iPhone/iPadのバッテリーを長持ちさせるコツ&ベストな充電方法まとめ

iPhone/iPadのバッテリーを長持ちさせるコツ&ベストな充電方法まとめ

はじめに

最近のスマートフォンやモバイルバッテリー、モバイルガジェット(携帯機器)に多く使われているリチウムイオンバッテリーは長寿命で優秀ではあるのですが、リスクと怖さもあります。

このリチウムイオンバッテリーは乗り物のバイクにも使われる事があります。

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひ一緒にご覧になって頂ければ幸いです。

iPhoneバッテリーを長持ちさせるコツ&ベストな充電方法まとめ

iPhoneの充電を程々にするのが長持ちさせる最大のコツになります。

意外と知られていないのですが、リチウムイオンバッテリーは満充電の状態(満タンに充電された状態)を保持すると寿命が短くなる特性があります。

そして、過充電・過放電に非常に弱いですね。

過充電は、満タン状態で、さらに充電のしすぎの事を言います。

過放電は、0%のまま放置する事を言います。

簡単に言いますと「満タン状態」と「空っぽ状態」で維持したままにするのはNGという事になります。

リチウムイオンバッテリーを長持ちさせるためには「80%~90%前後で維持すること」が最大のコツと秘訣になります。

充電ギリギリまで使用して0%のまま放置するのは良くない事であります。

充電が減ったから、すぐに充電するのもバッテリーの寿命を縮める可能性が高いですね。

このバランスが難しいのですが、だからといって「たった10%の領域しか使用出来ないの!?」となってしまっても本末転倒ですね。

個人的にバッテリーを長持ちさせるベストな方法としましては、

・50%~90%状態を保つ

 理想は45%~85%以内を保つ

上記のパーセンテージの間でiPhoneを使用つつ、50%を下回る前に80%~90%まで充電を繰り返す事が大切だと思っています。

最低でも40%を下回る前に充電するのが望ましいですね。

100%満タンに充電しない方法が長持ちさせます。

すぐに使用する場合には満充電(満タンに充電)してもOKです。

その場合、充電が満タンになったら、なるべく早めにiPhoneから充電ケーブルの線を抜く事だと思います。

これは過充電(充電のしすぎ)を防ぐためですね。

そのためには充電時間を事前に把握しておく事が何よりも大切になります。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

iPhone/iPadの爆発&発火/火災対策まとめ

iPhone/iPadの充電用ライトニングケーブルを安く修理/補修する方法

リチウムイオンバッテリーまとめ(メリット/デメリット/寿命/廃棄/回収/バイク/車/スマホ)

iPhone関連のまとめ記事一覧(誰でも簡単に分かる!)

よく見られる人気の関連記事