フェイスブックの活用方法まとめ

フェイスブックについてになります。

基本的な使い方は公式で発表しておりますので、
割愛いたしますが、集客に関する活用方法・注意事項等を説明いたしますね。

Facebookは既に知名度がある大手企業などはいくらでも活用方法はあるのですが、
小規模・中小企業がビジネスに上手く取り込んで活用するのは難しいのが現実ですね。

世間では一時期ソーシャルメディアサービスと騒がれていましたが、
現実を見るとFacebookを活用するためのセミナーや書籍ばかりが、
一方通行で盛り上がっている感じが否めないと思います。

しかし、”写真で多くを表現して魅せる業種”の場合には、
Facebookで定期的な投稿をするのは集客に有効だと考えております。

・”美容”関連の業種(お客様の紹介)
・飲食店(今日の料理)
・結婚式場(結婚式の演出や新郎新婦の紹介)
・工務店・建築関連(新築・リフォームのビフォーアフター)
・不動産(物件の紹介)
・バイク屋(バイクの修理・カスタム)
・ネットショップ(新商品を画像付きで解説)
・車屋(車の修理・板金のビフォーアフター・カスタム)

とある美容室のオーナーがいっていたのですが、
モデルの撮影した写真をとにかく2000枚ぐらい自分のブログにアップし続けたら、
新規のお客様がみるみる内に増えていったというのが印象深かったです。

それだけ写真で表現するということは重要ということですね。

写真で表現する場の少ない業種にはあまり向かないですね。
その場合にはオススメしておりません。(当サービスのようなBtoB)

ツイッターや日記感覚で、日々の出来事や
本日のお客様という形で写真付きで投稿ですね。
ゆる~い感じがポイントです。

本日の投稿に対して「いいねボタン」をクリックした方に限り、
○○%割引・○○特典付けます!という事もできますね。

興味があるものは自然と日常的な内容でも見てしまうものですね。

○○様の専用ページの公開範囲は
必ず「公開」で投稿するようにお願い申し上げます。

一般的に表示されるニュースフィードというのは、
投稿した記事の公開範囲により、「いいね!」や「コメント」の
ニュースフィードに表示される人が決まるからですね。

※個人アカウントの公開範囲は「友達」までがオススメでございます。

それと○○様の時に解説した内容になりますが、
転載させていただきますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookについては、やることが限られてくると思います。
大前提としてTwitterのように、とにかく更新することが大切です。

結婚式場の場合には、既に○様の方で実践していると思うのですが、
「お客様事例紹介」と「写真」を沢山掲載するのは有効だと思います。

もしくは、できる機能が限られている以上、やることが限られてきますので、
競合がやってない事を思い切ってやってみるとか良いかもしれないですね。

これはブライダル業界、素人の私がお客様目線から考えた案になりますので、
実際、使えるかどうかは別にして意見を申し上げたいと思います。

例えば、結婚式場で言えば、お客様によってサービスが異なるので、
いくらかかったのか?料金などは一切公開されていないですね?

しかし、○○様は低価格を売りにしているので、
これを全面的にアピールして使わない手はないとおもうんです。

その辺を具体的にアピールしてみてはいかがでしょうか?

\49,800の想いや理由は公式サイトで解説されていますが、

お客様が求めているものは、額面金額ではなく、
”実際にかかった費用”だと思うのです。

サイトには「\49800」と書かれて激安で魅力的な金額と思う一方、
逆に安すぎて不安に思っているお客様も少なからずいると思うのです。

\49,800~ 「~=から」と書かれているけど、
実際はトータルすると「何十万」とかかかったりするのでは?

という、

よく言えば「慎重」で、
悪く言えば「勝手な思い込み」で、

躊躇する人ですね。

その方の不安をなくすために、

お客様の事例紹介と一緒に内訳をオープンにして紹介しつつ、
A様の結婚式はトータル\79,800で結婚できました!などですね。

もちろん個人情報などの問題もあるかと思いますので、

その場合には、

A様の結婚式の○○サービスはオプションの\10,000でつけられますよ!
といった部分的な金額紹介とかですね。

これはお客様の協力を求めていただけると、
もっと凄そうなサービスが提供できそうですね。

例:結婚式を挙げたお客様にFacebookアカウントを取ってもらい、
  事例紹介欄に直接コメントをしてもらう方法です。

これは○○様側のサービスに関係してきてしまいますが、
その代わりに料金を○%割引にするといったサービスをしなければいけないですね。

世間ではステマと騒がれていますが、本名公開のFacebookアカウントで、
実際コメントをいれるほど信憑性があるものはないと思います。

こういった時には本名公開のFacebookがより有効に活用できますね。
さらにそれを見たお客様は興味がわきます。

○○様を選んだきっかけや、これまでのお客様のエピソードを紹介すると
同じ感覚をもって興味を示してくれそうな人も多そうですよね。

これは結婚式場に限ったことではないのですが、
同じフィールドで、やることが限られている以上、

一歩前へ踏み出して周りと違うことをやらなければ、
誰も注目してくれないと思うのです。

真剣に売上げを伸ばそうと考えれば、
アイデアはいくらでも思い浮かびます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、Facebookページをフル活用しまして、

直接店舗に来客いただいた
お客様に対しては専用ページを告知して

初めての方には、

フェイスブックへの登録
もしくは、既にアカウントを所有している方は、

専用ページの「いいね」を押してくれた方には、

・○○をサービスしたり
・○○%割引
・○○特典付けます!

