ダイナS(セミトラ)の点火調整方法まとめ【ハーレー・ショベル・パンヘッド・エボリューション・スポーツスター】


これらのブログで公開している内容については、ほんの一部のご紹介(解説)になります。
ショベル まとめメモ帳内容」では各項目ごとに、もっと詳しく丁寧に解説させて頂いております!
 点火時期の調整方法(ダイナS):(一部だけ公開↓以下は最初の頃に自分用にまとめただけなので見づらいです。今はもっと見やすく改善しています)
・ダイナSは左に回した時に「パチッ」っと遅めにいった所で合わせます。
・テスターを「Ω」にして4.5~5.3くらいが正常。コイルは「+」「-」は関係ない。
・コイルまでの配線・・・上側(+) = 白コード / 下側(-) = 青いコード 
・点火マークを「真ん中に合わせる」と1箇所しか火花が飛ばない・・・丁度に合わせると35度なので1箇所しか火が飛ばない
・点火マークを「左端に隠れるくらい = 5度遅らせる」と広い領域で火花が飛ぶ・・・30~35度前の領域分で火花の範囲が広い

・点火時期が早すぎる:ケッチン/急加速時にキリキリとノッキング
・点火時期を遅すぎる:キャブのくしゃみ/オーバーヒートしやすくなる/極端に遅すぎると始動性が悪い/エンジンストール

エンジンは点火時期マークからピストン上死点迄の間でプラグに火が飛べばエンジンは始動します。ピストン上死点に近ければ近いほどエンジンの始動性は悪くなります。反対に点火時期マークに近ければ近いほど始動性は良くなりますが、ケッチンが気易くなります。

吸入 → 圧縮 → 爆発 → 排気の1サイクルをピストン2往復=クランク2回転で行います。圧縮行程の上死点前にプラグがスパークする。4stはクランクが2回転するので進角マーク(一番点火時期が進んだ状態)が2回現れるので排気ではなく圧縮に合わせる。※圧縮時はマフラーを外して確認するとバルブが閉じている。

79年式までは「|」が点火時期=進角マーク/「・」が圧縮上死点で、圧縮を感じたら上死点前の「|(点火時期=進角)」マークに合わせる。FLH80は「・」が点火時期=進角マーク/「|」が圧縮上死点。点火タイミング・・・遅角:圧縮上死点前5度 /進角:圧縮上死点前35度 = 点火(進角)マーク
ガバナー全開=最大進角=タイミングマーク

1.配線の際はバッテリーのマイナスを外す/エンジン左側のタイミングマークのボルト/Fプラグを外す(フィンに付ける)
2.キックでクランクを動かす
3.Fの上死点手前に出てくるタイミングマークは「圧縮 上死点」と「排気 上死点」があるので要注意(必ず圧縮上死点に合わせる)
4.Fのプラグを外して指を当てて圧縮を感じた瞬間にちょっとずつキックをして出てくるマークが「点火時期」=「・」マークになる。
5.「・」マークが出ている時にイグニッションONにしてプラグをヘッドの金属にあてたまま
6.ダイナS中央の●黒プレートを左に回しきった状態(ガバナを最大に開いた状態)で▲プレートを左右に動かして「カチッ」と「火花」が出た所で「左右のネジ」を締めて完了
これらのブログで公開している内容については、ほんの一部のご紹介(解説)になります。
ショベル まとめメモ帳内容」では各項目ごとに、もっと詳しく丁寧に解説させて頂いております!

ショベル まとめメモ帳内容で「ダイナSの大特集」をやりました!

