バイクのジョッキーシフト・ハンドシフト & フットクラッチ(ノンロッカークラッチ・ロッカークラッチ)まとめ【ハーレー・ショベルヘッド・パンヘッド・エボリューション・ナックルヘッド・サイドバルブ・フラッドヘッド・スポーツスター】

バイク(オートバイ)のハンドシフト・フットクラッチについて、簡単にまとめてみました。

一般的にバイクには車と同じようにMT(マニュアル)・AT(オートマ)が存在します。AT(オートマ)はスクーター系に多く一般的なバイクと言われるものはMT(マニュアル)が9割以上を占めます。

MT(マニュアル)は、左グリップの上に付いている(自転車で言うブレーキ)ハンドクラッチを握ると クラッチが切れる(クラッチが繋がっていない状態)になります。徐々にレバーを離しながら操作するとクラッチが繋がる仕様となっています。

そして、ギアチェンジは左足のフットシフト(つま先)で操作する仕様になっています。フットシフトを踏むと1速になりまして、つまさきで上げていくとギアがアップします。1速・N・2速・3速・4速…etcというロータリートップの順番になっています。

 ハンドシフト・フットクラッチとは?
・旧車ハーレーや陸王・インディア = ハンドシフト = 手でギアを変更します = 自動車のマニュアルと一緒です。
・一般的なMTバイク = フットクラッチ = 足でクラッチを操作します。

古いハーレー(パンヘッド)の時代までは純正でハンドシフト & フットクラッチ(ロッカー)でした。

簡単に解説いたしますと、ハーレーダビッドソンのチョッパー・ボバー・オールドスクール系カスタム(旧車含む)国産アメリカンバイクのチョッパー・ボバー・オールドスクール系カスタム,ヤマハSR系のチョッパー・ボバー・オールドスクール系カスタム,エストレヤ・250TR・GB250・グラストラッカー・ボルティーのチョッパー・ボバー系カスタム、カワサキW/Zシリーズのチョッパー・ボバー・オールドスクール系カスタム、スーパーカブ。

主にストリート系モーターサイクルの「チョッパー・ボバー・オールドスクール系のカスタム」と言われており、クラッチは足のフットクラッチになりましてハンドシフトでギアを操作することになります。

フットクラッチの種類は以下の通りになります。

・ロッカークラッチ
・ノンロッカークラッチ

クラッチは左グリップの上にあるレバーではなく「左足のステップ」に装着されています。
 ハンドシフトの種類について
一般的に取付けられている位置は車体の左足になります。
ハンドシフトの種類は以下の通りになります。

・タンクシフト(ポリスシフト)
・ジョッキーシフト

<タンクシフト(ポリスシフト)とは?>
タンクの左横にシフトレバーがあります。タンクシフトには「ロッカークラッチ」が主流になります。

<ジョッキーシフトとは?>
シートの下辺りにあるシフトレバーがミッションに直付けされています。ジョッキーが馬に乗ってムチを打つ仕草に似ている事から、この名前が付けられています。ジョッキーシフトには「ノンロッカークラッチ」が主流になります。

乗りやすさでは、ロッカークラッチになるのですが、シーソー式になってしまうため、見た目が良くない事からチョッパー系の改造には「ノンロッカークラッチ」が主流となっています。
 フットクラッチの種類について
<ロッカークラッチとは?>
シーソー式のクラッチになります。仕組みは、後ろ=かかとを踏むとクラッチが切れ、前に踏むとクラッチが繋がります。後ろで固定しておけばクラッチをロックする事が出来るのが最大のポイントです。例えば、クラッチから足を滑ったとしましても、その位置で止まり続ける(クラッチが切ったまま状態)なので、余程の事がない限り立ちゴケはしにくいです。フットクラッチの中では操作しやすい部類になります。

<ノンロッカークラッチとは?>
自動車のマニュアル(MT)クラッチを想像して頂けると分かりやすいです。まったく同じ仕組みになります。クラッチを踏み込むとクラッチが切れて徐々に離していくとクラッチが繋がります。足を踏み外したりすると、一気にクラッチが繋がったりエンストしてしまいます。

ノンロッカークラッチは「坂道発進」・「左折発進」・「バランスを崩したらエンスト」という点がデメリットとして挙げられますが、それ以上に楽しさといったメリットの方が大きいですね。
ここからは余談になるのですが、ノンロッカークラッチを略称して、スーサイドクラッチと呼ばれることがありますが、厳密には言うと正しくないようです。
 スーサイドックラッチとは?
フロントブレーキが就いていてノンロッカークラッチだけ装備しているだけでは、スーサイドクラッチとは呼ばないようです。クラッチという呼称がついているので、クラッチのみを想像しがちですが、本当はスーサイド仕様というのが正しいです。ノンロッカークラッチとは、フロントブレーキがないチョッパーの事をスーサイド仕様=スーサイドチョッパーになります。
よく言われる事なのですが、機械を操っているような感覚になりますので、
バイクを手でチェンジするハンドシフトの操作感は、とてつもなく楽しいと言えます。

これらのブログで公開している内容については、ほんの一部のご紹介(解説)になります。
ショベル まとめメモ帳内容」では各項目ごとに、もっと詳しく丁寧に解説させて頂いております!


大型バイク(オートバイ)の車検費用・車検手続きに必要な書類まとめ
バイクの気になる整備不良による反則切符まとめ(警察・白バイの対応)
バイクのサイドナンバーについてのまとめ(車検・陸運局の対応)

バイク(オートバイ)の排気量別選択まとめ 【免許取得~購入】
大型バイク(オートバイ)の車検費用・車検手続きに必要な書類まとめ
原付バイク(125cc以下)の新規登録(中古車含む)・名義変更手続き手順【市区町村の役所編】
中型・大型バイクの新規登録(中古車含む)・名義変更手続き手順 【陸運局編】

【バイクの任意保険会社選び】一番安くておすすめの任意保険(チューリッヒ)& レッカー手順
自賠責保険(強制保険)の加入方法まとめ【原付・バイク・自動車】
自賠責保険(強制保険)&任意保険の名義変更・解約方法まとめ
2013年4月から車の自賠責保険(強制保険)「保険料値上げ」のまとめ
原付・中型・大型バイク(自動二輪)の自賠責保険料(強制保険)のまとめ
任意保険の「人身侵害保険・搭乗者保険・弁護士費用特約」解説・まとめ
交通事故にあった時のための対策【手順・流れ・対応のまとめ】
バイクの気になる整備不良による反則切符まとめ(警察・白バイの対応)
バイクのサイドナンバーについてのまとめ(車検・陸運局の対応)

 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。
「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」
どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい!
ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです
最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!
今後ともブロードクリエーションをどうかよろしくお願い申し上げます。
神奈川県大和市にあるホームページ作成会社のブロードクリエーションです。 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。 「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」 他社で制作したサイトの引き継ぎ・HP作成会社を乗換えたい方の相談も歓迎しております! どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい! (ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです

コメントを残す