マイナンバーカードの作り方&申請方法まとめ(お申し込み手順/PC/スマホ)

マイナンバーカードの作り方&申請方法まとめ(お申し込み手順/PC/スマホ)

マイナポイントがもらえる期間/期限が9月30日までに延長しました。

当初、マイナポイントがもらえる期間/期限は2020年9月1日~2021年3月31日までだったのですが、2021年9月30日までに延長する事が決定いたしました。

但し、これには条件と落とし穴がありますので、ご注意下さいませ。

2021年9月までの延長となる条件は

・2021年4月30日までに「マイナンバーカードを申請した人が対象」

となってしまうとの事です。

簡単にまとめますと、

マイナポイントをもらえるための条件として、

1.マイナンバーカードの申請期限が「2021年4月30日」まで!

 申請が5月1日になった時点でマイナポイントの対象から外れてしまいます。

但し、カードの受け取りは5月以降になっても大丈夫です。

マイナポイントをもらうためには4月30日までにマイナンバーカードを申請手続きだけすればOKという事になります。

2.マイナポイントのお申し込みは「2021年9月30日」までOKです!

 マイナンバーカードを受け取った後にはマイナポイントの申請手続き(紐付け設定)が必要になります。

このマイナポイント手続は9月30日までに行えばOKという事になりますので十分余裕がありますね。

<4月下旬追記>

その後、4月下旬からの再延長&延期は行われないという事が発表されました。

これにより完全に4月30日締め切りとなりました。

まだマイナンバーカードをお持ちでない方はお急ぎ下さいませ。

マイナンバーカードって何なのさ?(マイナンバーカードとは?)

マイナンバーカードの公式サイトを見れば手順が説明されているのですが、どうもごちゃごちゃしていて分かりづらいですよね。

・マイナンバーカードとは?

・手元にある紙タイプの通知カードとは違うの?

・通知カードとマイナンバーカードの違いとは?

上記を含めまして、ここでは誰でも分かるようにマイナンバーカードの作り方の説明をシンプルにまとめております!

数年前に国民全員に向けて市役所(市区町村)から郵送で配布された紙ペラ1枚の数字番号だけ記載された下の緑色の”通知カード”ではありません!

通知カード

これはマイナンバーカードではなく「通知カード」になります。

この緑色の通知カードに付属されている別紙があります。

別紙に記入して新たにお申し込み手続きをする事で、初めてマイナンバーカード=個人の身分証明書代わりになる写真付きのプラスチックカード”が受け取れます。

マイナンバーカード

つまり、通知カードとは別で新たにお申し込み手続きが必要な写真付きのプラスチック製カード(身分証代わりにもなります)が「マイナンバーカード」になります!

このマイナンバーカードが”マイナポイント”をもらうためには絶対に必要になります。

どうやってマイナンバーカードを作ればいいの?

マイナンバーカード申請交付手続きの手順とは?

まずマイナンバーカードを作るためには「申請書ID」が必要になります。

・申請書IDって何なの?

「通知カード」に付属されている別紙に「申請書ID=23桁の数字」が記載されています。

この数字を元に新たに「パソコン(スマホ)」or「郵送」or「街にある証明写真機(証明写真の機械)」にて申し込み手続きをする事で「マイナンバーカード」を作って受け取る事が出来ます!

とは言いましても、

今頃になって何年も前に受け取った「通知カード」に付属されている「別紙の申請書ID = 23桁の数字」なんて保存されている方なんていないと思います(いても極わずかですよね)

これが面倒な事にパソコン & スマホや証明写真機でマイナンバーカードの申請手続きをするためには、この時に「申請書ID = 23桁の数字」が必要になってきてしまうのです…

