リチウムイオンバッテリーまとめ(SHORAI/ショーライ/長寿命)

リチウムイオンバッテリーまとめ(Shorai/ショーライ)

リチウムイオンバッテリーって危険じゃないの?

よくニュースで「発火、爆発」したと聞くけど…本当に大丈夫なの?

私も実際に使用するまでは、その点が本当にx2 心配でした。

この発火、爆発といった絶対にあってはいけないマイナスなイメージが強すぎるために、どうにも”リチウムイオン”という新しい技術は信頼出来ないのではないか?という事と、すぐにバッテリー上がり起こしてしまうのではないか?と勝手な想像で決めつけてしまった事で躊躇しておりました。

一歩踏み出せなかった理由として、皆様も同じ心境ではないでしょうか?

その理由の1つとして、まだリチウムイオンバッテリーが世に出始めの頃に海外や日本でもチラホラとバッテリーが発火、爆発したというニュースが”頻繁に流れていた時期”だったからです。

最近でもチラホラと忘れた頃に発火、爆発のニュースがありますよね。

そんなニュースが流れた日には、ガソリンが入ったバイクや車なんかに、とてもじゃないのですが、危険過ぎて使えないですよね。

しかし、どうしてもリチウムイオンバッテリー(最新技術)の事が気になりましたので後々よく調べてみました所、リチウムイオンバッテリーにはいくつかの”進化工程”と”種類”がある事が判明いたしました。

正しい知識を身につけた上で使用すれば、とんだ勘違いだったという事がよく分かりました。

初めての方はリチウムイオンバッテリーのフェライトバッテリー(Life系)とポリマーバッテリー(Lipo系)の「2種類」を理解する必要がございます。

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

フェライトバッテリー(Life系)とポリマーバッテリー(Lipo系)の違い

主にスマートフォン、モバイルバッテリー、ゲーム等に使用されているのは「リチウムポリマーバッテリー(LiPo系/リポ系、リポビタンDと覚えておけばOKです)」と言いまして、普通に使用しているだけで熱暴走したり、発火、炎上、過充電(充電のし過ぎ)による爆発の危険があるようでした。

それもあって元々バイクや車にはリポ系(LiPo系)のバッテリーは使われていないようでした。

一方で、バイクや車に使われる「リチウムフェライトバッテリー(LiFe系/リフェ系と覚えておけばOKです)」は、リチウム系の新しいバッテリーとなりましてリチウムポリマー(LiPo/リポ系)で問題のあった熱暴走や発火や炎上等の問題が起こりにくい物質で作られているので、安心出来ます。

一般的に使用する目的で、仮に異常事態に陥ったとしても温度上昇はあるものの発火や爆発といった大きな問題は起こりません。よくラジコンで使用されているニッカド、ニッケル水素と比較しても非常に安心・安全なバッテリーになっているのが最大の特長になります。

最後に簡単にまとめますと、リポ系(LiPo系)のリポビタンDという名前で覚えておく方がモバイルや電気器機には使われていて危険が伴います。

リフェ系(Life系)はバイクや車に使われている安心なリチウムイオンバッテリーと覚えておけば分かりやすいと思います。

これらの事を知ってからは安心する事が出来ましたので、ひとまず物は試しにとショベルヘッドのキック始動オンリー車両に装着しておりました。

まとめ & 感想(使用して○年以上経過しました!)

実際に使用した所、予想外の結果に本当に驚きの連続でした!

エンジンの掛かりやすさや長寿命の耐久性を考慮してリチウムイオンバッテリーのショーライバッテリー(Shorai)は、おすすめでございます。

乗らない期間が長くても電圧が全然下がらないのが最大の特長になります。

何よりも本当に軽いのです!

バイクでの軽量化は燃費向上の最大のメリットがあります。

ものすごくコンパクトで場所もくわずに軽量なんです。

参考までにハーレーのバッテリーは、とにかく重いです。

スポーツスターの軽量モデルで5kg、ツーリングモデルで最大9.5kg前後あるのですが、ショーライバッテリーは、な、なんと「850g」になっています。

通常の鉛バッテリーと比べるとよく良く分かるのですが、通常バッテリーの20%~30%くらいの重さだと思います。例えるなら、iPhoneくらいの重さ程度でしょうか?

リチウムバッテリーは通常のバッテリーに比べて放電(自然と電圧が下がる症状)が少ないのが最大のメリットになると思います。

長期間バイクに乗らなくても勝手に電圧が下がりづらいといった最大の良さがあります!

定期的にバイクを乗られる方でしたら乗る事でバッテリーへ充電されるので問題ないのですが、どうしても乗る期間が空いてしまう方には大変おすすめできると思います。

当方の車両には電圧計がついており、購入してから乗る度に電圧をチェックして検証しておりました。

常に電圧は「13.2V」を維持して安定しております。

寿命は○年~○○年使用しても故障知らずです。

リチウムイオンバッテリーの最大の弱点としてはバッテリー上がりを起こすと直接バッテリーにダメージを受けやすく寿命は縮みやすくなるみたいです。

しかし、過去にレギュレーターの故障や他の点火系の大トラブルでエンジンが掛からずに5回以上、バッテリー上がりを起こした経験があるのですが、全然劣化する気配がありません。

 バッテリー上がり時にエンジンを掛ける方法まとめ(ジャンプスターター/選び方/使い方)

リチウムの場合、バッテリー上がりを起こすのは一番良くないのですが、最初の充電時にエラーが出るくらいで最終的には正常に充電出来て「13.2V」で安定しています。

リチウムを使用して○年以上経過しました!(2020年現在)

○年以上愛用しているのですが、未だに故障知らずです。

現在も電圧は「13.2V」で安定しております!

