ゴキブリ最強対策 ブラックキャップの正しい使い方(ベストな置き場所)

ゴキブリ最強対策 ブラックキャップの正しい使い方 簡単解説

ゴキブリが侵入してきやすい経路に置く事が何よりも大切で最強です!

ゴキブリキャップについて

当方の長年の経験からゴキブリに大変有効で

最強の配置場所も簡単にまとめております。

もうゴキブリの毒エサといったら

アースの「ブラックキャップ」が有名ですね。

昔は手作りのホウ酸団子がゴキブリには有効でしたが…?

今となってはアースのブラックキャップ一択になります。

ブラックキャップとは?

置いて放置しておくだけで

勝手にゴキブリが死んでくれる

といった最強駆除剤になります。

1.嫌なゴキブリを見かけなくてよし!

2.置くだけで勝手に死んでくれるので便利!

3.巣にいる仲間&卵の赤ちゃんまで、まとめて駆除してくれるから凄い!

何もしなくても勝手に死んでくれる画期的なゴキブリ駆除剤になります。

まさに、これだけ購入すればOK!なのです。

ブラックキャップは一人勝ちの無双状態で効果も絶対に間違いありません。

参考までに当方はアースさんの回し者でもなんでもありません。

商品を提供されたり、紹介レビューを依頼された訳でもありません。

単純に一体どの毒餌が一番良いのか?

以前より、ずっと気になって仕方がありませんでした。

いつもながら色々と実験して試した結果、実際に長年使ってみて個人的に良いと思った物しか紹介しておりません。

皆様に「こういう事が知りたかったんだよ」と思って頂ける実体験の内容だけを簡単にまとめております。

誰でも理解できるように1つ1つ分かりやすく簡単に解説しておりますので、ぜひご覧になって頂ければ幸いです。

ニオイで寄ってくるんじゃないの?(逆効果じゃないの?)

まずはじめに

誰もが気になっているであろう

不安に関する内容を解決させて頂きますね。

・ゴキブリホイホイをはじめとした

・ブラックキャップ

・ホウ酸団子

上記の商品に対して毒エサを置く事により

ゴキブリを誘ってくるので逆効果なんじゃないの?

と疑問に思われた方が沢山いらっしゃると思います。

つまり、ブラックキャップを置いた事で、

逆にゴキブリを誘(おび)き寄せてしまうのではないか?

という事ですね。

これは、まさに当方もそうでした。

ゴキブリ対策としてブラックキャップなんて置いた日には

沢山のゴキブリを呼び寄せてしまうんじゃないの?

っと勝手な想像で思い込んでしまっておりました。

いいえ、実は全然違うのです。

まったく、そのような事はありませんので、ご安心下さいませ。

せいぜいブラックキャップが置いてある場所から

30cm範囲内まで

という事も判明しております。

これは室内用 & 屋外用タイプともにですね。

30cmの長さは1,000円札を横に2枚並べた合計の長さと思っておけばOKです。

1,000円札 = 1枚で15cmになります。

これはアースさんのお客様サポートより

正式な回答をもらっておりますので、間違いないと思います。

さらに知っておきたい豆知識として

またゴキブリ自体も「15cmの範囲内しかニオイを検知できない」と言われております。

いくらゴキブリを退治するのに効果的であっても

外や隣家から呼び寄せてしまったら、元もこうもないですよね。

実は、当方でも徹底的に調べるまではエサのニオイでゴキブリを誘ってくる誘引(ゆういん)となりますので、外からゴキブリを呼び寄せてしまい逆効果になってしまうのではないか?と真剣に思い込んでいたくらいでした。

ホウ酸団子系の吸引毒餌タイプでは本当に誤解されやすいですね。

そこは年間売上1位 & クチコミレビューと効果でも間違いないアースさんの商品だけあって、その辺もきちんと実験・検証した上で販売しているのだと思います。

さすがにお隣さんの家まで誘引する効果があったら大きなゴキブリホイホイに、どんだけの数が入るのかといったお話になりそうです。

そして、お家にゴキブリが住み着いている方は

1.ゴキブリを誘う

2.ゴキブリを殺す

3.再び「1へ戻る」

ゴキブリを誘うといった行為が永遠と無限ループして

「一生ゴキブリが消えない事態」になりかねないです。

さすがに、この無限ループが続きますと…?

