iPhone/iPadの爆発&発火/火災対策まとめ

iPhone/iPadの爆発&発火/火災対策まとめ

iPhoneから発火!?

最近のニュースでiPhone(アイフォン)が発火した事件がありましたね。

iPhoneが充電中に発火してしてしまい周辺に置いていたコタツテーブルと周辺のじゅうたんが焼けて2階建ての住宅が全焼して死亡してしまった悲しい事件がありました。

今頃になって1億4000万の訴訟にまで発展する事で注目されておりますが、2019年の秋に愛知県で起きたニュースになります。

最近のスマートフォンやモバイルバッテリー、モバイルガジェット(携帯機器)に多く使われているリチウムイオンバッテリーは長寿命で優秀ではあるのですが、リスクと怖さもあります。

このリチウムイオンバッテリーは乗り物のバイクにも使われる事があります。

リチウムイオンバッテリーの基本につきましてはメリット、デメリット、”種類の違いと怖さ”を含めまして、下記にて詳しく解説しております。

 リチウムイオンバッテリーまとめ(メリット/デメリット/寿命/廃棄/回収/バイク/車/スマホ)

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひ一緒にご覧になって頂ければ幸いです。

機種名は何だったの?

iPhone XRだったようです。

どういう経緯で発火してしまったの?

火災原因は特定する事が出来なかったので不明となっておりますが、スマートフォン(iPhone)から出火の可能性があるとなっております。

iPhoneを充電中に発火してしまったようです。

iPhoneの置き場所はリビングにあるコタツの机の上に置いてあったそうです。

コタツには電源が入っていなかったようです。

バッテリーは高温(40度以上)の場所に置くと発火する可能性が高くなります。

どういう状態だったの?

iPhone本体と周辺機器が一体どのような状態だったのか?

詳しく報道されていないので分からない所ではあるのですが、

当方が気になるのは以下です

1.iPhoneXRを使用して何年目だったのか?

2.iPhoneXRのバッテリー&充電ケーブル/ACアダプターは純正だったのか?

3.iPhoneのライトニング(Lightning)に亀裂・損傷はなかったのか?

上記3点の内容が非常に気になりまして一番知りたい所であります。

特に3番の内容ですね。

iPhone XRの発売日は2018年10月26日なので、もし新品で購入していたとした場合、約1年目で発火した可能性があります。

その場合、1年では充電AC電源アダプター&ライトニングケーブルの劣化は考えづらいので純正の能性も高くなりますね。

その後、充電コンセント&ケーブルはアップル純正商品という事が判明いたしました。

そして、リビングにあるテーブルの上に置いて充電しており、コタツの電源は入っていなかったという事です。

但し、iPhoneのLightningケーブルは耐久性がなく最大の欠点だと思っています。

頻繁に充電していれば1年もしない内に配線の被覆が剥き出しになってしまう事が多々ありますね。

これを断線と言います。

被覆(ひふく)= 配線のカバーになります。充電ケーブルの内部には電気が通る配線が入っておりまして、その表面を白いカバーで被せて包み込んでいるので被覆と言います。

断線 = 配線が切れかかったり千切れてしまう事を言います。

また何か分かり次第、追記させていただきますね。

過去にiPhoneで爆発事故はあったの?

最近のニュースでは、

2016年にアメリカでiPhone6 Plusが爆発しています。充電中に大きな爆発音と焦げ臭い匂いで目が覚めると黒煙を上げて真っ黒だったようです。充電には付属品の純正ACアダプタ+純正Lightningケーブルを使用していたようです。

2017年にアメリカでiPhone7 Plusが爆発しています。

2018年に中国(上海)でiPhone6が走行中の車にあるダッシュボードの上においた状態で爆発しています。

2019年にアメリカでズボンのポケットに入れた状態でiPhone XS Maxが爆発して怪我をしています。

2021年にイギリスで就寝中にApple純正ケーブルを使って充電していた所、発火しています。オレンジ色の炎が燃え上がっていて、慌てて日を消し止めたそうです。

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9397099/Girl-17-left-burns-face-iPhone-charger-burst-flames.html

そして、今回の愛知県の火災事故も2019年の秋・iPhone XRですね。

どんな対策をしたら良いの?

