自動車の車検はどこが一番最安値なの?まとめ(平均相場の見積もり/格安/安い/高い)

自動車の車検整備

格安車検専門店に依頼する場合の車検費用&料金の平均費用相場

どこで車検を受ければ安いの?

一番は、最寄りの陸運局へ出向いて、ご自身で車検を受ける「ユーザー車検」ですね。

この場合、必要最小限の「法定費用 = 税金(実費)」+「テスター代金(3,500円)」だけで済みます。

しかし、平日の限られた時間と整備もご自身で行わなければいけない最大のデメリットがあります。

また何かしらの問題で車検に通らなかったりしたら余計に手間が掛かってしまいますね。

そんな時には民間車検と言われる自動車専門店へ車検を依頼する方法になります。

車の場合、オイル交換やら何やら車体ボディーが大きいので、とてもじゃないのですが整備も一苦労です。

そんな事から当方ではバイク車検は「ユーザー車検」で通して、自動車の車検は専門店へ任せています。

バイクの車検費用についても後半の別ページでまとめておりますので、ぜひ一緒にご覧下さいませ。

車検を依頼出来る場所は、

・正規ディーラー店

・自動車整備工場

・自動車用品店

・ガソリンスタンド

・車検専用店

といった所があります。

正規ディーラー店が一番高いです。

正規ディーラー店へ依頼する最大のメリットは安心出来るといった店ですね。

次に自動車整備工場と自動車用品店/ガソリンスタンドの価格は同じくらいです。

ガソリンスタンドや自動車用品店はチェーン店になりますので、ある程度の相場が決まっている事からボッタクリに遭う確率は少ないです。

一方の自動車整備工場は本当にピンからキリですね。

当方が昔に経験した苦い思い出としましては、

初めて国産の中型自動車を購入した際の初回車検(新車3年目)で、全然距離を走っていない状態(走行距離3,000km)にも関わらず、自動車整備工場へ依頼して10万掛かった事がありました。

それ以来、安くて良い所はないかと徹底的に散々見積もりをした事がありました。

見積もり金額を比較して分かった事はチェーン店が安い傾向にあります。

もっとも安い所は、やはり「車検専門店」で間違いなかったです。

その中でも別格の最安値は「車検のコバック」で間違いなかったです。

https://www.kobac.co.jp

車検を通すために絶対掛かる費用(法定費用=税金)以外に下記の費用が追加で掛かります。

コバックでは2つの料金プランが用意されています。

1.スーパーテクノ車検

車検の基本料金:14,300円

短時間で簡単な整備や調整がセットになった車検で「30分車検」

<割引特典3点 = 最大3,850円割引>

・平日割引:1,100円

・コバック会員割引:1,100円

・ペア予約割引:1,650円)

2.スーパーセーフティー車検

車検の基本料金:32,141円

次の車検まで安心、充実した予防整備付きの車検で「90分車検」

<割引特典5点 = 最大7,700円引き>

・ペア予約割引:1,650円

・平日割引:1,100円

・コバック会員割引:1,100円

・ネット予約割引:1,100円

・3ヶ月前予約割引:2,200円

・1ヶ月以上前予約割引:1,650円

・1週間前予約割引:1,100円

上記2点の車検基本料金には代行手数料~車検を通すための基本点検費用が含まれております。

嬉しい事に軽自動車~小型車~中型車~大型車~特大車の料金は一律で統一されています。

基本的に何か問題があった際に追加で整備費用が掛かりますので、プランは一番最安値の「スーパーテクノ車検」で十分でございます。

以前は、もっと安く受けられる最低限の「クイック車検プラン」があったのですが、なくなってしまいました。

クイック車検 / テクノ車検 / セーフティー車検の3つに分かれておりました。

まずは車検を受けるために必要な基本的な知識を誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

車検は何年に一度あるの?(何年ごと/何年おき)