お客さんから「ゴキブリを呼び寄せてるだけじゃないかっ!(怒)」

といったお怒りクレームの荒らしで

今頃、アースさんの会社は潰れている事だと思います。

少なくとも、ここまでの口コミの評判になる事はないと思います。

ブラックキャップをお使いになっている大多数の方は、かなりの頻度でゴキブリが出没してお家にゴキブリが住み着いてしまっている重症な方となっております。

そんな方でも

ブラックキャップを置いてから

何年もゴキブリを見かけなくなった

と言われるくらいまでの沢山の口コミ数があります。

さすがに信憑性があります。

やらせクチコミだけでも、ここまでのレビュー総数&話題にはならないと思います。

以上の事から

少なからずブラックキャップを使っている方は大量にいた「ゴキブリが住み着かなく = 見かけなくなる程に効果がある」といった沢山のクチコミで実績がある事が全てを物語っていますね。

一般的なイメージとして

ホウ酸団子といったらブラックキャップと言っても良いくらいまでに、とにかくリアル&ネットでの評価と評判が非常に高い事になっています。

簡単にまとめますと…?

1.ブラックキャップは遠くからゴキブリを呼び寄せない(半径30cm以内)

2.ゴキブリが大量にいるお家では見かけないように絶滅させる効果があります。

3.ゴキブリがいないお家にも置いても「ゴキブリを寄せ付けないベストな対策」

という事になるのです!

ブラックキャップって何なの?(ホウ酸団子/毒餌剤とは?)

ブラックキャップとは?

ブラックキャップは誘引毒餌剤(ゆういんどくえさざい)と言います。

簡単に言いますと…?

ゴキブリを誘って毒を与える餌

という意味になります。

簡単に説明しますと

ゴキブリに毒餌を与える事により

そのエサを食べたゴキブリのみならず

生まれてくる卵の赤ちゃんや

ゴキブリの巣に仲間まで連鎖して倒してしまおう!

という商品になります。

ぷよぷよのファイヤ~アイスストームの連鎖ではないですが、無限に連鎖してゴキブリを退治してしまおう作戦であります。

黒のブラックキャップにはゴキブリが侵入するための3つの入口があるのも最大の特長ですね。

通常版(ノーマルタイプ)の他に

狭い所にも置けるスキマ用まであります。

あまりにもゴキブリが飛ぶように売れるもんですからアースさんも調子に乗っちゃいます。

厚さが半分以上の約30%も細くなっているというのです。

冷蔵庫や洗面所・キッチンの隙間に置くのにピッタリですね。

スキマ用も、きちんと3つの入口があります。

幼虫・小型ゴキブリ・大型ゴキブリごとに好むであろう

高さに調整されている点が最大のポイントになります。

正直、このリアルなゴキブリのイラスト図すら見るのも嫌な方もいるくらいだと思います。

当方でも自分で見て嫌なくらいであります(誠に申し訳ありません)

正直、ボカシをいれようと悩んだのですが…?

ゴキブリを退治するためには

いざ遭遇しても慌てないように耐性をつける意味でも

とても重要な内容となりますので、あえて残しております。

ここで一時的に嫌なゴキブリのイラストを見るのを我慢して

侵入口の秘密を把握しておいて、一生ゴキブリを見なくするか?

ここでゴキブリのイラストを隠して

一生ゴキブリと向き合う狭間くらいに重要であります。

速効成分のフィプロニル配合で、

その日から、すぐに効く!

というのです。

さらに驚いた事に

このフィプロニルという成分は

「プロの駆除業者が使うくらい威力がある成分」になります。

頭痛時に飲む薬の鎮痛剤イブプロフェン(ロキソニン)の退治用みたいなもんだと思います。

一昔前にあったホウ酸団子は

ゴキブリの”消化器系を攻撃して脱水症状”にしておりましたが…?

な、なんとっ!?

ブラックキャップには

フィプロニル系と言われる成分で作られており、

ゴキブリの「神経系を攻撃してしまうくらいの威力」であります。

人間で言う所の自律神経ではないですが、

ゴキブリさんも神経をやられた日には…?

さすがのゴキブリもお医者さんがいないので、太刀打ち出来ない訳なのです。

ちなみに一昔前に有名なキンチョールのコンバットについては

アリの駆除にも使えるヒドラメチルノン系の成分を使用しているようです。

ヒドラメチルノン系はゴキブリの呼吸系を攻撃して窒息死させています。

一般的に日本で良く見かける

茶色いの「チャバネゴキブリ」

真っ黒い大きな「クロゴキブリ」

にも良く効きます!