というようにするのです。

少し面倒ですが、現在のやり方よりも、
この方法をとった方が有効に活用できると思います。

もちろん、これらの作業は○○様の方で出来ることですし、
費用もかからないので、個人的にぜひオススメしたいです。

投稿を「いいね」してもらうだけでは何ら意味はなく、
フェイスブックページ自体の「いいね」を増やさないと意味がないです。

そのためには投稿を「いいね」してもらえるように
写真を多用したり、見ている人に割引・特典などのお得感がある内容ですね。

Facebookを見て本体ページを「いいね」して
来店すると「○○円引き ○○特典」

もしくは 割引券をFacebook上に掲載して、
そちらを持参すると○○特典を差上げます。

以下はネットショップの例になりますが、
会員+Facebookファンになってくれた方には
送料無料キャンペーンだったり、ポイント倍増とか工夫して有効活用できそうですよね


上記の仕組みを作れば興味がある方は間違いなく食いつきがあると思います。
やはり、こちらから何かを無料で提供する仕掛けが大切だと思うのです。

そうでもなければ、余程のファンか物好きでない限り、
ファンになろうとも思わない方が大多数を占めると思います。

特に個人・中小企業のFacebookはフル活用されていない現実がありますが、
店舗来客型で「クーポン・特典」を上手いこと活用すればいける気がします。

いずれにしましてもFacebook単体からの集客は難しいので、
必ずWebサイトとブログを連動させて誘導を促す方法をとる必要が大切だと思います。

何か目的を探すためにはSNSからではなく検索エンジン経由が基本ですね。
しかし、SNSをやっている人に知ってもらう意味では十分価値はあると思います。

ふとしたきっかけで成約に結びついたこともよくあるからですね。

よくある典型的な例は、ただFacebookページがあるだけなので、
写真とコメントを投稿しているだけ。

もちろん、写真で多く魅せる事は重要なので、それでも構わないのですが、
これでは従業員以外は誰も「いいね!」を押してくれる要素はないと思います。

やはり、先ほど申し上げた内容を含めまして、
少しでも興味をもってくれる仕掛けが大切ですね。

「お客様事例紹介」と「写真」を沢山掲載するのは有効だと思います。

ブログとフェイスブックは連携しておりますので、
積極的にブログでお客様を紹介することが重要と考えます。

また、ありがちな記事ばかりではなく、
結婚式場の裏側など普段聞けないような裏話も魅力的です。

というより、お客様が一番知りたい内容だと思うのです。

例:ブライダル業界の料金というのは○○で、
  本当は○○なだけかかっている等 内訳は○○になっている

もしくは、できる機能が限られている以上、やることが限られてきますので、
競合がやってない事を思い切ってやってみるとか良いかもしれないですね。

これはお客様の協力を求めていただけると、
もっと凄そうなサービスが提供できそうですね。

私が一番効果的だと思うのは、

先ほど解説した通りになりますが、
直接来店いただいた

お客様にFacebookアカウントを取ってもらい、
本体ページに「いいね」してもらった上で、
事例紹介欄に直接コメントをしてもらう方法です。

その代わりに料金を○%割引にするといったサービスをしなければいけないですね。

世間ではステマと騒がれていますが、本名公開のFacebookアカウントで、
実際コメントをいれるほど信憑性があるものはないと思います。

こういった時には本名公開のFacebookがより有効に活用できますね。
さらにそれを見たお客様は興味がわきます。

○○様を選んだきっかけや、これまでのお客様のエピソードを紹介すると
同じ感覚をもって興味を示してくれそうな人も多そうですよね。

これはネットショップに限ったことではないのですが、
同じフィールドで、やることが限られている以上、

一歩前へ踏み出して周りと違うことをやらなければ、
誰も注目してくれないと思うのです。

私のようなBtoBサービスは活用できないのですが、

お客様に参考にしていただくためにも
フェイスブックページの紹介説明を書いてありますので、
もしよろしければ参考にしてくださいませ。

http://www.facebook.com/broadcreation
http://www.facebook.com/broadcreation/info

ポイントとしましては、
トップの簡易説明には必ずURLを記載することです。

説明は一定の長さになると省略されてしまうので注意が必要です。

「ミッション」には長文が掲載可能ですので、
詳しい説明とURLを明記することも重要ですね。

商品・サービスには、メニューや価格を簡単に掲載ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、ふと思いついたので良い点・悪い点ではなく、
Facebookについて解説させて頂ければと思います。

