セルモーター/スターターのトラブル集(故障症状/寿命/ソレノイド/ワンウェイクラッチ)

● セルモーター/スターターのトラブル集(故障症状/寿命/ソレノイド/ワンウェイクラッチ)

セルスターター(セルモーター)とは?

ボタン1つでバッテリーの電気を使ってモーター回転させてエンジンをスタートさせています。

キックスタートはボタンの代わりに人間の脚力でスタートさせる方法になるのですが、キックギアを回転させてミッションからエンジンまで伝わって最終的には電気の力を使ってエンジンをスタートさせていますね。

エンジンのオルタネーター/ステーターコイルから自家発電(セルフ)した電気始動(スタート)させる事からセルスターター(セルモーター)と名付けられています。

自家発電(セルフ)+ 電気始動(スタート)を組み合わせて「セルフスターター」の略になっています。

ハーレーのセルモーターにはショベルヘッド時代は「日立製」、それ以降は「DENSO(デンソー製)」といった国産メーカーが採用されています。

セルモーターの動きはエンジンを始動させて回すために必要な歯車ギアを押し出す部分(ソレノイド)とエンジンを回すためのモーター部分(セルモーター)の2つの部品の仕様で構成されています。

2つに分かれている理由はエンジンに直結させてしまう事で、常にエンジンの回転によりセルモーターも一緒に回転して、すぐに消耗して焼きついてしまうからなのです。

そのため、エンジンとは別にセルモーターを用意して始動する時だけに歯車のギアが飛び出て回る仕組みになっています。

セルボタンを押す事によりセルモーターを回転させる電気がゆっくりと流れます。ゆっくり電気が流れた後にソレノイド内部にある真ん中の円盤(◎)が押し出されてバッテリーの(+)からの電流がセルモータに流れる仕組みになっています。

ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)の小さな歯車の形をしたギアとスターターリングギア(クラッチケースの奥側に付いている直径が大きな輪っかの形をした歯車)が噛み合うことで動きます。

ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)の小さな歯車が飛び出してスターターリングギア(クラッチケースの奥側に付いている直径が大きな輪っかの形をした歯車)と噛み合う事で回転させてエンジンが始動する仕組みになっています。

どんな時にセルがあると便利なのか?(メリット)

どんなに古いバイクであっても、セルボタンさえ1つあれば、誰でも簡単に楽々エンジンが始動出来るのが最大のメリットになります。

古いバイクになりますと冷間時の朝一や暖気後の始動性が悪かったりする事があるのですが、セルスターター/セルモーターでは電気の力を使って糸も簡単にエンジンを掛けてくれる心強い見方になります。

古いハーレーのエンジンの掛け方/儀式とは?(キック始動手順と意味)【ショベルヘッド】でも解説させて頂いている内容になるのですが、

セルが搭載されていないキック始動オンリーのバイクに乗っていて大きな幹線道路や国道や県道、市道に関わらず、道路に一歩でも出て何らかの理由でエンストした時ですね(笑)

特に後続車がいる状況にて「信号待ち」や「大きな交差点(右折専用車線)」でエンストした日には、それはもう最悪な状況です。

その場で落ち着いてエンジンを掛けても良いのですが、多くの方は後続車の迷惑にならないように…と道路端や歩道まで押して歩いていきながらエンジンを再始動させている方が多いと思います。

エンストしてしまった原因にも様々ありましてクラッチ操作によるミスだったら全然問題ないのですが、アイドリングが安定しない故障やトラブルに関係するエンストだった日には参ってしまいますね。

車体から降りて押して歩こうとしているにも関わらず無意味にクラクションを鳴らしてきた車がいたりと…私も散々な目に遭って色々と経験してきましたので、とても皆様の気持ちが分かります。

それに加えて、その場で再始動出来ないトラブルが発生したりすると大排気量エンジンのキック始動オンリーがしんどくなりまして、もう本当に手放したくなる気持ちになります。

