パブリックコメントとは?(法案/法改正/新基準/新規制)

● パブリックコメントとは?(法案/法改正/新基準/新規制

新基準の規制に伴う政策の法案を決定するために、ひとまず政府や行政機関で話し合った内容の70%~90%程度決定した案を一般に公開します。

その後、我々で勝手に決めてしまった事なのだけれど、世間の反響はどんなものなのか?といった

世論調査をする目的で、一般国民の方々から意見や情報を募集するためにあります。

これがパブリックコメント = 意見募集になっております。

既にお気づきの方もいらっしゃると思うのですが、新基準の規制内容が公開された時点で、ほぼ内容は決定したようなものですね。

政府の方では規制内容を勝手に決めた上で、一般の方々には少しでも気づかれないように、こっそりと情報を公開。

さらに募集期間のあまりの短さと法案決定日と規制開始日が明確に決定している時点で、もう余程の事がない限りは規制内容が緩い方向へ覆(くつがえ)される事はないという事なのです。

非常に悲しい事ではあるのですが、絶対にここで諦めてはいけないです。

コロナ給付金の時のように意外にも政府と行政機関は世間一般の声である世論調査を気にする所があるからですね(例:世帯主に30万 → 1人10万円に覆されました)


よく見られる人気の関連記事