オープンクラッチの調整方法【ハーレー・ショベルヘッド・エボリューション・パンヘッド】

 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。
「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」
どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい!
ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです

 オープンクラッチの調整方法:
・中央のナットを外して「マイナス締めを込み。この時にどのくらい締め込んだか覚えておく
 (1/4回転=90度 or 1/2回転=180度が多い)/クラッチアジャストスクリューと言う。
・スプリングの長さを測っておく(基本は約1インチ:25.4mmの事が多いがクラッチ板によって変わる)/スプリングテンショナーと言う。
・ハブのスプリングが取れないようにワッシャーを挟む(内経M10mm x 外経50mm x 厚み3.0)
・クラッチ板を外す時は順番に並べる(裏表の向きも関係する:外側はOUTと書いてある)
・パーツクリーナーで奥とクラッチ板を清掃(スコッチブライト/240番~400番のペーパーで磨く)
・最後にマイナスとナットを締め込んで完了。
・組み上げたらクラッチを切ってちゃんとクラッチが回るか確認(クラッチ切ってないのにクラッチが回ったり・切っても回らない場合は間違ってる)
・クラッチを切った状態でプライマリーがスムーズに回るか、逆にクラッチを切らない状態でプライマリーが回らないか(クラッチが滑ってないか)を確認。
これらのブログで公開している内容については、ほんの一部のご紹介(解説)になります。
ショベル まとめメモ帳内容」では各項目ごとに、もっと詳しく丁寧に解説させて頂いております!


最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!
今後ともブロードクリエーションをどうかよろしくお願い申し上げます。
神奈川県大和市にあるホームページ作成会社のブロードクリエーションです。 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。 「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」 他社で制作したサイトの引き継ぎ・HP作成会社を乗換えたい方の相談も歓迎しております! どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい! (ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです