地震が起こったら、まずこれを!「地震・災害発生後のまとめ」

阪神淡路大震災(直下型地震)を経験された方の教訓なのですが、簡潔にまとめられており、とても参考になりましたので、ぜひご覧下さい。

▼ 地震を起こったら、まずこれをしろ!
http://www.satonao.com/column/variety/jishin.html

▼ 地震が起こる前に、これだけはしておけ!
http://www.satonao.com/column/variety/jishin2.html
特に参考になったのが下記9項目です。
1)「まず火を消せ!」のウソ
→ 直下型地震はそもそも身動きが取れない

2)「まず水をためろ!」これが最大のポイント
火を消すためでも飲用ではなく「トイレ用」死活問題になるようです。お風呂場・洗濯機に水を貯めましょう。

3)家を離れるときは、必ずブレーカーを落とす
→ 電気は半日~3日の復旧で、通電火災による被害がもっとも多い。電気が復旧した時に起こる火災を「通電火災」と言います。

4)街を行くときは、電線と地割れに注意
→ 高圧線と地割れ。電線はいたる所で切れて垂れ下がっています。

5)屋内でも靴を履く
→ ガラスや食器がそこらじゅうで割れまくっています。

6)「緊急持ち出しグッズ」なんて、買うだけ無駄
→ ミネラルウォーターをひとつでも多く買って置いておきましょう。

7)絶対いるのは、「懐中電灯」と「バケツ」、それに帽子
→ 経験上どうしても欲しいものは「懐中電灯」と「バケツ」のようです。

8)ガス製品から電気製品に変えていこう
→ 電気は比較的早めに復旧。場所にもよるけどガスは当分使えないと思った方がいいです。

9)地震保険や火災保険のお粗末
→ はっきり言って証明が大変です。延焼には保険おりないようです。確か地震保険は満額で建物価格の半分しかおりないのも厄介ですね…地震による火災も地震保険でしかおりないようです。
ここからは当たり前のことになってしまい恐縮ですが、
個人的にまとめて用意しておきたいものです。

10)個人的に準備しておきたいもの

・救急箱
・LEDのライト&ランタン
・手動発電ラジオ
・ワンセグ
・乾電池
・ハードディスク
・身分証明書
・重要な書類一式
・銀行口座
・お菓子
#)パニックになった時のための電話番号
・火事やケガは救急車&消防車:「119」
・何かトラブルがあったら警察:「110」
・安否確認は災害用ダイヤル:「171」
※NTT以外(J-COM/auひかり電話)・携帯からもOK
後は常日頃から意識を高めておくために、これらの内容をまとめて印刷した紙です!

実際被害に遭われた方の体験談は本当に参考になりますね。こういった情報は勉強になるので、本当にありがたいです。良い情報はどんどん共有して1人でも多くの方に伝えたいものです。

そういえば、ノストラダムスの大予言も純粋に信じていた、あの頃が懐かしいです。

いろいろと災害グッズを購入して準備したことも今となっては良き思い出です…

事前に意識して準備しておく事が何よりも大切だと思っています。

 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。
「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」
どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい!
ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです
最後までお読み下さいまして、本当にありがとうございました!
今後ともブロードクリエーションをどうかよろしくお願い申し上げます。
神奈川県大和市にあるホームページ作成会社のブロードクリエーションです。 他社で制作した部分的な修正変更・更新管理「3,000円~」より承っております。 「即日対応」「追加料金なし」「1点の作業からでも喜んでお引き受けいたします!」 他社で制作したサイトの引き継ぎ・HP作成会社を乗換えたい方の相談も歓迎しております! どんな小さな事や些細な事でも全然構いませんので1人で悩まず遠慮せず何でもお聞き下さい! (ホームページのちょっとした小さな事でも全然構いませんので、お気軽にお問い合わせしていただけると嬉しいです

コメントを残す