新車の場合は初回の車検のみ「3年後」になっています。

初回の車検が終わった2回目以降は「2年」ごとに車検があります。

当然、中古車の購入も2年おきに車検があります。

中古車の場合、車検を取得したばかりだったり、車検間近だったり、車検切れだったり、色々なケースが多いですので要チェックですね。

新車の場合は最初だけ「3年」になっています。 初回の車検が終わった2回目以降は「2年」ごとにあります。 当然、中古車の購入も2年おきに車検があります。 全て車検証の左下辺りに「有効期限の満了する日(令和1年10月1日)」といったように記載されております。 バイクも車も同じく新車の場合、1回目の車検は「3年」・2回目以降はずっと「2年」に一度と変わらないです。新車の場合、書類を登録して発行された日から3年後になっています。

 車検の有効期限は、車検証の左下に「有効期限の満了する日:令和1年10月1日」といったように次回車検を受けなければいけない有効期限が記載されております。

車もバイクも一緒で新車の場合、1回目の車検は「3年」・2回目以降はずっと「2年毎」に一度と変わらないです。新車の場合、書類を登録して発行された日から3年後になっています。

車検は、いつから受けられるの?

・車検証に記載してある車検満了日の「1ヶ月前」から車検を受けることができます。

1ヶ月前から車検を受けても車検証に記載された「車検満了日」の日付は変わりませんので、ご安心下さい。

先ほどの車検証の満了日にて有効期限を確認しても良いのですが、自賠責保険証でも有効期限を確認する事が出来ます。

自賠責保険証の満期日 = 車検満了日(車検の有効期限)になっています。

車検は余裕をもってご依頼(予約)することが何よりも大切になります。

大抵2~3日前は全ての予約が埋まっています。

余裕があれば「1ヶ月前」からご依頼するのがもっともベストですね。

特に新車で購入して僅かしか乗っていない車両やノーマル状態だったら問題ないのですが、それなりに距離を乗っていてカスタムしてある車両は車検前から事前にご相談しておく事がオススメでございます。

季節としましては新年度が始まる「3月」は非常に混み合いますので、要注意ですね。

3月が期限の方は車屋さんに協力するつもりで、お早めに相談してあげて下さいませ。

後半の車検費用の相場でもアドバイスさせて頂いておりますが、肝心の車検費用の見積もりがあると思いますので、何事も早め早めで相談しておいて絶対に損はないと思っております。

車検に必要な持ち物(当日の持ち物)

大前提として予め車検を受ける日時を「電話」or「メール」にてご予約をします。

お店に依頼する場合は下記が必要になります。

1.自賠責保険証

 絶対に加入しなければならない強制保険になります。

2.納税証明書

 車検を受けるために必ず必要になります。

4月に受けられる方は1年前の納税証明書でOKです。

3.印鑑

 インクで押すタイプの認印で可能です。

最近では100円均一で売っています。

納税証明書は毎年5月上旬頃に市区町村から郵送されてくる「税金の支払い用紙」になります。

紛失した場合、最寄りの市区町村の役所にて「無料で再発行してもらえます」ので、ご安心下さいませ。

自賠責保険証は古い書類だけ持参していけばOKです(新しい書類はお店で加入してくれます)

車検を受けるために絶対に掛かる「法定費用(実費)」

車検を通すために絶対に掛かる費用を「法定費用」と言います。

法定表の内訳は

・自賠責保険料金(強制保険料)の2年分

・車を維持するための税金(重量税+印紙代)

と理解頂ければ大丈夫です。

<軽自動車>

1.自賠責保険:19,730円(24ヶ月)

2.重量税:6,600円

3.印紙代:1,100円

合計:27,430円(非課税)


<小型車>

1.自賠責保険:20,010円(24ヶ月)

2.重量税:16,400円

3.印紙代:1,200円

合計:37,610円(非課税)


<中型車>

1.自賠責保険:20,010円(24ヶ月)

2.重量税:24,600円

3.印紙代:1,200円

合計:45,810円(非課税)


<大型車>

1.自賠責保険:20,010円(24ヶ月)

2.重量税:32,800円

3.印紙代:1,200円

合計:54,010円(非課税)


<特大車(エルグランド/アルファード)>

1.自賠責保険:20,010円(24ヶ月)

2.重量税:41,000円

3.印紙代:1,200円

合計:62210円(非課税)

車検を受けるために絶対掛かる費用 = 実費内訳をご覧になって頂けるとお分かりになるのですが、ご覧の通り内訳の全てが税金ばかりになっていますね!?