両方とも気持ちが悪いのですが、

クロゴキブリのデカさは本当に鳥肌が立つくらいまでに嫌ですね。

皆様が良く見かける日本のゴキブリに対応しているという事なのです。

最大の特長は

1.一人のゴキブリのみならず

2.毒薬の連鎖でメスの持つ卵も攻撃

3.仲間のゴキブリにも連鎖して効きます。

このようにブラックキャップは効果的で評価が高くて有名になります。

類似商品も購入した事もありました

当方では過去に

安物の類似商品を購入した事もありました。

このようになっています。

ブラックキャップと異なりまして

入り口は2箇所だけになります。

エサは目視で確認しやすくはあるのですが、

未使用でも経年劣化と共にエサがパラパラ落ちてしまったり

変な液体が出る程のクオリティ品質でありました。

他の類似商品(コンバット/ホウ酸団子)は、どうなの?

他にもキンチョーの「コンバット」や「ホウ酸団子」が有名ですね。

当方でも大変気になりましたので、調べてみました。

これらも全てYoutube動画で検証されている方がいたので、一通りチェックしてみたのですが…?

エサに含まれている強力な毒の成分が大きく違うみたいでした。

どうやら死ぬまでの時間に大きな差があるくらいでありました。

何よりもエサを食べた後に、

しばらくしてから急変して

突然、ひっくり返って暴れまわってから命を途絶えておりました。

ここで気になる有名所の

コンバット・ホウ酸団子・ブラックキャップの大きな違いについては

1.毒餌の成分&効果

2.ゴキブリが死ぬまでの時間

が異なりまして

圧倒的に「ブラックキャップが最強」という結論になっています。

効果が出るまでの時間が圧倒的に早かったです。

さすがに神経系にダメージを与えるみたいでして

ゴキブリがもがき苦しんで亡くなられておりました。

やっぱりブラックキャップは最強で間違いないという事が分かります。

置いて放置しておくだけで勝手に死んでくれる

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 36個入(大容量のお得版)

スキマ用16個入り

ブラックキャップ 屋外用8個入り

最強駆除剤になります。

どのくらいの大きさなの?

ブラックキャップの大きさは、

・高さ:2.7cm(270mm)

・幅: 4.5cm(450mm)

標準のノーマルタイプでも、

とても小さいですね!

さらに厚さが小さくなりました

スキマ用は標準のノーマルタイプに比べても

高さ = 厚さが1/3 も縮小されています。

・高さ:1.2cm(120mm)

・幅: 2.1cm(210mm)

厚さが半分以上の約30%も細くなっているのです。

一番高い所でも約1cmといった所ですね。

この厚さになりますと物と地面にある床のスキマにも楽々置くことができますね。

他にも物と左右の壁のスキマにも縦に置くことが出来ると思います。

縦置きでも問題ありません。

どのくらい使用できるの?

な、なんとっ!?

「1年間」も効果が長続きます!

但し、エサがなくなっていないかどうかだけは定期的に要チェックですね。

これは使用開始日をメモにでも残して絶対にチェックして下さい。

シールテープで直接日付を書き込んでも良いと思います。

中に黄色いエサが入っているか定期的にチェックして下さいませ。

エサがなくなってしまったら意味がないからですね。

ゴキブリが大量にいる方は最低でも「10日~2週間」

それ以外の方は「1ヶ月~2ヶ月単位」でチェックする事をおすすめです。

理想を申し上げますと…?

最低3ヶ月に「1回」は要チェックしたい所であります。

そして、毎年新品へ交換する事をおすすめでございます。

何月頃に設置するのがベストなの?

これは間違いなくゴキブリが出る前です。

それは…

「4月下旬」の設置がベスト

だという事が経験から分かっております。

本当の理想はゴキブリの赤ちゃんが生まれる「3月~4月」ですね。

でも、これは既にゴキブリが大量にいる住み着いている場合のお家に限ります。

年に数回しか見かけないお家の場合には外からの侵入がほとんどです。

つまりは、4月下旬がベストという訳なのです。

とにかく5月に入る前までに設置すればOKでございます。

なぜなら実際にゴキブリが出る時期は5月上旬~11月頃までとなります。

6月から10月にかけて最大のピークになります。

特にジメジメした湿気が凄い梅雨の時期ですね。

雨宿り先としてお家へ侵入してくるケースが多い事も過去の経験から分かっております。

意外や意外だったのですが、

真夏の気温の暑さのせいなのか?

