バイクの選び方まとめ – 原付き50ccは損をしてしまうデメリットが多いので要注意

 バイクの選び方まとめ – 原付き50ccは損をしてしまうデメリットが多いので要注意

原付き(50cc)は損をしてしまう事が多いので、ご注意下さい。

原付(50cc)は、一般道を走行する上で、道路交通法の規定(制限)が厳しく色々な面で不利になることが多いです。

不便になる例としましては、

・制限速度30km(車に抜かれて逆に危ないです…)による反則切符。

・3車線以上には二段階右折...etc

自動二輪免許にはAT限定もございますので、スクーターしか乗る機会がない方でも、

・小型自動二輪免許:平均4.7万~11万前後(~125cc)

・普通自動二輪免許(~400cc):平均6.5万~13万前後

・料金の差は「AT限定」・「自動車免許有無」によって異なります。

小型自動二輪免許を取得するくらいでしたら、普通自動二輪免許取得を推奨ですね。

なぜなら費用の差は2万前後で排気量の選択肢が違うからです!

今は原付2種しか乗らないと思っていましても、もしかしたら?いずれ?排気量アップという事も十分考えられるからですね。

もちろん、ご高齢の方や近所の買い物にしか使わない方で125ccまでしか乗る気がないのであれば、最初から小型自動二輪だけでも十分だと思います!

これからバイクの免許を取得しようとしている方やバイクの購入を検討しているは、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

よく見られる人気の関連記事