各種デモバイクの寿命の確認(2020年現在)

○年 & ○年経過しても故障しない事が確認出来ております。

これでしたら十分に元が取れますね!

キック始動オンリーのショベルヘッド乗りの方にも大変おすすめでございます。

安い原付きバッテリーからShoraiリチウムバッテリーに乗り換えてからは電気系統トラブルの心配は一切なくなりました。

これまで安い原付きバッテリーを装着していた時は、よく電気系統トラブル(レギュレーター故障、ウインカーリレー、ウインカー電球…etc)に遭っておりました。

リチウムバッテリーに交換してからというのも電気系統の心配は一切必要なくなりました。

レギュレーターが故障したのもリチウムイオンバッテリーへ交換した直後の時でしたので関係ありません。

最安値の購入先

アマゾンが一番安い最安値になっております。

一見すると高く感じてしまうのですが、長い目で見て十分な元が取れますので、大変お買得だと思います。当方では本体と充電器をセットで購入いたしました。

貧乏性な自分が思いっきって購入して検証したくらいですので間違いないと思っています!

充電器にはバッテリー診断機能が搭載しています。

充電方法も、よくあるタイプの(+)(-)接続ではなく簡単なワンタッチコネクターを接続するだけなで、とても簡単なので大変おすすめですね!

バッテリー本体

<キック始動オンリーの方>

SHORAI LFX バッテリー LFX14L2-BS12(1.8万前後)【幅14.8cm/重量850g/14Ah】※端子位置(-)(+)

SHORAI LFX バッテリー LFX14A2-BS12(1.8万前後)【幅14.8cm/重量850g/14Ah】※端子位置(+)(-)

上記はどちらでもOKです。バッテリーの大きさから容量までの仕様は全く同じで(+)(-)の端子位置が左右異なるだけの違いになります。

<セル始動の方>

SHORAI LFX バッテリー LFX36L3-BS12(3.7万前後)【幅16.6cm/重量2.19kg/36Ah】※ 端子位置(+)(-)

SHORAI LFX バッテリー LFX36A3-BS12(4万前後)【幅16.6cm/重量2.19kg/36Ah】※ 端子位置(-)(+)

上記はどちらでもOKです。バッテリーの大きさから容量までの仕様は全く同じで(+)(-)の端子位置が左右異なるだけの違いになります。

ショーライバッテリーの専用充電器

Shoraiバッテリーの専用充電器は(+)(-)へ接続する必要性がなくワンタッチコネクターで誰でも簡単に充電する事が出来ます。

何よりも「独自のバッテリー診断機能」も搭載されておりますので、バッテリーとセットで一緒のご購入がおすすめでございます。

SHORAI LFX バッテリーチャージャー/テンダー(日本専用モデル)SHO-BMS01-JP(1万前後)

これらのブログで公開している内容については、○○○で一部を伏せています。

詳しく知りたい方は、ぜひショベル まとめメモ帳内容」のご購入をお待ちしております!

ショベルヘッド まとめメモ帳内容「リチウムイオンバッテリー(Shorai/ショーライ)の大特集」をやりました!

ショベルヘッドまとめメモ帳に含まれている内容一覧

01-a.【コイル+バッテリー】 イグニッションコイル & バッテリーの交換手順 & 故障症状まとめ.txt

・バッテリー基本情報

・寿命 & 保証

・メーカーへ直接確認した内容

・バッテリーの基本&詳細編

・正常時の電圧チェック(実験検証)

・新品購入時の電圧

・普段の電圧の実験検証・キーOFFの状態・キーONの状態・イグニッションコイル(+)までの電圧/(-)時の電圧・エンジンが掛かる=点火信号時の正常電圧(ダイナS&ポイント点火の両方で検証したので、まとめております)

・正常の状態からエラー時の状態の電圧目安一覧(電圧○○V別に0~100%パーセント表示)

・トラブル時の正しい充電方法の手順と使い方(ボタン・ランプ色・ブザー音・エラーの意味)

・これまで経験したShoraiバッテリー「トラブルの症状まとめ」

・リチウムバッテリーが上がってしまった場合の「復活方法と復旧方法(裏技)」

・バッテリー上がり後、ランプが点滅してブザー音が鳴ってるけど復活できるの?その復活方法と対策

・復旧までの充電時間は、どのくらい掛かるのか?

・バッテリー上がりを起こしても平気なのか?

