RT/BR/CNVモード切替スイッチの設定&意味まとめ(ルーター/ブリッジ/コンバーター)

ブリッジ接続

RT/BR/CNVモード切替スイッチの意味まとめ(ルーター/ブリッジ/コンバーター)

ルーター設定のCNV/BR/RTモード切り替えスイッチの意味とは?

NEC製品のルーターには3つのモードの切り替えスイッチがついています。

ルーターの切り替えスイッチには下記3種類の機能があります。

・CNV(コンバーターモード)

・BR(ブリッジモード)

・RT(ルーターモード)

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

CNV(コンバーターモード)とは?

子機 or 中継機器として使用する場合に利用します。

・子機

皆様が普段使われているスマホ / ゲーム / パソコンの無線LAN(Wi-Fi)ですね。

・中継機

有線LANケーブルが届かない離れた場所の設置だったり、障害物により無線LAN(Wi-Fi)の電波が悪い場合に使用します。

簡単に言いますと

メインルーター(ONU)とサブルーター(CNVモード)同士を無線LANにて接続されています。

離れた環境でしか置けない場合にご活用頂けます。

そして、サブルーター(CNVモード)から子機(PC/テレビ)には有線LAN接続が可能になります。

もちろん、スマホ&ゲーム機の無線LAN(Wi-Fi接続)にも対応します。

デメリットはメインルーター(ONU)の設置場所から距離が離れてしまったり障害物やルーター同士が無線LAN同士で接続されている事により通信速度が落ちてしまいます。

またブリッジモードとは異なりまして、少し難易度が高いルーターの接続設定(WPS接続 or 手動接続)が必要になります。

CNVモードは有線LANにも対応している点が最大のメリットになります。

例えば、パソコン&プリンタがメインルーター(ONU器機)から離れた場所にあったり、有線LAN接続にしか対応していない場合にご利用頂けます。

1Fにメインルーター(ONU)を設置。

3Fに無線LANルーター(CNVモード)を設置して無線LAN同士で接続されています。

無線LAN(CNVモード)からパソコン&プリンタ(有線LAN)に接続出来たりといったようにですね。

1Fのメインルーター(ONU)と3Fの無線LANルーターは無線LAN同士で接続されている状態になります。

パソコン&プリンタからは有線LANケーブルで接続する形になります。

<接続イメージ>

NTTからレンタルしているメインルーター(ONU)~~~ 本機/中継(CNVモード)— パソコン(有線LAN接続)or スマホ(無線LAN接続/Wi-Fi)

~~~ = ルーター同士が無線LANで接続しています。

— = 有線LANケーブルで接続されています。

BR(ブリッジモード)とは?

ルーター機能を停止してブリッジモード(無線LANのAP機能のみ)で利用する場合に利用します。

ブリッジモードは、別名でアクセスポイント = AP とも言われます。

アクセスポイントは「Wi-Fi(無線LAN)」を接続するために必要になります。

ブリッジモードはルーター同士が有線LANで接続されていて子機とは無線LANで接続されています。

最大のメリットはルーター同士が近くの有線LANで接続されているために安定した速度を維持して通信する事ができます。

難しいインターネットの接続設定も一切不要で簡単に無線LAN環境(Wi-Fi)が構築出来ます。

例えば、パソコン&プリンタがメインルーター(ONU器機)から離れた場所にあったり、有線LAN接続にしか対応していない場合にご利用頂けます。

<具体的な例>

1Fにメインルーター(ONU)を設置。

すぐそばに無線LANルーター(BRモード)を設置して有線LANケーブルで接続します。

そこからスマホ&ゲームはWi-Fi(無線LAN環境)にて接続出来たりといったようにですね。

メインルーター(ONU)と無線LANルーターは有線LAN同士で接続されている状態になります。

パソコン / スマホ / ゲーム機 / テレビからは無線LAN(Wi-Fi)で接続する形になります。

<接続イメージ>

NTTからレンタルしているメインルーター(ONU)— 本機(BRモード)~~~ スマホ(無線LAN接続/Wi-Fi)

— = 有線LANケーブルで接続されています。ルーター同士も有線LANケーブルで接続されています。

~~~ = ルーター同士を無線LANで接続されています。

RT(ルーターモード)とは?

名前の通りのままですね。

一般的にルーター機能を利用する場合に使用します。

基本的に市販ルーターを購入後、ルーター機能のまま使用する場合には何も触らないでOKです。

購入時の出荷状態はRT(ルーター機能が有効)になっているくらいだからですね。

どんな使われ方が一番多いの?

圧倒的に「RT = ルーターモード」が多いですね。

逆に「CNV = コンバーターモード」を利用されている方は少ないです。

ルーターモードと同じくらい多いのが、

無線LAN(Wi-Fi環境)を構築したい時に利用される事が多い

BR = ブリッジモード

だと思います。

例えば、回線業者から提供されているメインルーター(ONU器機)だけでは有線LAN接続しか対応していない。

Wi-Fiによる無線LAN環境を利用するにはオプションで別途費用が掛かってしまう。

そんな時に追加で無線LAN(Wi-Fi環境)を構築する場合には

赤枠部分と同じく

RT/BT/CNV切り替えスイッチモードを

真ん中の「BR」にすればOKです。

BR = ブリッジ接続 = アクセスポイント(AP)= Wi-Fi(無線LAN)構築になります。

ブリッジ接続 = ルーター機能を無効にして無線LAN/Wi-Fiのアクセスポイント(AP)として利用する機能を言います。

自宅でWi-Fi環境(無線LAN)がない方や詳しい手順と方法を知りたい方は、

下記にて解説しておりますので、ぜひ一緒にご覧下さいませ。

フレッツ光回線で無線LANを構築&設定する手順と方法まとめ(ブリッジ接続)

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 ネット光回線関連のまとめ記事一覧


フレッツ光でネット&電話が繋がらない時のトラブル対処方法まとめ(障害時の対策)

フレッツ光回線のルーターLEDランプの正常点灯&点滅状態まとめ(画像解説&動画あり)


フレッツ光回線のインターネット接続設定方法まとめ(ルーター/ONU/IPv4/PPPoE)

フレッツ光回線のルーター設定のバックアップ方法&復元手順(PR-400NE/ONU)

フレッツ光回線のルーターのアップデート方法(ファームウェア更新/ONU)

フレッツ光回線のルーターの再起動方法(PR-400NE/ONU)


ASAHIネットのDNS問題でネット接続出来ない時の設定方法まとめ(フレッツ光回線)


無線LANルーターの選び方(おすすめ/アクセスポイント/AP)

フレッツ光回線でWi-Fi/無線LANを構築&設定する手順と方法まとめ(ブリッジ接続)

RT/BR/CNVモード切替スイッチの設定&意味まとめ(ルーター設定/ブリッジ/コンバーター)

パソコンを無線アクセスポイント/Wi-Fi代わりにする方法(無線ルーター故障時の対策)


IPv4とIPv6とは?どっちが良いの?(PPPoE/IPoEの違い/メリット/デメリット)


フレッツ光回線のプロバイダー乗り換え手順と方法まとめ(Asahiネット→BB.Excite編)

Asahiネットの解約手順と方法まとめ(フレッツ光回線/プロバイダー乗換え)


フレッツ光回線100M→1Gの移行手順まとめ(月額料金/平均開通日数/必要な物)


フレッツ光回線のプロバイダーはどこが最安値なの?(単体契約/プロバイダー乗換え)

フレッツ光回線の単体契約と光コラボ(転用)はどちらがお得?

フレッツ光回線のコラボ(転用/料金1本化)&重要なデメリットと注意点まとめ

ソフトバンク光のフレッツ光コラボの注意点まとめ


フレッツ光の回線速度・初期費用・月額料金・工事費用まとめ

auひかり ギガ得ホームの回線速度・初期費用・月額料金・工事費用まとめ

NURO光(ニューロ)の回線速度・初期費用・月額料金・工事費用まとめ


フレッツ光・auひかり・NURO光の比較まとめ(光回線3社比較)


よく見られる人気の関連記事