イグニッションコイルのまとめ【ハーレー・ショベルヘッド】

 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。
「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」
どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい!
ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです

 イグニッションコイルまとめ
・手で触れられないくらい熱いと故障。だめになるとプラグから火が飛ばない。
・コイルの故障は「いきなりパンク(火が飛ばない)」と
「コイルが熱を持つと火が飛ばなくなる(コイルが冷えるとまた火が飛ぶ)」と言う現象があります。
・コイルが熱くなってエンジンストップする現象が発生する。しばらく(冷えてから)するとエンジンが掛かる。
・コイルに熱を持つとアイドリングが不安定になる事もある。
・上の「+」はバッテリー側へ/下の「-」は点火側へ
・【コイル単体】テスターは抵抗を「Ω」に合わせてシルバー上下の一次コイル(極性関係なし)
 「4.7Ω-5.7Ω」ならOK/プラグ側の二次コイル「16,000~20,000Ω」ならOK
・【車両取付の供給電圧】イグニッションONで下の「-」=ダイナSの線を外して計る。
 シルバー上&ボディー or 下&ボディーの一次コイルで「12.5V」が流れるのが正常。
・コイルが劣化したら抵抗値が大きくなるようで、5.7Ω以上ある時は交換。俗に言うコイルのパンク。
これらのブログで公開している内容については、ほんの一部のご紹介(解説)になります。
ショベル まとめメモ帳内容」では各項目ごとに、もっと詳しく丁寧に解説させて頂いております!


最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!
今後ともブロードクリエーションをどうかよろしくお願い申し上げます。
神奈川県大和市にあるホームページ作成会社のブロードクリエーションです。 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。 「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」 他社で制作したサイトの引き継ぎ・HP作成会社を乗換えたい方の相談も歓迎しております! どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい! (ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです