事件で豚箱行きよ。

進学校の有名中学だったんだがオヤジの事で、ひでぇイジメに遭ってな。

我慢出来ずにイジメたやつを病院送りにしたら少年入りだ。

後は絵に描いたような転落人生さ。

気がついた時には、この通りの金バッジさ」

両津「あまったれるんじゃねぇー!!!

自分の人生を人のせいにするな。

自分の人生は自分で切り開くものだ。

ベイゴマの事、忘れてしまったのかよ」

─昔の回想シーン

両津が沢山持っているベイゴマをケンちゃんに見せます。

ケンちゃん「いいなぁ~。カンちゃん1個ちょうだい」

両津「だめだめ、このベイゴマは勝負に勝って手に入れた俺の宝だ!欲しかったらケンちゃんも上手くなれよ」

ケンちゃん「でも、僕ベイゴマ苦手だからなぁ~」

両津「俺が特訓してやるよ!」

それから日々、両津と特訓していたケンちゃんは町内に敵なしくらいまでにベイゴマが集まっていました。

───

両津「その時の笑顔、最高だった(ベイゴマをコツコツ集めていた当時)」

村瀬「そういやぁ、そんな事もあったな…」

両津「あのベイゴマ、どこにやったか覚えているか?ワシは今でも覚えているぞ。

あれはケンちゃんが渋谷に引っ越す前の日だった。

─昔の回想シーン

ケンちゃん「今まで勝ち取ったベイゴマ、勘ちゃんにあげるよ」

両津「えー、いいのかぁ?」

ケンちゃん「私立中学に入るために塾に行かなきゃならないから遊べなくなるんだ」

両津「せっかく、100個も集めたのに…男の勲章だぞ。このベイゴマは」

ケンちゃん「でも、見つかったら捨てられてしまうし…」

両津「そうだ!いい考えがある。この神社の木の下に埋めておくんだよ。俺らの宝物として。いつでも使いたい時に出せるじゃないかぁ~」

ケンちゃん「勘ちゃん、頭いいなぁ~」

そんな時にベイゴマ勝負で負けた上級生の兄が恨みで喧嘩を売ってくるのですが、両津は糸も簡単に撃退します。

ケンちゃん「さすがに強いね、勘ちゃん!6年生をやっつけちゃうなんて」

両津「喧嘩なら負けないぜ」

ケンちゃん「その強さで、もし悪人になっても僕が弁護士になって、きっと助けてあげるよ!」

───

村瀬「フッ、そう言ってた俺がヤクザになっちまって…お前さんが警官になっていた。世の中、思い通りにならないもんだな、勘ちゃん!」

両津「思い通りにいってれば、ワシは総理大臣だぜ」

村瀬「フッ、違いねぇ。殴り込みなんて、どうでもよくなっちまった。勘ちゃんの言う通り、自主するよ」

両津「そうか。元々、優秀な頭を持っているんだ。いくらでも再スタートできるぜ」

村瀬「大分、出遅れのスタートだがな…」と言いながら歩き出します

両津「おいっ、警察は向こうだぞ?」

村瀬「分かってるよ。ちょっと寄りたい所があるんだ。

日が沈む前には必ず自主するから。

行かせてくれるかな?勘ちゃん」

両津「やっと昔のように呼んでくれたな」

村瀬「ありがとう…」

両津「署で待ってるぞ!」

村瀬を右手を上げたまま姿を消します。

その後、果たして村瀬は両津との約束を守るために日没までに自主しにくるのか!?