というよりも安心・安定してバイクに乗れないのが、もっとも嫌な気持ちになってしまいます。

そんな時にセルボタンさえあれば、どんなに救われたか…と何度思った事だか数え切れません。

セルスターターさえあれば、ハーレーの特別な儀式や脚力を使ったキック始動が一切不要になりますので何も困る事がないのが最大のメリットであります。

セルモーターが搭載している事で何か困ることってあるの?(デメリット)

メリットと比較しますと、特別これといったデメリットはありません。

しいて申し上げるならば、セルモーターが搭載する事で車両の重量が重くなってしまうという点です。

他には「ショベルヘッドの後付セルモーターまとめ(オープンプライマリー/テックサイクル)」でも解説させて頂いているのですが、

昔ながらのキック始動オンリーのバイクにおいてはエンジンを始動させる際にはハーレー特有の儀式と手順が必要だったり、慣れるまでに色々とつらい事や苦労を絶えない事が多いと思います。

その分だけシンプルな必要最低限の構造設計と電気配線になりますので、何かトラブルがあったとしても比較的すぐに原因を特定して出来たりしますので、シンプルイズベストな状態になっています。

これに対しまして、セルを搭載する事によって電気配線が複雑になってしまったり、スタータースイッチ、スターターリレー、ソレノイド、ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)、スターターリングギアといったセル関連の沢山のパーツ部品が追加されますので、余計なトラブルを招くといった可能性が出てきてしまいます。

それが唯一のデメリットになると思います。

しかし、普段からセルボタンで誰でも簡単に楽々エンジンが始動出来る最大のメリットがあり、その恩恵(おんけい)を受けておりますので、そんな内容に比べたら、ちょっと部品が増えただけでも頻繁にトラブル故障が起きる訳ではありませんので、デメリットにはならないくらいですね!

そんな事よりも古い昔のハーレー(ショベルヘッド/パンヘッド/ナックルヘッド)のオープンプライマリーベルト状態のままフルカスタムされた車両へセルスターター/モーターを後から追加しようとすると、とんでもない金額が掛かってしまいます。

テックサイクル製(TechCycle製)セル付きスターターモーターの本体価格21万(以前は15万前後でした)+取付工賃と加工費用を含めましても、合計30万~40万を軽くオーバーしてしまいます。

これが何よりも最大のデメリットだと思っています(笑)

セルに関する故障&トラブル集と症状まとめ

・セル関連の故障やトラブルはセルモーター本体自体がだめになる事は非常に稀なレアケースになります。

・その理由の1つとして、セルモーター本体には国産メーカーのパーツが多数採用されており、そのくらいセルモーター本体は、しっかりとした設計で頑丈に出来ています。

・海外メーカーであるハーレー(ハーレー・ダビッドソン)のセルモーターにはショベルヘッド時代は「日立製(HITACHI)」、それ以降は「デンソー製(DENSO(デンソー)」といった国産メーカーが採用されているくらいになります。

・そのため、セルモーター関連を分解&組み立てる際にはインチ(inch)工具ではなくミリ(mm)工具が必要になってきます。

・セルに関するトラブルの原因の多くは、セルスターター関連パーツによるソレノイド / ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/スターターピニオンギア / スターターリレー / リングギアの故障になります。

・故障やトラブル時の症状別に誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

・セル関連で、もっとも頻繁に多い故障やトラブル箇所のベスト3は「バッテリー上がり(電圧不足)」「ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)」「ソレノイドの故障」の3点になります。

・セルボタンを押しても何も反応がない場合、「バッテリーの電圧不足」「ソレノイドの故障」「配線不良」「セルボタン(スタータースイッチ)」が原因になります。

・セルボタンを押しても「カッカッカッ」「カチカチッ」「コツコツッ」という引っかかるような連続音が鳴ってエンジンが掛からない場合、「バッテリー」「ソレノイド」が原因になります。

・セルボタンを押しても「カチッカチッカチッ」というマウスをクリックする小さな音がしてセルモーターが回らずにエンジンが掛からない場合、「スターターリレー」が故障しています。

・セルボタンを押しても「ウィ~~~~ン」というスムーズな機械音と共にセルモーターだけが回ってエンジンが掛からない場合、セルモーター内部にある「ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)」が故障しています。

・ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)の故障や前兆の特長として「ガチャンッ」「ガシャンッ」「ガチッ」「ガシャ」「ガキッ」「カンッ」「カキンッ」という金属のような大きな音と共にエンジンが始動したりしなかったりの動いたり動かなかったりといった症状があります。

・テックサイクル(TechCycle)で「ガガガガ」「ガチャッ」といった異音はスターターピニオンギア(小さな歯車のギア)が削れてしまう症状になります。

・遊びがある事でワンウェクラッチのスターターピニオンギア(小さな歯車)が飛び出てスターターリングギア(クラッチケースにある大きな歯車/ベルトの奥側)が擦れ合ってしまい異音が出てしまいますので、スプリングで遊びを対策する必要があります。

ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)とは?

・エンジンとセルモーターの橋渡しとして連動させる部品でセルのスタータークラッチの事を「ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)」と言います。

・ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)は小さな歯車の形をしたギアになっています。

・1wayという名前の通り、一方向のみに回転して力が加わる仕組みになっています。

・ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)が故障しますと両方向に回るようになってしまう事でスターターの力が伝わらず、空転の空回りしてしまいます。これによりウィ~~~ンといったモーター音だけが鳴る故障となります。

・ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)の故障原因の1つとして電圧が弱ったバッテリーでセルを回し続ける事で故障しやすくなります。

・この原因はワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)の構造上、バッテリーが元気な状態で大きな力が瞬時に掛かった場合にはきちんとロックして稼働するのですが、中途半端な力で、ゆっくりと掛かったりしたら滑ってしまいます。

・この滑りが段付きと言われる磨耗の最大の原因で故障しやすくなります。よくセルボタンを押してエンジンが掛かりづらい時に「キュッ…キュキュッ….キュッキュッ……etc」といった事を何度も繰り返す行為は徐々にダメージを与えています。

・そうならないためにも常に「バッテリーの電圧」を把握しておく事と「スターターリレーの故障(セル本体の状態含む)」を見逃さない事が何よりも大切になりまして故障しづらくなる最大の対策になります。

ソレノイドとは?

・セルモーター内にタルの形をした部品が装着されておりまして、これをスターターソレノイド(電磁スイッチ)と言います。

・ソレノイドにはキノコの形をした棒状部品がスプリングと共に入っています。プランジャー/リターンスプリングと言われる円盤型の銅端子がついた部品になります。

・ソレノイドは「セルモーター本体」「スターターリレー」「バッテリー(+)」の3つの配線が繋がれています。

・ソレノイドはバッテリーから直接モーターに電気を流す役割のスイッチになっています。セルスターターを回す時に大きな電流が必要になります。大きさの違うスイッチを組み合わせる事で流す電流を増幅する構造になっています。

・セルボタンを押す事でソレノイドが飛び出て動く仕組みになっています。

・ソレノイドの故障原因としてはセルノイドの配線劣化、セルノイド本体内部の経年劣化による腐食が原因で故障してしまいます。

ラチェットトップとロータリートップの違い(シフト時の感触比較)

ソレノイドスタータースイッチとは?(直押しボタン)

・セルを動かすためにはセルボタンを押してスターターリレーを通りましてソレノイドまでアクセスしています。

・ソレノイドのボタン(スタータースイッチ)を用意する事でスターターリレーを通さずに直接ソレノイドを動作させてセルを動かす事が出来ます(スターターリレーが不要になります)

・ソレノイドのスタータースイッチ本来の目的はスターターリレーが故障した時の緊急用のためにダイレクトでセルが回るように緊急時のためのセルスタートして用意されておりました。

・例えば出先にて「カチッ、カチッ….etc」といってセルのスターターリレーが故障した時にソレノイドのスタータースイッチ(直付ボタン)を押す事でスターターリレーを通さない分だけ余計な電力が消費せずにセルが回ってエンジンを始動させる事が出来ます。