・Shoraiバッテリーに関する「まとめ」

・Shoraiバッテリーの「最大の弱点(デメリット)」&「注意点」(サポート面の対応含む)

・満充電状態にしてShorai/ショーライのバッテリー容量のみで、どのくらい走行可能になるのか?の「走行可能距離の実験」をしてみました。

 結果は、な、なんと!?

・○○km走れました!

・エンスト時の電圧は○Vでした!

・エンスト時の前兆&エンストした直後の症状も、どんな感じになるのか?をまとめております!

事前に走行可能距離を把握しておく事で、いざといった電気系統(電装系)のトラブル時に安心出来ますよね!当方でも、いつ実験しようかな?とずっと躊躇していたのですが、予備のバッテリーを積み込んで実験をして良かったです(^^)/

今回の実験ではShoraiバッテリーは新品から9ヶ月以内の物を使用。夜間にトラブルが遭った状況を想定して昼間でも、あえてヘッドライトONの状態(5.75インチ)で走行してみました。

実は、大分昔にレギュレータートラブルに遭った時の記録も残っておりましたので付け加えております。その当時はShoraiバッテリーの新品へ交換した直後にレギュレーター故障のトラブルに遭いました(^^;)この時は自宅に帰宅しなければいけない状況でしたので、ヘッドライトはOFFにして走行しております。

これによりヘッドライトON状態 / ヘッドライトOFF状態での両方の「走行可能距離」が判明いたしました!当然なのですが、ヘッドライトON / OFF状態では結果が異なりました。

ぜひ今後オルタネーター(ステーターコイル)/ レギュレーター / バッテリー関連のトラブルに遭った際に自走で帰宅できる「走行距離の目安」の参考にしていただければ嬉しく思います(^-^)/

・ダイナSやポイント点火で「バッテリー上がりを起こした場合、最低電圧は何Vでエンジンが掛かるの?」を追加いたしました。

以前からずっと気になっておりましたので、車検時にバッテリー上がりを起こしたトラブルついでに実験してみました。

な、なんと!

驚くべく結果が。

まさか○○Vでもエンジンが掛かるとは…。

そして、まさか○○だけで復活させてしまうとは…。

肝心な車検の時に陸運局でバッテリー上がりが起こってしまったのですが、なんとかその場で復活させる事にも成功しました。

まさかリチウムバッテリーも○○Vから自力で復活するとは!?

リチウムイオンバッテリーにて実験をしておりますので、ぜひ電圧目安の参考にして頂ければと思います。

自分が理解するまで本当に一番苦労した部分でしたので、どのようにしたら?

初めての方でも点火調整の事を理解出来るようになるか?

何度も何度も試行錯誤を続けて改善してきました!

【ハーレー】ショベルヘッドまとめメモ帳(困った時の故障&トラブルノウハウ集)では誰が見ても理解出来るように1つ1つ項目別に丁寧に分かりやすく解説した初心者向けの詳しい内容となっておりますので、他の整備本や解説では分からなかった方でも絶対に理解出来ると思います!

当方の説明が少しでも分かりやすいと感じられましたら、ぜひ「ショベルヘッドまとめメモ帳」に目を通してご検討頂けますと本当に嬉しく思います(^-^)/

 ハーレー関連記事一覧(ショベルヘッド/エボリューション/ツインカム/スポーツスター)

ハーレー3つの魅力と楽しさとは何か?(メリット/デメリット/ハーレーダビッドソン)

ショベルヘッド3つの魅力と楽しさとは何か?(メリット/デメリット/ハーレー)

ハーレーお決まりの三拍子にする方法と仕組みまとめ(音声あり/回転数/デメリット)

季節問わずエンジンが掛かりづらい方 & 冬になると極端に掛からない方は絶対に必見です!

古いハーレーのエンジンの掛け方/儀式とは?(キック始動手順と意味)【ショベルヘッド】

CVキャブレターの魅力とベストセッティング & 三拍子の燃調方法【安心/安定/最高!】

バッテリーの関連記事

 バッテリー上がりのトラブル時にエンジンを掛ける方法まとめ(症状/原因/対策/充電/JAF)

 ジャンプスターターの選び方&使い方まとめ(おすすめ/バイク/車/バッテリー上がり)

バッテリー充電器の選び方&使い方まとめ(おすすめ/充電方法/交換時期/目安/寿命/車/バイク)

→ バッテリーの寿命が分かる!CCAテスター測定器の選び方&使い方(基準値/CCAとは?)

 電気テスターの選び方&基本的な使い方/見方/意味/導通/測定(おすすめ/車/バイク)

 バイク押しがけ方法(手順/仕方/コツ/チョーク/セル/キャブレター/インジェクション/原理)


リチウムイオンバッテリーまとめ(SHORAI/ショーライ/長寿命)

リチウムバッテリー(SHORAI)の基本編

リチウムバッテリー(SHORAI)の詳細編

最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!

「質素な日常のお役立ちまとめ」
 日常生活で困った時の解決策と対処方法から便利でお得な情報を誰でも分かるように解説しています!「誰でも簡単に・分かりやすく・読みやすい」の三拍子を常に心掛けております。何かお役に立てる事がございましたら、どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせ頂けると嬉しいです(^-^)/