8月はゴキブリも見かけない事が多かったりします。

きっとゴキブリさんも暑さには参って

熱中症になっているのだと思います。

ゴキブリも人間と一緒で水がないと生きていけませんので、

その頃になると地下水で涼んでいる可能性が高いです。

どういう仕組みでゴキブリがいなくなるの?

<ゴキブリの巣ごと死んでしまうパターン>

1.ブラックキャップ(毒餌)を食べます。

2.ゴキブリが巣に戻ります。

3.1時間~2時間でゴキブリに変な違和感を覚えます。

4.3時間~5時間でコロナウイルスではないですが、突然変異して麻痺してひっくり返ります。

5.仲間に共食いされちゃいます(ゴキブリは共食いする特長があります)

6.仲間を食べてしまったゴキブリにも毒が伝達されて死んでしまいます。

7.これにより完全にゴキブリを一斉して駆除出来ちゃうという事なのです!

<ゴキブリのフンを食べて死んでしまうパターン>

1.ブラックキャップ(毒餌)を食べます。

2.ゴキブリがフンをします。

3.仲間のゴキブリがフンを食べます(ゴキブリは仲間のフンを食べます)

4.ゴキブリが死んでしまうという事なのです!

<メスの卵で死んでしまうパターン>

1.メスのゴキブリがブラックキャップ(毒餌)を食べます。

2.毒餌を食べてしまったメスの卵にも毒餌混入

3.そのまま生まれる前にゴキブリが絶滅してしまうという事なのです!

どこに設置するのがおすすめなの?(もっとも効果的な置き場所)

ゴキブリが侵入しやすい箇所に置く事が何よりも大切になります。

ブラックキャップを購入したけれど、どこに設置すれば効果的なのか?

多くの方が、もっとも気になされている内容だと思います。

当方では、これまでの長年の経験と試行錯誤によって導き出したゴキブリの侵入ルートを徹底的に最強対策してからというもの特にゴキブリが出やすい箇所を全て完璧にメモにまとめて把握しております。

結果的にゴキブリ遭遇とは無縁になっております。

ゴキブリを見かけなくする = いなくなる最強対策として

ブラックキャップのベストな配置場所は下記の通りになっております。

<各部屋の室内に置くとおすすめの場所>

・トイレの窓

・お風呂場の窓

・洗面所&脱衣所の角隅

・洗面台がある鏡の台 or 蛇口付近

・洗面所のシンク下(人のお腹から下の収納部分/図太い配管ホース付近)

・洗濯機がある排水口/排水溝付近

・キッチン台所の換気扇/レンジフード付近

・キッチン台所の排水溝/排水口

・キッチン台所のシンク下(収納部分/図太い配管ホース付近)

・キッチン台所のゴミ付近(特に生ゴミがある所です)

・キッチン台所の窓周辺

・各部屋の換気扇付近

・各部屋の窓周辺

・各部屋のエアコン付近

・各部屋のゴミ箱付近

<屋外の外に置くとおすすめの場所>

下記から外の屋外用を使用する必要があります。

・ゴミ箱

・ベランダ

・玄関ドア

・傘立ての中

・宅配ボックス(外)

・新聞入れ&郵便ポストの中

・エアコン室外機があるドレンホース付近

・ダンボールを置いている方は、その付近に必ずです(ダンボール自体をゴキブリの餌になりますので、外に置いてはいけないです)

・一軒家&戸建ての方は家の外にある土地 or 土台がある4方向の角へ4つ置いて下さいませ。

・お家は□の形をしていると思いますので、外の角4箇所へブラックキャップを配置という意味になります。

・最近のお家は床下といった土台からの侵入は出来ないと思いますが、念には念をおいて外からの侵入を防ぐ意味で、ここまで徹底的に対策をする事が重要ですね。

・家の外回りに4箇所置く意味は隣家からのゴキブリ侵入対策として大変有効になります。

・特にもっともゴキブリが姿を現すであろう近所や隣家が引越し作業・建て壊し・水道の配管工事をしている前後の日には効果絶大であります。

お部屋の中(室内)&外(屋外)において、

ここまで対策をすれば、絶対的に最強で完璧だと思っています!

<屋内用(置いて放置して退治)>

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 36個入(大容量のお得版) 

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 24個入(12個入x2個パック)

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 12個入 食いつき2.5倍(強力版)
ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 スキマ用 16個入

ブラックキャップ ゴキブリ駆除剤 スキマ用 16個入 食いつき2.5倍(強力版)

<屋外用(置いて放置して退治)>

ブラックキャップ 屋外用8個入り

ブラックキャップ 屋外用8個入りx2パック

基本的にゴキブリは外から室内へ、こっそりと侵入してきます。

そのため、「屋外用」と「室内用」をセットで使用すると効果的で大変おすすめでございます。

既にゴキブリが大量に住み着いている方は室内を重点に置く事が大切になります。

普段ゴキブリを見かけない方(年に数回しか見ないの方)でも

室内の各部屋に置いておくだけでも違います。

心配な方は屋外用を追加といった感じですね。

さらに心配な方におかれましては

<香り系で防ぐ物>

天然ハーブのゴキブリよけでもOKです(5月以降のゴキブリ対策に必須です)

・芳香剤を置く(ハーブミント or 柑橘類のグレープフルーツ

上記どちらかを置いて置けば完璧でございます。

ぜひ1つの参考にして頂ければ幸いです。

ゴキブリ最強対策 簡単まとめ

ゴキブリの事を知る!(弱点/生命力/大好物/空を飛ぶ?)


ゴキブリの最強対策グッズ 簡単まとめ

ゴキブリ退治に最強の殺虫剤(これだけ購入すればOK)

ゴキブリ最強対策 ブラックキャップの正しい使い方(ベストな置き場所)

ゴキブリ退治にパーツクリーナーは効果あるの?(殺虫剤/注意点)

ゴキブリ&蚊 網戸に貼るタイプで防虫対策

ハッカ油スプレーの作り方&使い方(虫除け/蚊/ゴキブリ対策/効能)

ゴキブリ侵入経路 ハッカ結晶の作り方&使い方


ゴキブリ侵入経路 網戸をしても虫が入り放題の盲点(最強対策)

ゴキブリ侵入経路 窓を開ける時の注意点(虫の侵入を防ぐ開け方)


ゴキブリ侵入経路 キッチン排水口/排水溝の最強対策(台所編)

ゴキブリ侵入経路 キッチン床下/裏/隙間/排水溝/排水管の最強対策(台所編)

ゴキブリ侵入経路 キッチンIH/コンロ/隙間/床下/電源/壁穴の最強対策(台所編)

ゴキブリ侵入経路 キッチン換気扇&レンジフード 最強対策(台所編)


ゴキブリ侵入経路 洗面台の排水口/排水溝&オーバーフロー穴の最強対策まとめ(洗面所編)

ゴキブリ侵入経路 洗面台の床下/裏/隙間/排水管の最強対策(洗面所のすきま編)

ゴキブリ侵入経路 洗面台の上側/鏡/外し方/壁/隙間の最強対策(洗面所編)


ゴキブリ侵入経路 エアコンダクト配管&ドレンホース最強対策(エアコン編)

ゴキブリ侵入経路 ベランダの配管/排水口/排水溝の最強対策(ベランダ編)


ゴキブリを見かける場所ランキングBEST3

ゴキブリは家の種類と築年数で出やすさは変わるの?(一軒家/戸建て/マンション/アパート)

ゴキブリはハッカ/ミント/柑橘類/唐辛子が苦手なの?(実験結果&経験編)


久しぶりにゴキブリが3匹も出没(侵入経路を特定して最強対策を実施)


ゴキブリを見かけないようにする基本対策(一軒家/アパート/マンション)

ゴキブリを遭遇した場所&侵入経路 簡単まとめ(ルート/防止/防ぐ)

ゴキブリの進入経路口を完璧&完全に塞ぐ最強対策(ルート/防止/防ぐ)


ゴキブリが出やすい時期&条件(注意点)

ゴキブリ退治方法(手に触れず死体を処理する方法)

ゴキブリは涼しい時期&雨の日に出やすいので要注意(秋/梅雨)

11月でも虫が現れるので要注意(網戸の隙間対策は必須)

ゴキブリ対策 クモとムカデを使った最強対策


コオロギ食が話題(ゴキブリに通じるヤバさを発見)

すき家でゴキブリが入った水を出されたと話題

セブンイレブンのおにぎりにゴキブリが混入

ゴキブリを退治しただけで損害賠償4500万円

見るのも嫌なゴキブリが売買されていた

ゴキブリが耳に入った珍しい体験談

記事が役立ったから寄付する