気になる方は、ぜひ本編のアニメを最初から見てお楽しみ下さいませ。

本日の忘れてはいけない名言集

・両津「あいつはぁ、下町の人情も分かる。いいヤツだった…」

・両津「あまったれるんじゃねぇー!!!自分の人生を人のせいにするな。自分の人生は自分で切り開くものだ。」

・部長「待て。あいつに任せよう(両津に)」

その他に後半で名シーンと忘れてはいけない名言集があるのですが、ネタバレになってしまいますので伏せます。

子供の頃の回想シーンで言いますと、

ケンちゃんが両津の家に遊びに行って一緒に夕ご飯を食べている時のシーンになります。

ケンちゃん「家族で、こんな楽しい夕ご飯食べたことが一度もないもん…」

両津「なんでだよ?」

両津の親父さん(銀次)「いいじゃねぇか、そんなこと。それより、ケン房、寂しくなったら、いつでもうちへ飯を食いにこい!」

このシーンです。

さすが江戸っ子と言いますか、人情溢れた下町育ちと言いますか、

ケンちゃんの家庭の事情を察して、あえて理由は聞かずに、

「いいじゃねぇか、そんなこと」

「寂しくなったら、いつでもうちへ飯を食いにこい!」

という太っ腹と気前の良さです。

(アニメのシーンでは明らかに察した感じで顔色が変わります)

最後に余談になってしまい大変恐縮なのですが、

下町と人情に関連して寅さんこと「男はつらいよ」を一度も見た事がない方は、

「寅次郎夕焼け小焼け(17作)」も大変おすすめでございます。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

近年、多く見かけるようになった&見かけない身近な出来事まとめ(80年/90年/2000年代)

日常で何かのトラブルに遭った時 & 何か新しい事を挑戦する上での「大切な心得まとめ」

あおり運転を防ぐ対策&ノウハウ集まとめ(危険運転/車/バイク/自転車)

ハーレー乗りの方が探すべき修理店の参考ショップ(故障/東京/横浜/神奈川)


この世の人生で大切なことBEST3(忘れてはいけないこと)

この世で恐ろしいことBEST3

本当に強い真の人間とは?


ハーレー三拍子の余談編 – 三拍子サウンドが聞ける!(似ている音/動画)

東京オリンピック 開会式の入場テーマ曲はドラクエ?(ドラゴンクエスト/ゲーム)

ドラゴンクエスト6 貴族の服から学べる教訓(大切な事とは?)

日本を代表する注目すべき50代/60代世代の方々まとめ(目の付け所が鋭い方々)

人に何かを注意する時の上手な伝え方と教え方「大切な一言(自然体)」熊谷正敏さん

ガチンコ 大和龍門さんの名言集まとめ「どういう過程で、どう勝負するかだよ!」

現代社会に忘れかけている指導方法「相手に効かなきゃ意味がない!」(佐山聡/タイガーマスク)

こち亀の名作「浅草物語」(感動の人情物語/こちら葛飾区亀有公園前派出所)

今の学校教育に必要な学習ビデオ「世紀末リーダー伝たけし」(真の道徳/いじめ対策)

本当の信頼と親友/友情とは?が分かる「桑原和真」という男の中の男(幽遊白書)

本当の優しさとは?を感じさせる賞金稼ぎの「アイン」という生き様が最高の男(北斗の拳/名言)

コロナウイルスで忘れかけている時に見たい大切な名言集(落ち込んだりした時にゲームから学ぶ!)


ストIIムービーきっかけの「恋しさとせつなさと心強さと」は判断1つで生まれていなかった?(岡本吉起さんの裏話)

ゲームセンターの思い出「格闘ゲームの魅力とは?」のお話

現在テレビで流れているCMの中で唯一、心を揺さぶられるテレビCM(SUMCO/半導体)


ハーレーサウンドに似ている誰が聞いても心地が良いサウンド – 風の憧憬

イントロと口笛が1人旅の孤独とロマンを感じさせる心地がよいBGM – 荒野の果てへ

懐かしいメロディーと歌詞が温もりと優しさを感じさせる名曲 – ピエトロの旅立ち


テレビゲームの世界でも三拍子が実現! – シェンムー 第一章 横須賀

ゲームセンターにハーレーのゲームがあったの!? – ハーレーサウンドが蘇る

ハーレーがトラブルや故障して落ち込んだり手放したい時に聞くのがベストな曲

 

 


よく見られる人気の関連記事