Googleカレンダーの使い方

 HTML出力設定方法
右上のアイコン

設定

カレンダー設定の「カレンダー」

上記にてソースを取得可能です。

タイトル:スケジュールカレンダー
サイズ:左サイドに入るサイズであればOKです。

 補足事項・・・ログアウトすると全て「予定あり」になってしまうので、2点要設定。
・GoogleApps上のカレンダー権限を全て:
「予定の時間枠のみを表示」から
「すべての情報を共有し、カレンダーを管理できます」に変更

・GoogleApps以外にもカレンダー管理画面の
「カレンダーを共有」も閲覧権限(全ての予定の詳細)に変更

スケジュール入力方法
Googleカレンダーのスケジュール入力方法についての解説になります。

細かい時間を入力することがなければ、「週」よりも「月」で管理した方が入力しやすいと思います。

カレンダー
1)Googleカレンダーにログインします。
https://www.google.com/calendar/render?hl=ja#main_7

2)右上の「日・週・月・4日・予定リスト」の中から「月」を選択した上で、スケジュールをいれたい日付を選択します。クリックすれば予定入力画面がでますので、下記の通りシンプルに記号を入力していただければOKです。

○ ※まるを変換すると表示されます。
△ ※さんかくを変換すると表示されます。
X ※半角英数字のX(えっくす)で表示されます。

若干カレンダーからはみ出てしまうのですが、細かく時間を入力したい場合には、

▼ 12時~18時指定の例:
12:00-18:00 ○ 予約受付可能

▼ 10時指定の例:
10:00 ○ 予約受付可能

▼時間を指定しない1日の例
○ 予約受付可能

さらに編集をクリックした上で、チェックボックス「終日」「繰り返し」を設定することで、同じ予定の内容を自動的に設定することも可能でございます。同じ内容を「繰り返し」に設定することで入力の手間が省けますので、ぜひご活用していただければと思います。

管理画面で設定した色はWebサイト上では連動して表示されないようです。1色に固定されてしまいますので、予めご了承いただければ幸いです。複数のカレンダーを作成して表示させる裏技もあるようなのですが、管理が大変になりますので、現状のままがおすすめですね。

例えば時間帯を何時から何時までと指定したい場合には、タイトルを以下の通り半角数字で入力いただければOKです。

▼ 12時~18時指定の例:
12:00-18:00 ○ 予約受付可能

▼ 10時指定の例:
10:00 ○ 予約受付可能

▼時間を指定しない場合の例
○ 予約受付可能

同じ日付をクリックすることで、
いくつも予定を追加することが可能です。

▼活用例:
A占い
B占い
12:00-15:00 A占い
12:00-15:00 B占い
13:00-16:00 C占い

このように活用すれば新たに入ってきた占い師さんのスケジュールもバッチリですね。既存の予定をクリックすると変更が可能です。

さらに詳しい詳細事項を入力したい場合にはタイトル下にあります「予定を編集>>」をクリックいただきまして、

場所:ここに場所 なければ未記入
説明:ここに詳細説明を入力することが可能です。
※但し、場所&説明に関しては、Webサイトの
カレンダー上では詳細をクリックしない限り、お客様の方で確認出来ません。

さらに予定編集欄の上の方にあります。

チェックボックス「終日」「繰り返し」を設定することで、同じ予定を自動的に設定することも可能でございます。※同じ内容を「繰り返し」に設定することで入力の手間が省けますね。

最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!

「質素な日常のお役立ちまとめ」
 日常生活で困った時の解決策と対処方法から便利でお得な情報を誰でも分かるように解説しています!「誰でも簡単に・分かりやすく・読みやすい」の三拍子を常に心掛けております。何かお役に立てる事がございましたら、どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせ頂けると嬉しいです(^-^)/