バイクのよくある故障前兆 &トラブル症状まとめ

バイクのよくある故障前兆 &トラブル症状まとめ

イグニッションスイッチ & メインスイッチの不良

・ヒューズ & サーキットブレーカーの故障

ヒューズが故障した場合、新品に交換する必要があります。

ヒューズは一度故障すると新品に交換しない限り動作しないです。

サーキットブレーカーの場合、少し時間をおきます。

ブレーカーの仕組みは時間を置けば自然に回復して元通りになります。

故障しない限りは自然と回復します。

この時にメインスイッチONでヘッドライトの明るさやホーンが鳴るかどうかを確認して下さいませ。

・イグニッションスイッチ/メインスイッチ & キルスイッチ部の接触不良が考えられます。

 配線を触ったりして揺らしてみます。

この時にどうなるかをみます。

・バッテリー端子の接触不良 & 配線の接触不良

 ボルトが緩んでいたり、しっかりボルトが締まっているか要確認です。

マイナス(-)側のアース不良も考えられますので、しっかりとチェックしてみます。

セルの不良(モーター故障)

 キックペダルがついていればキック始動でも試す事が出来るのですが、キックがない場合にはギアを2速に入れて押しがけをしてみます。

2速に入れたまま坂道や人に押してもらって勢いが出た所でクラッチを離せばOKです。

これでエンジンが掛かるかどうかを検証してみます。

バッテリー上がり&寿命による故障やトラブル

・メインスイッチをONにしてホーン、ウインカー、ライトで確認してみます。

 もしホーン、ウインカー、ライトがNGだった場合、バッテリー上がりを起こしています。

まずはバッテリーを充電してみます。

次にレギュレーターの交換になります。

それでもだめでしたらオルタネーター(ステーターコイル)の交換が必要になります。

ガス欠(燃料不足)

・ガソリンが入っているかどうかを確認します。

・燃料コックはONになっているかどうかを確認します。

・リザーブの予備タンクでも確認をします。

キャブレターフロート部分のフロートバルブ(ニードルバルブ)の詰まり or 燃料フィルターの詰まりも十分に考えられます。

他にガソリンキャップの空気弁の詰まりですね。

この場合はガソリンキャップを一旦外したエンジンが掛かるかどうかを要確認です。

プラグ被り

・プラグをは外して状態を確認してみます。

・プラグは真鍮ブラシで清掃したりするのではなく、新品プラグへの交換が確実で絶対に間違いありません。

掃除してもほとんど駄目なケースが多いです。

プラグから火が飛ばないケース

・ポイントの接点で火が飛ばない場合

電気が来ていないのでポイントの配線~コンデンサー~イグニッションコイルの可能性が高いです。

・ポイントの接点で火が飛ぶ場合

イグニッションコイルを交換(またはプラグコード不良?

差込不良?プラグ不良?の可能性があります)

・ダイナS(セミトラ)の故障

・ダイナ2000i等のフルコンの場合、ポイント点火へ交換

イグニッションコイルも要交換になりますので、レッカーになると思います

・アクセル(スロットル)を煽ってもパンパン言う症状

ポイントのコンデンサー or ポイント交換 or イグニッションコイルの交換

・徐々に調子悪くなるパターンで冷間時は正常に戻る場合

イグニッションコイルの可能性が高いです。

・プラグから火が飛ぶ場合

→ ガソリンが来ていない可能性が高いです。

キャブレター、ガソリン関係

・エアクリーナーを外してキャブレターをチェックします。

・アクセル(スロットル)を回すと加速ポンプからガスが出るかどうか要チェックです。

・燃料フィルターまでガソリンがが来ているかどうか要チェックです。

・ガス欠や燃料フィルターの詰まりがあります。

・キャブのフロートをあけてガソリンがきているかどうかをチェックします。

・ドライバーで叩いたりフロートを上下に動かします。

ガソリンOK・プラグから火花が飛んでいれば絶対にエンジンは掛かります!