40度以上になりそうな高温になる場所(車内/窓付近)に放置しないという事を大前提として、

1.バッテリー

バッテリーの消耗や膨張したら必ず新品へ交換して下さい。

アイフォンを使用していて熱くなったりする時があったら要注意ですね(黄色信号です)

当方では何度か純正以外のバッテリーに交換した経験があるのですが、バッテリーが膨らんでしまう粗悪品にあたった事がありました。

このような状態になってしまうと危険な状態ですね。

PSEマークがついてないバッテリーで多くの火災が起こっておりますので、バッテリーを購入される際にはPSEマークを確認する事が大切になります。

バッテリーの消耗は大体2年目辺りから徐々に消耗していきます。

下記にてバッテリーの詳しい故障前兆&劣化症状をまとめておりますので、ぜひ一緒にご覧下さいませ。

iPhone/iPadシリーズで経験した故障 & トラブルと解決策まとめ

iPhoneのバッテリー交換方法と手順まとめ

2.充電用ライトニングケーブル(Lightning)

iPhone唯一のデメリット(悪い所)で個人的には欠陥品だと思っているライトニングケーブル(Lightning)は、すぐに被覆のゴム部分が破けてだめになってしまいます。

そのまま放置してしまうと火災の原因になりかねます。

下記にて詳しく解説しておりますので、必ず対策を行って下さいませ。

iPhone/iPadの充電用ライトニングケーブルを安く修理/補修する方法

3.iPhoneの充電をバランス良く程々にするのが最大のコツです。

リチウムイオンバッテリーは過充電・過放電に非常に弱いです。

過充電は、充電のし過ぎの事を言います。

過放電は、0%のまま放置する事を言います。

→ iPhone/iPadのバッテリーを長持ちさせるコツ&ベストな充電方法まとめ

リチウムイオンバッテリー弱点とは?

1.高温・高熱に弱いです(40度以上) 実は低温にも弱いです。

2.衝撃や水没にも弱いです。

3.過充電(充電のしすぎ)や過放電(充電のしなさすぎ)にも弱いです。

発火や火事にならないためにも大切なこと

電源タップやタコ足配線にしても電源コンセントの穴は1口(15A上限)・USBの穴は1口(5A上限)を守って頂くのは当然なのですが、それよりも大切な事があります。

 A(アンペア数)を求める計算方法まとめ【電源コンセント/タップ/USBの上限定格電流】

定期的に電源コンセントの埃(ほこり)の清掃と抜き差しをする事が何よりも大切になります。

理想は3ヶ月~半年に1度、最低でも年末の大掃除の時でも1年に1回はチェックして下さいませ。

この日々の積み重ねによる”確認作業”が出来るか?出来ないか?が些細な事ではあるのですが、後々大きなものになります。

電源コンセント関連ではなく壊れやすい昔のバイクでの経験談になりますが、軽いトラブルで助かった事が何度もありました。

定期的にチェックする姿勢が「事前に故障やトラブルを防ぐ”最強で最大のトラブル予防策”になる」と個人的な経験から思っています。

過去の散々なトラブル経験から学ぶ事が出来ました。

それくらい本当に大切だと思っています。

火災対策として一家に一台

火事にならないためにも

火災スプレーは一家に一台

絶対に用意してあった方が良いと思います。

当方もiPhoneではないのですが、古いバイクで消防車を呼ぶ程の火災になりかねない経験をした事があります。

火というのは恐ろしく、あっという間に見る見る内に燃え上がります。

小さな火のともしびから数秒もしない内に数メートルの高さまで燃え上がる瞬間を目の前で見ております。

一度でもあの怖い経験をしたら絶対に「火災スプレー」は一家に一台必要だと教訓から学べました。

エアゾール式簡易消火器 クイックガード(1,800円前後) 

maruyama 火消しスプレー 1-8052-11 (3) 

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

→ iPhone/iPadのバッテリーを長持ちさせるコツ&ベストな充電方法まとめ

 iPhone/iPadの充電用ライトニングケーブルを安く修理/補修する方法

 モバイルバッテリー等で発火・爆発させないための対策まとめ

 リチウムイオンバッテリーまとめ(メリット/デメリット/寿命/廃棄/回収/バイク/車/スマホ)

iPhone関連のまとめ記事一覧(誰でも簡単に分かる!)

よく見られる人気の関連記事