○○様はアメブロとフェイスブックを連動させてないので問題ないのですが、
今後の参考までにアドバイスさせていただければと思います。

アメブロの記事をフェイスブックで自動的に連動させるツールがありますが、
自動で投稿されたものほど読まれないようです。

明らかに機械自動化された内容程、読まれない(見られない)ようです。
逆に人間味が感じられる内容程、読まれる(見られるよう)です。

不思議ですよね。

フェイスブックに限らずツイッターでも言える事ですね。

よく自動連動させている方で、
「ブログ記事を書きました」というのがありますが、

上記よりも紹介コメントを
簡単にまとめて書いた方が読まれるようです。

面倒だと思いますが、手動で記事を
簡潔にまとめて別々に投稿するのがベストですね。
※ポイントは、もう少し読みたいと思わせる所までピンポントで紹介する事ですね。

また古い記事と多少は被っても問題ないのですが、
まったく同じ内容はスパム扱いを受けるのでNGですね。
※多少引用する分には何ら問題ないと思います。

私のようなBtoBビジネスにはマッチしないのですが、
○○様のようなBtoCの場合にはフェイスブックは有効活用出来そうですね。

例としましては、

Facebookを見て来店すると「○○円引き ○○特典」

もしくは 割引券をFacebook上に掲載して、
そちらを持参すると○○特典を差上げます。

割引券や特典を入手するためには「いいね!」をクリックする仕掛け
「いいね!」をクリックしてくれたら特典・割引などですね。

以下はネットショップの例になりますが、
会員+Facebookファンになってくれた方には
送料無料キャンペーンだったり、ポイント倍増とか工夫して有効活用。

上記の仕組みを作れば興味がある方は間違いなく食いつきがあると思います。
やはり、こちらから何かを無料で提供する仕掛けが大切だと思うのです。

そうでもなければ、余程のファンか物好きでない限り、
ファンになろうとも思わない方が大多数を占めると思います。

特に個人・中小企業のFacebookはフル活用されていない現実がありますが、
店舗来客型で「クーポン・特典」を上手いこと活用すればですね。

いずれにしましてもFacebook単体からの集客は難しいので、
必ずブログを連動させて誘導を促す方法をとる必要が大切だと思います。

何か目的を探すためにはSNSからではなく検索エンジン経由が基本ですね。
しかし、SNSをやっている人に知ってもらう意味では十分価値はあると思います。

ふとしたきっかけで成約に結びついたこともよくあるからですね。

よくある典型的な例は、ただFacebookページがあるだけなので、
写真とコメントを投稿しているだけ。

もちろん、写真で多く魅せる事は重要なので、それでも構わないのですが、
これでは従業員以外は誰も「いいね!」を押してくれる要素はないと思います。

やはり先ほど申し上げた内容を含めまして、
少しでも興味をもってくれる仕掛けが大切ですね。

「お客様事例紹介」と「写真」を沢山掲載するのは有効だと思います。

もしくは、できる機能が限られている以上、やることが限られてきますので、
競合がやってない事を思い切ってやってみるとか良いかもしれないですね。

これはお客様の協力を求めていただけると、
もっと凄そうなサービスが提供できそうですね。

例:購入いただいたお客様にFacebookアカウントを取ってもらい、
  事例紹介欄に直接コメントをしてもらう方法です。

これは○○様のサービスに関係してきてしまいますが、
その代わりに料金を○%割引にするといったサービスをしなければいけないですね。

世間ではステマと騒がれていますが、本名+顔写真公開のFacebookアカウントで、
実際コメントをいれるほど信憑性があるものはないと思います。

こういった時には本名公開のFacebookがより有効に活用できますね。
さらにそれを見たお客様は興味がわきます。

○○様を選んだきっかけや、これまでのお客様のエピソードを紹介すると
同じ感覚をもって興味を示してくれそうな人も多そうですよね。

これはネットショップに限ったことではないのですが、
同じフィールドで、やることが限られている以上、

一歩前へ踏み出して周りと違うことをやらなければ、
誰も注目してくれないと思うのです。

真剣に売上げを伸ばそうと考えれば、
アイデアはいくらでも思い浮かびます。

 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。
「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」
どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい!
ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです
最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!
今後ともブロードクリエーションをどうかよろしくお願い申し上げます。
神奈川県大和市にあるホームページ作成会社のブロードクリエーションです。 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。 「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」 他社で制作したサイトの引き継ぎ・HP作成会社を乗換えたい方の相談も歓迎しております! どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい! (ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです