IPv4とIPv6とは?どっちが良いの?(PPPoE/IPoEの違い/メリット/デメリット)

IPv4(PPPoE)と IPv6(IPoE)とは?

IPv4(PPPoE)と IPv6(IPoE)とは?(メリット&デメリット/違い)

インターネット回線やプロバイダーを契約する時に

・IPv4(PPPoE)

 IPv6(IPoE)

を目にする機会が多くなりましたね!

専門用語だらけで何のことだか、さっぱりですよね。

結局どっちが良いのか?

メリット&デメリットや違いを含めて専門用語を使わず誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に意味も含めて解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

IPv4とIPv6とは?

インターネットへ接続するための種類には「IPv4」or「IPv6」があります。

IPアドレスと言われる数字を割り当てられてインターネットへ接続しています。

IPアドレス = 220.100.101.191

といったようにランダムで数字が割り当てられています。

IP = インターネットプロトコルという意味になります。

IPv4は1980年代後半に誕生して現在でも多くの方に利用されている主流のインターネット接続方式になっています。

v4はバージョン4の意味になります。

接続上限が最大43億台と限られているために近年ではIPアドレス数が足りなくなっています。

そこで1990年代後半に誕生したのがIPv6と言われる事実上は無限のIPアドレスになります。

v6はバージョン6の意味になります。

現在はIPv6に対応しているプロバイダーが限られているため、IPv4接続が多いです。

またプロバイダー以外にもメイン回線から提供されているルーター(ONU)がIPv6に対応していない問題があるために、そこまで普及していません。

PPPoeとIPoEとは?

インターネット接続にはPPPoe方式とIPoE方式があります。

現在インターネット接続の主流となっているIPv4ではPPPoEと言われる接続方式はプロバイダーから提供されたユーザー名(IP)とパスワードを入力して接続する必要があります。

つまり、光回線やプロバイダー業者を変更したら、必ずルーター(ONU)の接続設定が必要になるという事なのです。

IPv4の最大の弱点は接続時にインターネットへ接続するための中継部分では限られた領域しかないので大変混雑しやすいため速度が遅くなりがちです。

一方のIPv6はIPoE方式に対応しているのでPPPoE接続方式のようにユーザー名(ID)とパスワードを必要としないので大変便利です。

IPv6では中継部分の領域が広いために混雑知らずで速度に影響がでません。

IPv4とIPv6は車の渋滞を思い浮かべてイメージして頂けると分かりやすいですね。

IPv4のメリット&デメリットまとめ

・IPv4(PPPoE方式)= 回線速度が遅くなりがちになります。

道路の車線数が少なく常に渋滞が起きている状態になります。

車が全然進まずに休日の渋滞がピークになっている状態ですね。

片側1車線道路で工事が行われている状況でズルズルと車が進む状態になります。

基本的にはデメリットが多いです。

インターネット回線が混雑しやすい状態になりますので回線速度が遅くなりがちになります。

特に、もっとも混雑する休日から平日の夜~夜間の時間帯にかけてインターネットの回線速度が遅くなったりして影響が出る事が多いです。

回線速度が遅くなると、どんな事に困ってしまうの?

ホームページを開くまで時間が掛かったり、動画が途中で止まったりといった事が出やすくなります。

接続方式はPPPoe方式(ユーザーID/パスワード認証)のため、ルーター(ONU)の接続設定が必要になります。

唯一のメリットは、月額料金が安いです。

現在インターネットへ接続するための主流の方式になっています。

利用者が多いために混雑して遅くなることが多々あります。

IPv6のメリット&デメリットまとめ

・IPv6(IPoE方式)= 回線速度が快適になります。

道路の車線が多く渋滞が起きにくい状態になります。

車が高速道路でスムーズに流れている状態ですね。

片側3車線以上の道路で夜中の時間帯 or 日曜朝型の状況と同じく道路を独り占めのように車がスイスイ進む状態になります。

基本的にはメリットしかありません。

インターネット回線が混雑しにくいので回線速度が快適な状態になります。

接続方式はIPoe方式(ユーザーID/パスワード不要)のため、ルーター(ONU)の接続設定が一切不要になります。

少しだけ月額料金が高くなります。

唯一のデメリットは接続条件として、

プロバイダー&ルーター(ONU器機)がIPv6に対応している必要があります。

今後はIPv6(IPoE方式)がインターネット接続の主流になってきます。

IPv4 over IPv6とは?(メリット&利用するためには?)

番外編になりますが、「IPv4 over IPv6」という接続方式も存在しています。

IPv4&IPv6どちらでも「IPoE方式(ユーザーID/パスワード不要)」でインターネットに接続することができます。

これはIPv4のPPPoE方式(ユーザーID/パスワード認証)を経由する接続がもっとも混雑しやすい原因となるため、その問題を解決するためにIPv4のIPoE方式で接続できるようになっています。

残りはプロバイダーが対応しているかどうかだけになります。

多くのプロバイダーでIPv4 over IPv6を利用する場合、追加料金が発生せずに利用できる事が多いです。

また、NTTからレンタルしていえるルーター(ONU器機)だったり、最近の市販ルータではインターネット回線自動判別機能が搭載されている事が多いです。

「IPv4 over IPv6」の回線自動判別機能に対応していれば、LANケーブルを差し込むだけで自動的に設定してくれます。

難しい設定をする事なく誰でも簡単にネット接続のも最大のメリットになります。

IPv6には対応していなかったり、もっとも混雑する休日~平日の夜~夜間の時間帯にかけてインターネットの回線速度が遅くて困っている方は1つの解決として検討してみる事をおすすめですね。

結局どっちのネット接続方式が良いの?

最後に簡単にまとめますと、

今後主流になる「IPv6 / IPoE方式 (ユーザーID/パスワード不要)」が、

1.面倒なネット接続の設定も一切不要で、

2.混雑する時間帯でも速度が遅くならず、

3.いつでも速くて・快適・最強になります。

IPv6(IPoE方式)の接続が一番最強と覚えておけば大丈夫です!

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 ネット光回線関連のまとめ記事一覧


フレッツ光でネット&電話が繋がらない時のトラブル対処方法まとめ(障害時の対策)

フレッツ光回線のルーターLEDランプの正常点灯&点滅状態まとめ(画像解説&動画あり)


フレッツ光回線のインターネット接続設定方法まとめ(ルーター/ONU/IPv4/PPPoE)

フレッツ光回線のルーター設定のバックアップ方法&復元手順(PR-400NE/ONU)

フレッツ光回線のルーターのアップデート方法(ファームウェア更新/ONU)

フレッツ光回線のルーターの再起動方法(PR-400NE/ONU)


ASAHIネットのDNS問題でネット接続出来ない時の設定方法まとめ(フレッツ光回線)


無線LANルーターの選び方(おすすめ/アクセスポイント/AP)

フレッツ光回線でWi-Fi/無線LANを構築&設定する手順と方法まとめ(ブリッジ接続)

RT/BR/CNVモード切替スイッチの設定&意味まとめ(ルーター設定/ブリッジ/コンバーター)

パソコンを無線アクセスポイント/Wi-Fi代わりにする方法(無線ルーター故障時の対策)


IPv4とIPv6とは?どっちが良いの?(PPPoE/IPoEの違い/メリット/デメリット)


フレッツ光回線のプロバイダー乗り換え手順と方法まとめ(Asahiネット→BB.Excite編)

Asahiネットの解約手順と方法まとめ(フレッツ光回線/プロバイダー乗換え)


フレッツ光回線100M→1Gの移行手順まとめ(月額料金/平均開通日数/必要な物)


フレッツ光回線のプロバイダーはどこが最安値なの?(単体契約/プロバイダー乗換え)

フレッツ光回線の単体契約と光コラボ(転用)はどちらがお得?

フレッツ光回線のコラボ(転用/料金1本化)&重要なデメリットと注意点まとめ

ソフトバンク光のフレッツ光コラボの注意点まとめ


フレッツ光の回線速度・初期費用・月額料金・工事費用まとめ

auひかり ギガ得ホームの回線速度・初期費用・月額料金・工事費用まとめ

NURO光(ニューロ)の回線速度・初期費用・月額料金・工事費用まとめ


フレッツ光・auひかり・NURO光の比較まとめ(光回線3社比較)


よく見られる人気の関連記事