そうなってしまうと、

最終的には「郵送にて手続き」をする事ができます。

もう、この方法が一番手っ取り早いです。

自宅にプリンターがない方はセブンイレブンの「ネットプリントサービス」で簡単に印刷する事が出来ます。

郵送で手続きされる方へ

郵送にて手続きをする事になります。

手順は、とても簡単です。

・パスポート用の証明写真1枚(高さ45mm x 幅35mm)を用意します。

【簡単】自宅で簡単に証明写真が作れる「証明写真をつくろう」のまとめ

下記2点を印刷して郵送すればOKです。

郵便代は「無料」になります。

交付申請書のダウンロードはこちら

封筒材料のダウンロードはこちら

詳しくはマイナンバーカード総合サイト(郵送による申請サイト)をご覧下さいませ。

もしくは、直接最寄りの市区町村役場に出向いて手続きが必要になります。

市区町村役場(市役所/区役所)で手続きされる方へ

最寄りの「市役所/区役所/市区町村役場へ出向いて直接申請する方法」になります。

その場合に必要な持ち物は、

1.マイナンバーカード交付申請書(当日窓口でもらえます)

2.通知カード(ペラペラの紙です)

3.印鑑(認印可・自署できれば無くても可能です)

4.本人確認書類

<本人確認書類とは?>

運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カード・マイナンバーカード・旅券・在留カード・特別永住者証明書・障害者手帳等

いずれかでOKです。

・証明用顔写真1枚

直近6カ月以内に撮影・写真サイズは高さ45mm x 幅35mm

【簡単】自宅で簡単に証明写真が作れる「証明写真をつくろう」のまとめ

写真付きのプラスチック製カード(身分証代わりにもなります)が「マイナンバーカード」になります。

マイナポイントをもらうためには絶対に必要になります。

 マイナンバーカードの交付申請 & 作り方の手順まとめ

申請してから発行されるまでの流れはどうなっているの?

1-a.マイナンバーカードを郵送で申し込みをします。

通知カードに入っていた別紙記載の「数字23桁」が分からない方です。

ほとんどの方が紛失したりしていると思いますので、こちらに該当すると思います

または

1-b.パソコン(PC)or スマホから申請手続きをします。

通知カードの別紙記載の「数字23桁」が分かる方は申請できます。

2.国でマイナンバーカードの発行が完了すると、まずは自宅宛に「通知ハガキ」が届きます。

 マイナンバーカード申込後、何日で通知書類/カードが届くの?(申請後/カード受取手続き後)

3.通知ハガキを持って「最寄りの市役所(市民課)」へ出向いて交付手続きをします。

 暗証番号セキュリティ(6桁以上の英数字パスワード & 4桁の数字)の設定をするために市役所へ出向く必要があります。

当日はマイナンバーカードは発行されません。

4.後日郵送(本人受取限定郵便)にてマイナンバーカードが届きます!

 マイナンバーカードの受け取り手続きまとめ(当日の手順/場所/時間/代理/土日)

 マイナポイントの簡単な申請手順と方法まとめ(初めての方 & 予約済みの方)

ぜひ1つの参考にしていただければ幸いです。

マイナンバーカードの更新方法と手順まとめ(電子証明書の更新含む)

カードリーダーの選び方&使い方まとめ(おすすめ/マイナンバーカード/確定申告)


マイナンバーカードを健康保険証に一体化とは?(メリット/デメリット)

マイナンバーカードを健康保険証に一体化する登録&利用申込み手順まとめ


マイナンバーカードを運転免許証に一体化とは?(メリット/デメリット)


マイナンバーカードの作り方&申請方法まとめ(お申し込み手順/PC/スマホ)

マイナンバーカード申込後、何日で通知書類/カードが届くの?(申請後/カード受取手続き後)

マイナンバーカードの受け取り手続きまとめ(当日の手順/場所/時間/代理/土日)

マイナンバーカード受取時の混雑状況&待ち時間まとめ(市役所/区役所/町村役場)

マイナンバーカードの紛失と再発行まとめ(再交付/電子証明書/健康保険証/運転免許証)


市役所/区役所/町村役場の混雑状況まとめ(空いている曜日&時間帯)

限度額適用認定証/高額療養費制度を分かりやすく解説


マイナポイントとは何か?(もらえる期間と条件/必要な物)【延長で2021年9月30日〆切】

マイナポイントの簡単な申請手順と方法まとめ(初めての方&予約済みの方)

PC版のマイキーID作成・登録準備ソフトでインストールエラーの解決策(マイナポイント)

突然のSMS「PayPayよりマイナポイントが当選しました」とは?


よく見られる人気の関連記事