・ポイント点火のギャップ:0.45mm

・オイルは完全になくなると焼き付きますが、多少減っていてもなんとか凌ぐ(しのぐ)事もできます。

点火系・電気系統が原因のトラブルの場合

・プラグの劣化

・劣化してても火は飛びますが、弱いため点火でしない時がよくあります。

・ポイント点火でしたら、ポイントの接点の汚れや錆です。

・ポイント接点の隙間(クリアランスになります)

・イグニッションコイル(プラグに火が飛ぶ場合でも要チェックです)

・コンデンサー不良(これもコイルと同様)になります)

・点火時期の確認 ・ガバナー不良

燃料系が原因のトラブルの場合

・ガソリンコックの目詰まり、漏れ

・キャブレターの内部の目詰まり (スロージェット、ニードルジェット)

・タンクキャップのエア抜き不良

・SUキャブレターのティクラーポンプのゴムパッキン劣化による動作不良

・キャブレターにあるミクスチャーからの二次エアー

・2次エアーを吸っている症状

・エアフィルターの目詰まり

【ハーレー】ショベルヘッドまとめメモ帳(困った時の故障&トラブルノウハウ集)では誰が見ても理解出来るように1つ1つ項目別に丁寧に分かりやすく解説した初心者向けの詳しい内容となっておりますので、他の整備本や解説では分からなかった方でも絶対に理解出来ると思います!

当方の説明が少しでも分かりやすいと感じられましたら、ぜひ「ショベルヘッドまとめメモ帳」に目を通してご検討頂けますと本当に嬉しく思います(^-^)/

 ハーレー関連記事一覧(ショベルヘッド/エボリューション/ツインカム/スポーツスター)

 季節問わずエンジンが掛かりづらい方 & 冬になると極端に掛からない方は絶対に必見です!

 古いハーレーのエンジンの掛け方/儀式とは?(キック始動手順と意味)【ショベルヘッド】

 ショベルヘッドの後付セルモーターまとめ(オープンプライマリー/テックサイクル)

 CVキャブレターの魅力とベストセッティング & 三拍子の燃調方法【安心/安定/最高!】

 ハーレーお決まりの三拍子にする方法と仕組みまとめ【音声あり】

 プラグのトラブル&正しいメンテナンス方法(清掃/交換手順/故障前兆の症状)

 エンジンオイルの基本&過去に経験したトラブル症状(寿命/交換頻度)

 リチウムイオンバッテリーまとめ(SHORAI/ショーライ/長寿命)

ダイナSの点火時期調整方法まとめ編(セミトラ)

ポイント点火の点火時期調整方法まとめ編

点火時期の調整が早い場合 or 遅い場合の症状まとめ(メリット&デメリット)【バイク/車】

→ イグニッションコイルの故障前兆・トラブル症状まとめ【バイク】

→ レギュレーターの故障前兆 & トラブル症状まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

オルタネーター&ステーターコイルまとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ バイクのよくある故障前兆 &トラブル症状まとめ

→ 古いバイクで突然エンストしたら何をチェックすればいいの?

→ エンジン始動後、アイドリングが安定しないエンスト症状の原因まとめ

→ エンジンが暖まっている時に掛かりづらくなる症状のトラブルまとめ

→ キャブレターのよくあるトラブル & 故障まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ キャブレターの二次エアー症状のまとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ ショベルのクラッチ調整 & 清掃方法(オープンプライマリー)【バイク/ハーレー】

→ プッシュロッドの調整方法まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ 暖気後にエンジン周りからカンカン音が鳴る症状まとめ【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ オイル上がり&オイル下がりの症状まとめ【エンジントラブル/白煙/車/バイク】

→ オーバーヒート症状の見分け方【バイク/ハーレー/ショベルヘッド】

→ バイクのメンテナンスに必要な用品まとめ(購入先一覧/バイク/ショベルヘッド)

→ グリス&スプレーの使用箇所まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー/ショベルヘッド)

→ ショベルヘッドのおすすめ消耗部品まとめ(購入先一覧/バイク/ハーレー)

→ ショベルヘッドを整備する上で必要な工具/テスター/電気配線/ケミカル用品(購入先一覧)

→ 初めてバイクの電気配線を整備するために購入しておけば間違いない物一覧(購入先一覧)

→ ショベルヘッドの外出先で必須の携帯工具一覧(購入先一覧/バイク/ハーレー)

ショベルヘッドの外出時にツールバッグへ積んでいる安心の予備パーツ一覧(ハーレー)

最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!

「質素な日常のお役立ちまとめ」
 日常生活で困った時の解決策と対処方法から便利でお得な情報を誰でも分かるように解説しています!「誰でも簡単に・分かりやすく・読みやすい」の三拍子を常に心掛けております。何かお役に立てる事がございましたら、どんな些細な事でもお気軽にお問い合わせ頂けると嬉しいです(^-^)/