・セルのスターターリレーが不要になりますので、余計なトラブルがなくなるのが最大のメリットになります。また、バッテリーが少し弱った状態の時にも有効になります。

セルの配線図について

・イグニッションスイッチ/キー~~~セルボタン(スタータースイッチ)~~~スターターリレー~~~ソレノイド~~~~セルモーター本体へと繋がっています。

・スターターリレーには「セルボタン(スタータースイッチ)」「ソレノイド(ソレノイドからセルモーター本体へ)」「バッテリー(+)」「ボディーアース(-)」と4つの配線が繋がっています。

・バッテリーの状態が正常でもスターターリレーが故障しているとセルは動きません。

・スターターリレーが動いていてもソレノイドまで電気が流れていなかったり、ソレノイド本体が故障している場合にはセルは正常に動きません。

・スターターリレーとソレノイドが正常に動作していてもセルモーター内にある「ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)」が故障していたら正常に動作しません。

・セルモーターを動かすためには「スターターリレー」「ソレノイド」「ワンウェイクラッチ(スタータークラッチ/ピニオンギア)」の3つの部品が、とても大切になります。

ショベルヘッドまとめメモ帳では誰でも理解出来るように「キックの配線図」~「セルの配線図」をご用意しております!

ショベルヘッドのフルカスタム(オープンプライマリー)に後からセルは装着できるの?

下記にて詳しく解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

ショベルヘッドの後付セルモーターまとめ(オープンプライマリー/テックサイクル)

きちんと整備されたショベルヘッドにてエンジンが掛かりやすい最強のセットアップをすれば、キック始動オンリーでも国産車並と言いますかセルのように楽々エンジンが掛かります!

詳しくは

古いハーレーのエンジンの掛け方/儀式とは?(キック始動手順と意味)【ショベルヘッド】

・季節問わずエンジンが掛かりづらい方 & 冬になると極端に掛からない方は絶対に必見です!

をご覧下さいませ。

その他、

【ハーレー】ショベルヘッドまとめメモ帳(困った時の故障&トラブルノウハウ集)では誰が見ても理解出来るように1つ1つ項目別に丁寧に分かりやすく解説した初心者向けの詳しい内容となっておりますので、他の整備本や解説では分からなかった方でも絶対に理解出来ると思います!

当方の説明が少しでも分かりやすいと感じられましたら、ぜひ「ショベルヘッドまとめメモ帳」に目を通してご検討頂けますと本当に嬉しく思います(^-^)/

 ハーレー関連記事一覧(ショベルヘッド/エボリューション/ツインカム/スポーツスター)

 ハーレーとは?(ビックツイン/スポーツスター/ベビーツイン/V型2気筒/空冷)

 ハーレー3つの魅力と楽しさとは何か?(メリット/デメリット/ハーレーダビッドソン)

 ショベルヘッド3つの魅力と楽しさとは何か?(メリット/デメリット/ハーレー)

 初めてのハーレーの選び方まとめ(おすすめ/初心者/購入/中古/カスタム/注意点/後悔/失敗)

 ハーレー購入後の年間維持費まとめ(ショベルヘッド/エボ/ツインカム/スポーツスター)

 ハーレーってすぐ壊れたり故障のトラブルが多いの?(ショベルヘッド/エボ/ツインカム)

 古いハーレーでも年式=壊れやすさは関係するの?(故障/トラブル/ショベルヘッド)

 季節問わずエンジンが掛かりづらい方 & 冬になると極端に掛からない方は絶対に必見です!

 古いハーレーのエンジンの掛け方/儀式とは?(キック始動手順と意味)【ショベルヘッド】

 CVキャブレターの魅力とベストセッティング & 三拍子の燃調方法【安心/安定/最高!】

 ハーレーお決まりの三拍子にする方法と仕組みまとめ(音声あり/回転数/デメリット)

 プラグのトラブル&正しいメンテナンス方法(清掃/交換手順/故障前兆の症状)

 プラグコードの緩みが原因によるエンスト症状まとめ【バイク/ハーレー/ショベル】

 エンジンオイルの基本&過去に経験したトラブル症状(寿命/交換時期/頻度)

→ バッテリー上がりのトラブル時にエンジンを掛ける方法まとめ(症状/原因/対策/充電/JAF)

→ ジャンプスターターの選び方&使い方まとめ(おすすめ/バイク/車/バッテリー上がり)

→ バッテリー充電器/充電方法の使い方まとめ(おすすめ/交換時期/目安/寿命/車/バイク)

→ バッテリーの寿命が分かる!CCAテスター測定器の選び方&使い方(基準値/CCAとは?)

 電気テスターの選び方&基本的な使い方/見方/意味/導通/測定(おすすめ/車/バイク)

 リチウムイオンバッテリーまとめ(SHORAI/ショーライ/長寿命)

→ インジェクション車(FI)とキャブレター車の違いまとめ(見分け方/メリット/デメリット)

 インジェクション車(FI)とキャブレター車の正しいエンジンの掛け方/始動方法まとめ

 セルモーター/スターターのトラブル集(故障症状/寿命/ソレノイド/ワンウェイクラッチ)

 ショベルヘッドの後付セルモーターまとめ(オープンプライマリー/テックサイクル)

ダイナ2000i まとめ(フルトラ)

ダイナSの点火時期調整方法まとめ編(セミトラ)

ポイント点火の点火時期調整方法まとめ編

点火時期の調整が早い場合 or 遅い場合の症状まとめ(メリット&デメリット)【バイク/車】

 ガバナーの故障前兆&トラブル症状(アドバンスユニット)【バイク/ハーレー/ショベル】

→ イグニッションコイルの故障前兆・トラブル症状まとめ【バイク】

→ レギュレーターの故障前兆 & トラブル症状まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

オルタネーター&ステーターコイルまとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ バイクのよくある故障前兆 &トラブル症状まとめ

→ 古いバイクで突然エンストしたら何をチェックすればいいの?

→ エンジン始動後、アイドリングが安定しないエンスト症状の原因まとめ

→ エンジンが暖まっている時に掛かりづらくなる症状のトラブルまとめ

→ キャブレターのよくあるトラブル & 故障まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

 キャブレターやマフラーからのバックファイヤー&アフターファイヤーまとめ

→ キャブレターの二次エアー症状のまとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ ショベルヘッドの二次エアーのトラブル&故障症状(インテークマニホールドシール)

→ ショベルのクラッチ調整 & 清掃方法(オープンプライマリー)【バイク/ハーレー】

→ プッシュロッドの調整方法まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ 暖気後にエンジン周りからカンカン音が鳴る症状まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ オイル上がり&オイル下がりの症状まとめ【エンジントラブル/白煙/車/バイク】

→ オーバーヒート症状の見分け方【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

 油圧計/油温計/オーバーヒートの意味と重要な役割とは?(バイク/ハーレー)

→ バイクのメンテナンスに必要な用品まとめ(購入先一覧/バイク/ショベルヘッド)

→ グリス&スプレーの使用箇所まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

→ ショベルヘッドのおすすめ消耗部品まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー)

→ ショベルヘッドを整備する上で必要な工具/テスター/電気配線/ケミカル用品(購入先一覧)

→ 初めてバイクの電気配線を整備するために購入しておけば間違いない物一覧(購入先一覧)

→ ショベルヘッドの外出先で必須の携帯工具一覧(購入先一覧/バイク/ハーレー)

ショベルヘッドの外出時にツールバッグへ積んでいる安心の予備パーツ一覧(ハーレ)

ハーレーの取り締まりQ&A疑問まとめ(マフラー規制/サイドナンバーの角度&向き)

ハーレーダビッドソン キングオブザロードDX&LAライダーズまとめ(ゲーム/SEGA)

ハーレー三拍子の余談編 - 三拍子サウンドが聞ける!(似ている音/動画)

最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!

「質素な日常のお役立ちまとめ」
 日常生活で困った時の解決策と対処方法から便利でお得な情報を誰でも分かるように解説しています!「誰でも簡単に・分かりやすく・読みやすい」の三拍子を常に心掛けております。何かお役に立てる事がございましたら、どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせ頂けると嬉しいです(^-^)/