例えば、軽自動車にて

実際に掛かる実費(車検代)は合計27,430円(非課税) たったこれだけなのです!

自分で最寄りの陸運局まで自動車を持ち込んで車検を受ければ、

「3万円でお釣りがきます!(実質28,000円以内)」

これを「ユーザー車検」と言います。

お支払い方法はクレジットカードに対応しているの?

法定費用のお支払いはクレジットカード払いには対応しておりませんので、ご注意下さいませ。

お店に依頼した場合でも同じく法定費用は「現金払いのみ」になっております。

以上の事より、

車検を通すために絶対掛かる費用(法定費用)のみ現金払いとなりまして、

お店に払う基本料金(手数料+部品代+整備表)はクレジットカード払いOKという事になっています。

さらに車屋さんへ車検をお願いした場合に「追加で掛かる費用」

1.車検の基本料金(代行手数料):1.5万~3.2万前後

車検を本人の代わりに受けてもらうための「基本料(代行手数料)」になります。

車検へ通すために必要な基本的な点検項目をチェックしてもらうための費用になります。

2.車両整備費用:0円~

車両に何か問題があった際に追加が掛かる「整備費用」になります。

正直、車検の点検項目は簡単な内容しかチェックされませんので大した内容をチェックしていません。

お店(車屋)さんへお任せした場合には「車検代行手数料」と「車検を通すための基本料金」を合わせた金額が一般的になってきます。

別で整備が必要になってきた場合、上記の他に「消耗部品代」と「作業工賃代」が車両の整備費用として掛かってきてしまうのです。

自動車の走行距離によって異なるのですが、数万キロも乗っていると意外と掛かります!

実際に車検を依頼して掛かった車検の平均費用(軽自動車編)

車検のコバックに「テクノ車検」を依頼して実際に掛かった費用をまとめております。

軽自動車の車検費用まとめ – 新車購入1回目の車検平均費用(格安/安い/維持費)

軽自動車の車検費用まとめ – 2回目の車検平均費用(格安/安い/維持費)

近日中に2回目の車検を依頼する予定になっております。車検を受け次第、まとめさせて頂きますね!

車検の基本料金(代行手数料)が基本点検も含めて「1.5万」となりました。

同じく小型車、中型車、大型車、特大車の方は下記の参考料金を参考にして下さいませ。

車検を依頼する場合の適正価格判断(平均費用の目安基準)

民間の車検を依頼して

・軽自動車にお乗りの方は、

合計4万~4.5万以内」であれば、「格安~激安価格」と判断できます。

・小型車にお乗りの方は、

合計5万~5.5万以内」であれば、「格安~激安価格」と判断できます。

・中型車にお乗りの方は、

合計5.5万~6万万以内」であれば、「格安~激安価格」と判断できます。

・大型車にお乗りの方は、

合計6万~6.5万以内」であれば、「格安~激安価格」と判断できます。

・特大車にお乗りの方は、

合計7万~7.5万以内」であれば、「格安~激安価格」と判断できます。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

軽自動車の車検費用まとめ – 新車購入1回目の車検平均費用(格安/安い/維持費)

車検を受けた時の勘定科目(バイク/自動車/帳簿/記帳/仕訳/記入例)

車検関連のまとめ記事一覧(誰でも簡単に分かる!)

自動車(車)のまとめ記事一覧(誰でも簡単に分かる!)

【自動車任意保険】選び方のコツまとめ(おすすめ/安い/相場/料金/見積もり/節約術)

<バイクの車検関連>

【誰でも簡単に受かる!】バイクのユーザー車検対策まとめメモ帳(保安基準あり/年代別)

バイク車検費用まとめ(格安/安い/高い/平均相場の見積もり)

ハーレー車検費用まとめ(平均相場/安くするコツ/格安/安い/高い)


よく見られる人気の関連記事