消毒用エタノールの効果と使い方まとめ(無水エタノールとの違い)

消毒用エタノールとは?(無水エタノールとの違いとは?)

無水エタノール成分70%+精製水30%(水)を組合わせたものになります。

水分を3割含んだ物が「消毒用エタノール」になります。

水分を含まない物が「無水エタノール」になります。

消毒用エタノールの相場は薬局で450円から販売しておりました。

無水エタノールは1,000円前後でした。

しかし、コロナウイルスの影響により高騰してしまいました。

水が含まれていて金額の安い方が「消毒用エタノール」になります。

水を含まず金額の高い方が「無水エタノール」と覚えておけば分かりやすいと思います。

基本的な解説・効果・作り方・使い方・使い分け・殺菌力・除菌力・アルコール濃度・虫対策・インフルエンザウイルス・ノロウイルス・コロナ対策にもぜひ!・安く購入できるお店のご紹介まで解説しております!

便利な使い方 & 効果まとめ

・洋服(衣類)・靴・掃除・消毒・抗菌・除菌・殺菌用に最適になります。

・風邪対策(インフルエンザウイルス・ノロウイルス・コロナウイルス等)にも大変効果的です。

・手洗い代わりや消毒・床のフローリング・ドアノブ等も大変効果的です。

・人体に影響はないので人間の肌(皮膚)や制服や靴にも大変効果的です(消毒用エタノールに限ります)

・水分が含まれている”消毒用エタノール”は基板のコンデンサは壊れてしまうから影響NGです(基盤には無水エタノールです)

・手垢・液晶保護フィルム・ステッカー剥がしや剥がした跡の汚れ・ネバネバに効果的です。

・他には液晶保護フィルムやタオル掛けの吸盤を貼る前の”脱脂”にも有効です。

・スマートフォン・パソコン・テレビの液晶画面・鏡がピカピカになります。

・デジタルカメラや電気機器の手入れにも最適です(精密機器は全て無水エタノールに限ります)

手作り化粧水(ニキビ対策・防腐剤)としても大変効果的です。

・油性マジック・プリンタのインク・接着剤痕の汚れにも効果的です。

・ガスレンジ周り・換気扇などの頑固な油汚れにも大変効果的です。

・ゴキブリ退治にも有効です。

→ ゴキブリの最強予防対策・退治・駆除・豆知識・雑学のまとめ

エタノール と 水の割合【精製水+エタノールの割合】

・80:20~30 = 特に頑固な汚れや消毒

・50:50 = 頑固な汚れ・油等

・75:35 = 日常のふき掃除に使えます。

これにハッカ油(ミント)、ラベンダー、オレンジ、ゆーかり、ティートリー、レモン、ローズマリーなどの精油を少し混ぜでふき掃除をします。

良い香りがする上に殺菌効果もありますので、大変おすすめでございます!

アルコール濃度による殺菌力について

アルコール濃度が10~20%では10分以上作用させないと殺菌効果がないです。

60%~90%では最初の数秒間で強力な殺菌力を発揮しますが、90%以上では殺菌作用が弱まることが判明しています。

70~80%の濃度がもっとも効果があります。

10秒~30秒の使用だけですと60%が強いです。

10秒以上使用した場合、60%の濃度でも薬局の700円する消毒エタノールと同等の効果があるようです。

逆に40~50%と濃度が落ちると殺菌力も激減してしまい30秒使用した場合、40~50%は60%の濃度に比べて半分も菌が残っています。

以上に事より、
アルコール濃度は最低60%(58%)以上が理想で

「70%~80%」
がもっともベストではないかと思います。

注意点

引火しやすいので直射日光など火の近くに置くのは大変危険です。

消毒方法とは?

・熱湯消毒 85℃(1分以上)

もしくは

・消毒用エタノール(無水エタノールを70%以上+精製水30% or 水を30%)

無水エタノール70mlに水30mlを混ぜたものが最も抗菌・除菌・殺菌に優れた消毒用エタノールになります。

無水エタノールのアルコール100%だけでは効果がないので要注意です。

よく消毒にはアルコールやエタノールと書いてありますが無水エタノールのみの成分であるアルコールでは殺菌・除菌しきれてません。

・【無水エタノール】は水が含まれないので「電化製品や精密機器」に効果的です。

・【消毒用エタノール】は水分が20~30%含まれているので「ウイルスの殺菌・除菌・消毒・人体・洋服等」に効果的です。

と覚えておけば分かりやすいと思います。

消毒用エタノール & 消毒用エタノールIKの違いについて

・IKとは基本的に添加物の違いだけになります。

・主な違いは税法対策の添加物で、大きな効果・違いはないようです。

・普通に使用する分には大きな違いはないので気にせず安い方を購入すれば良いと思います。

・水が含まれているものが”消毒用エタノール”

・水が含まれていないのが”無水エタノール”

現在は、日本薬局方の消毒用エタノールと消毒用エタノールIKは大して変わらない値段で買えます。

ルームスプレーの作り方

・100mlファブリーズ風で天然精油!

【作り方】精製水90%:エタノール10%:アロマ(天然精油):40~80液

精製水がこれより多いと劣化が早くなります。

多すぎても、あまり効果が変わりませんので、ご注意下さいませ。

また、無水エタノール濃度が濃くしすぎてしまいますと天然精油の有効成分の揮発が早すぎて良いルームスプレーにならないのでご注意下さいませ。

市販の消毒用エタノールを安く購入する方法 & どれがお買得なの?

・業務スーパー 除菌アルコール78(濃度78%)1L:457円

・フマキラー アルコール除菌 どこでもクリーナー(濃度60%)300ml:300円

・フマキラー アルコール除菌 食卓用&キッチン用クリーナー(濃度45%)400ml:300円

・ダイソー アルコール除菌スプレー(濃度54%)240ml:100円

・イオン キッチンアルコール除菌スプレー(濃度58%)400ml:198円(詰替え用148円)

・カインズ CAINZ アルコール除菌スプレー(濃度58%)400ml:198円(詰替え用148円)

イオンのトップバリュー&カインズの除菌スプレーは、第一石鹸製のOEM商品だと思います。

アルコール濃度の単価計算方法

アルコール濃度の単価計算は以下で計算する事ができます。

・価格 ÷ (内容量 × エタノール濃度) =

アルコール濃度の計算例(サンプル)

・ダイソー240ml:108円 ÷ (0.24ml x 0.54%) = 833.33円/1L

・業務スーパー1L:513円 ÷ (1L x 0.7126%) = 719.90円/1L

業務スーパー1Lとトップバリュー(イオン)&カインズの400mlのアルコール単価に差はないようです。

業務スーパー1Lとダイソー240mlでは、業務スーパー1Lの方がお得ですね。




【サイト設計】ホームページ構成案の資料作り
ホームページの修正変更 & 更新作業
サポート & アドバイス(サイト+ネット全般)
検索エンジン連動型広告管理

最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!

「質素な日常のお役立ちまとめ」
 日常生活で困った時の解決策と対処方法から便利でお得な情報を誰でも分かるように解説しています!
何かお役に立てる事がございましたら、どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせ頂けると嬉しいです。