 ショベルまとめメモ帳に含まれている内容一覧:
01-a.【点火調整】 ポイント & ダイナSの配線から調整・交換方法・ダイナ2000i・ガバナーの交換手順・定期メンテ方法・故障症状(ケッチンがきづらくする対策~三拍子セットアップを解説!)
———————————————————————-
・ダイナSのトラブル & 故障した時の特定方法まとめ
・ダイナSの基礎用語
・【重要】トラブル & 故障その1
・【重要】トラブル & 故障その2
・【重要】トラブル & 故障その3
・気になっていた前兆
・故障の特定方法(ダイナSが故障しているかどうか?の切り分け確認(火花確認)
・テスターによる故障の特定方法(その1)
・テスターによる故障の特定方法(その2)
・テスターによる故障の特定方法(その3)
・故障の特定
・点火時期の調整方法(ダイナS)
・点火調整するための覗き穴(タイミングホール)
・点火マークの仕組み
・エンジンが掛かる仕組み
・点火時期マーク & 圧縮上死点の確認方法(分かりやすい方法です)
・プッシュロッドで確認する方法(最初は分かりづらいので、こちらは気にしないで下さい)
・79年以降の調整位置・78年以前の調整位置
・ダイナSの見方 & 簡単まとめ
・ダイナSの点火時期の調整(アイドリング中でも早くしたり遅くしたり微調整する事が出来ます)
・ダイナSのプレート位置(調整するといくつか火花がでる所があります)
・点火時期による症状(~すぎると以下の症状になります)
・配線図
・プラグの焼け具合で点火時期が早いか?遅いか?をプラグで見分ける事が出来ます
・ダイナSの基礎用語
・ダイナSの仕組み
・点火の仕組み
・4サイクルの仕組み
・ダイナSの点火調整方法
・【重要】調整する際のポイント重要
・イグニッションコイルの正常値
———————————————————————-
・ダイナS本体の意外と知られていない「重要なトラブル故障3点(症状の事例含む)」を追加いたしました。

→ 本体自体が故障したと思い込んで買い替えていませんか?
(複数のバイク屋さんでも気づいてないくらいでしたので皆様、見落としがちだと思います)

【重要】実はダイナSの故障と言われる内容は「○○○」と「○○○」の2点が主な原因だったりします。ダイナS本体は高額ですので絶対に知っておくべき知識で故障と思い込んで捨てる前に必ずチェックすべき箇所です!(絶対に知っておいて損はないです)

プロのバイク屋さんでも把握されていなかったので意外と盲点で皆様気づかないのだと思っています(自分も危うく勝手な想像で本体の故障と思い込んでしまい原因の本質を特定するまでダイナS本体を何度も買い替えてきました)

【画像(経過年月の状態含む)】も追加しておりますので、ぜひ参考にして下さいませ。

この方法を知れば、無駄に買い換える必要はないです!
ダイナSの多くの故障原因は、この2点ではないかと思っています。

さらに!

・ダイナSの「寿命」を追加いたしました(故障間際の前兆症状が非常に厄介です)
・ダイナSが故障した時の【重要】「具体的な症状 & 故障前兆の症状」を追加いたしました。
・ダイナS本体が故障した時の原因追求による「故障の特定方法(4点)」の文章を更新いたしました。
→ 突然エンジンが掛からなくなった!!! プラグ?プラグコード?コイル?ダイナS本体?何かが故障しているのか分からなくて原因特定に困ることがありますよね。

そんな時のためにダイナSが故障したかどうか?具体的な切り分け方法や故障特定方法をテスターを使った事がない方を含めて誰でも理解出来るように分かりやすく解説しております。

プロのバイク屋さんでもポイントに切り替えて故障かどうか判断しているくらいなので、ダイナSの故障特定方法については理解されていないと思います。2点の故障しやすい箇所と、この知識を知っておくだけで「ダイナS」が、いつ壊れても怖くなくなりますので、ぜひ知っておく必要があると思います。自分も忘れた頃に点火不良を起こしてダイナSが不調かな?となった時に、まとめメモを見返してチャチャと終わらせます(笑)

自分が理解するまで本当に一番苦労した部分でしたので、どのようにしたら?初めての方でも点火調整の事を理解出来るようになるか?何度も何度も試行錯誤を続けて改善してきました!誰が見ても理解出来るように1つ1つ項目別に丁寧に分かりやすく詳しく解説しておりますので他の整備書や解説で分からなかった方でも絶対に理解出来ると思います!

ポイント点火編

これらのブログで公開している内容については、ほんの一部のご紹介(解説)になります。
ショベル まとめメモ帳内容」では各項目ごとに、もっと詳しく丁寧に解説させて頂いております!


 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。
「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」
どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい!
ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです
最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!
今後ともブロードクリエーションをどうかよろしくお願い申し上げます。
神奈川県大和市にあるホームページ作成会社のブロードクリエーションです。 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。 「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」 他社で制作したサイトの引き継ぎ・HP作成会社を乗換えたい方の相談も歓迎しております! どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい! (ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです